「Windows 10 2004 / 20H2」向けに不具合修正オプションパッチ「KB4598291」が配信開始。必要に応じてインストールを。

スポンサーリンク
「Windows 10 2004 / 20H2」向けに不具合修正オプションパッチ「KB4598291」が配信開始。必要に応じてインストールを。Microsoft Tips

Microsoftが2月2日、「Windows 10 May 2020 Update version 2004」と「Windows 10 October 2020 Update Version 20H2」向けに、新機能追加や各種不具合が修正されたオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB4598291」の配信を開始しました。

「KB4598291」はセキュリティ関係の修正は含まない品質改善の累積更新プログラムでオプションパッチとなっており、インストールは任意です。必要に応じて手動でインストール作業を行ってください。

「KB4598291」では、フルスクリーンモードまたはタブレットモードでゲームをプレイすると、デバイスが応答を停止する問題、Windows 10バージョン2004にアップグレードした後、Ctrl + CapsLockおよびAlt + CapsLockを使用してそれぞれひらがなモードまたはカタカナモードに切り替える際の問題、Windowsデスクトップにあるドキュメントを開くことができない問題などが修正されています。他にも様々な不具合が修正されているので、気になる方はパッチを適用しておきましょう。

スポンサーリンク

「KB4598291」のアップデート内容

「KB4598291」の更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

※現時点で英語での解説しかないので、簡易的なGoogle翻訳とDeepL翻訳でのご紹介となります。ご了承ください。詳細は元ページでご確認を。

 

Windows 10、バージョン2004

この非セキュリティアップデートには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • 次のInternetExplorerレジストリキーのデフォルト値を更新します。
    ■svcKBFWLink =“”(空の文字列)
    ■svcKBNumber =“”(空の文字列)
    ■svcUpdateVersion = 11.0.1000。
    また、これらの値は自動的に更新されなくなります。
  • 管理者がMicrosoftEdgeのIEモードを引き続き使用しながら、グループポリシーを使用してスタンドアロンInternetExplorerを無効にできるようにします。
  • モバイルデバイス管理(MDM)を使用して、Microsoft EdgeIEモードをサポートする特定のポリシーを構成できます。
  • printf() が浮動小数点値を誤って丸める原因となるUniversal Cランタイムライブラリ(UCRT)の問題に対処し ます。
  • 音声認識をオンにしたときに予期せずユーザーアカウント制御(UAC)ダイアログボックスが表示される問題に対処します。
  • [共有]メニューの[リンクのコピー]コマンドを選択したときに、ターゲットアプリケーションに通知できない問題に対処します。
  • 64ビットのfmod () 関数と remainder()関数が浮動小数点ユニット(FPU)スタックを損傷する原因となる問題に対処し ます。
  • フルスクリーンモードまたはタブレットモードでゲームをプレイすると、停止エラーが発生したり、デバイスが応答を停止したりする問題に対処します。
  • Windows 10バージョン2004にアップグレードした後、Ctrl + CapsLockおよびAlt + CapsLockを使用してそれぞれひらがなモードまたはカタカナモードに切り替える際の問題に対処します。
  • Windowsデスクトップにあるドキュメントを開くことができず、「ディレクトリ名が無効です」というエラーが生成される問題に対処します。この問題は、[デスクトップのプロパティ]ダイアログボックスの[場所]タブ([ファイルエクスプローラー]> [このPC]> [デスクトップ])でデスクトップの場所を変更した後に発生します。
  • ファイルエクスプローラーのナビゲーションペインで重複するクラウドプロバイダーフォルダーが作成される問題に対処します。
  • ユーザープロファイルをコピーするときに[必須プロファイル]チェックボックスがオンになっている場合に発生する問題に対処します。
  • 日本語入力方式エディター(IME)を使用しているときに、ImmGetCompositionString()がふりがなの空白を返さない問題に対処します。
  • DaYi、Yi、およびArray IMEで使用される、アプリケーションの動作を停止させる可能性のあるいくつかの特別なキーの組み合わせに関する問題に対処します。
  • デバイスがHibernateからウェイクアップした後、空白のロック画面が表示される問題に対処します。
  • パレスチナ自治政府の過去の夏時間(DST)情報を修正します。
  • レジストリを使用したシリアル番号制御のサポートを追加します。
  • Windows 10バージョン2004にアップグレードした後、一部のWindows 10Educationデバイスが誤って非アクティブ化される問題に対処します。
  • MicrosoftIntuneなどの管理サービスへの診断ログのアップロードが失敗する原因となる問題に対処します。低速ネットワークでのネットワークタイムアウトが原因で障害が発生します。
  • 管理者がMicrosoftIntuneなどのMDMサービスにサインインして、管理対象デバイスの場所を見つけると、ユーザーに通知を表示します。
  • ユーザーヒントがドメイン資格情報名(domain \ username)である場合に、ユーザーがスマートカード資格情報を使用できない問題に対処します。
  • ローカルのServicefor User(S4U)を使用すると、Data Protection API(DPAPI)の資格情報キーに影響し、ユーザーが予期せずサインアウトする問題に対処します。
  • BitLockerのサイレントモード展開がエラー0x80310001で失敗する原因となる問題に対処します。この問題は、BitLocker暗号化をHybrid Azure Active Directory(Azure AD)に参加しているデバイスに展開するときに発生します。
  • 黒い画面が表示されたり、Hybrid Azure ActiveDirectoryに参加しているマシンへのサインインが遅れたりする可能性がある問題に対処します。さらに、login.microsoftonline.comへのアクセスが出来なくなります。
  • BitLockerを使用するシステムがエラー0x120(BITLOCKER_FATAL_ERROR)で動作を停止する可能性がある問題に対処します。
  • デバイスでAppLockerが有効になっている場合に、Microsoft Endpoint ConfigurationManagerを展開するときにデバイスが機能しなくなる問題に対処します。
  • Kerberos Armoring(Flexible Authentication Secure Tunneling(FAST))が有効になっている場合に、認証の負荷が高いサーバーでLSASS.exeプロセスがメモリをリークする問題に対処 します。
  • Schannelでダブルフリーエラーが発生する競合状態が原因でLSASS.exeが機能しなくなる問題に対処します。例外コードはc0000374で、イベントログにはSchannelイベント36888、致命的なエラーコード20、およびエラー状態960が表示されます。この問題は、2020年9月以降のWindowsUpdateをインストールした後に発生します。
  • ドメインコントローラーとして構成されているサーバーでクライアント証明書を認証するときに発生するメモリリークの問題に対処します。
  • 仮想割り込み通知アサート(VINA)割り込みの問題に対処します。
  • AzureADグループを対象とするキオスクモードに干渉するHTTPキャッシュの問題に対処します。
  • 復元力のあるファイルシステム(ReFS)ボリュームを含む仮想マシン(VM)でボリュームシャドウコピーサービス(VSS)スナップショットがトリガーされるときに発生する問題に対処します。トリガーされたVSSスナップショットはタイムアウトで失敗し、ReFSボリュームへのアクセスを30分間妨げます。
  • Extensible Storage Engine Technology(ESENT)イベント642をアプリケーションイベントログに誤って記録する問題に対処します。
  • グループポリシーオブジェクト(GPO)を使用して構成する管理用テンプレート設定の問題に対処します。ポリシー設定の値をNOTCONFIGUREDに変更すると、システムは以前の設定を削除できません。この問題は、移動ユーザープロファイルで最も顕著です。
  • ドライバーが完全に読み込まれる前にユーザーが切断すると、Windows仮想デスクトップでデッドロックが発生する可能性がある問題に対処します。
  • オンラインのみのZIPファイルを右クリックすると、ショートカットメニューに[すべて展開]が表示されない問題に対処します。
  • オンライン音声認識に登録するためのプロセスを更新します。すでに登録されている場合は、新しい設定を確認するように求めるメッセージが表示されます。人間によるレビューのために音声データを提供しないことを選択した場合でも、オンライン音声認識を使用できます。新しい設定には、オンライン音声認識をオンにする1つのボタンと、ボイスクリップのコレクションをオンにする別のボタンが含まれています。ボイスクリップのコレクションをオンにすると、新しい設定ページの同じボタンを使用していつでもオフにできます。
  • [スタート]メニュー、Cortana、およびタスクバーに固定されているタイルが開かない問題に対処します。この問題は、管理者が[必須プロファイル]チェックボックスがオンになっている既存のプロファイルをコピーした場合に発生します。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

Windows 10、バージョン20H2

この非セキュリティアップデートには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows10バージョン2004からのすべての改善が含まれています。
  • Alt + Tabの順序が予期せず変更され、間違ったウィンドウに切り替わる可能性がある問題に対処します。

 

「KB4598291」の既知の不具合

「KB4598291」には以下の既知の不具合があります。

■症状:
Microsoft日本語入力方式エディター(IME)を使用して、ふりがな文字の入力を自動的に許可するアプリに漢字を入力すると、正しいふりがな文字が得られない場合があります。ふりがな文字を手動で入力する必要がある場合があります。
※影響を受けるアプリはImmGetCompositionString() 関数を使用してい ます。
■回避策:
現在、解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

■症状:
Windows 10、バージョン 1809 以降の Windows 10 からそれ以降のバージョンの Windows 10 にデバイスをアップデートすると、システム証明書およびユーザー証明書が失われる可能性があります。デバイスが影響を受けるのは、2020 年 9 月 16 日以降にリリースされた最新の累積更新プログラム (LCU) をすでにインストールしており、その後、2020 年 10 月 13 日以降にリリースされた LCU が統合されていないメディアまたはインストール ソースから、それ以降のバージョンの Windows 10 への更新を進めた場合のみです。これは主に、Windows Server Update Services (WSUS) や Microsoft Endpoint Configuration Manager などの更新管理ツールを使用して、管理対象のデバイスが古いバンドルやメディアを使用して更新された場合に発生します。また、最新の更新プログラムが統合されていない古い物理メディアやISOイメージを使用している場合にも発生する可能性があります。
注意:Windows Update for Business を使用しているデバイスや Windows Update に直接接続しているデバイスは影響を受けません。Windows Update に接続しているデバイスは、余分な手順を踏まずに、最新の LCU を含む最新バージョンの機能アップデートを常に受信している必要があります。
■回避策:
すでにお使いのデバイスでこの問題が発生している場合は、こちらの手順を使用して以前のバージョンの Windows に戻ることで、アンインストール ウィンドウ内でこの問題を緩和することができます。アンインストールウィンドウは、お使いの環境の設定やアップデート先のバージョンによっては、10日または30日の日数制限がかかる場合があります。問題が解決した後は、Windows 10のバージョンにアップデートする必要があります。注意 アンインストールウィンドウ内で、DISMコマンド/Set-OSUninstallWindowを使用して、以前のバージョンのWindows 10に戻る必要がある日数を増やすことができます。この変更は、デフォルトのアンインストールウィンドウが終了する前に行う必要があります。詳細については、DISM オペレーティング システムのアンインストール コマンドライン オプションを参照してください。
■修正状況:
解決に向けて作業を進めており、近日中に更新されたバンドルとリフレッシュされたメディアを提供する予定です。

 

Windows 10 2004 / 20H2:「KB4598291」の適用方法

Windows 10 2004 / 20H2向けのオプションパッチ「「KB4598291」の適用方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き「更新とセキュリティ」を開きます。

その後「Windows Update」を開き、【オプションの更新プログラムを表示があります】の項目にある「2020-09×64ベース システム用 Windows 10 Version 2004 の累積更新プログラム(KB4598291)」の下部にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 10 2004 / 20H2:「KB4598291」の適用方法

※上記は古い更新画像のため、最新版とは数値が異なります。

コメント

  1. jan より:

    一つだけ。不具合ではないですが、動かないのがありました。MyJVNバージョンチェッカ for .NET です。前にもありましたね。ダウンロードして、入れなおしました。動きました。

    • よっしー より:

      お疲れさまでした!
      MyJVNバージョンチェッカ for .NETは定期的にアップデートをチェックした方が良いかもしれませんね。
      こちらも特に問題なく動作しております。

  2. jan より:

    Windows update で KB4598291 をインストールしました。今のところ、不具合はありません。

  3. 藤川博之 より:

    Windows 10 2004 / 20H2:「KB4598291」の適用方法の所で、Windows 10 2004 / 20H2向けのオプションパッチ「「KB4598291」の適用方法は以下の通りです。
    ※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

    Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
    Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード
    Windows Server Update Services(WSUS)から更新プログラムをダウンロードという説明の
    Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロードのリンク先が、何故かKB4577063の
    所のMicrosoft Update Catalogにリンクされている。(全然関係ない)
    リンク先が誤っている。

    確認して記事にしてください。