AirTag 2が2024年10月以降に量産開始との噂

AirTag 2が2024年10月以降に量産開始との噂 AirTag
スポンサーリンク

Apple関連の著名なアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、Appleが2024年の第4四半期(10月~12月)に第2世代AirTagの量産を開始する可能性が高いと述べています。ちなみに現在の初代AirTagは2021年4月に発売され、価格は4,780円(税込)です。

Kuo氏は、新しいAirTagは空間コンピューティングエコシステムの一部として、Appleの次期Vision Proヘッドセットとの統合性が向上すると述べていますが、アイテムトラッカーの追加の詳細やその他の潜在的な新機能については明らかにしていません。

現在のAirTagにはAppleが設計した超広帯域用のU1チップが搭載されており、AirTagまでの距離と方向を表示する精密検索機能が利用可能になっています。Kuo氏はすでに、iPhone 15にはアップグレードされたUltra Widebandチップが搭載される可能性が高いと述べており、おそらくAppleはiPhoneとAirTagの両方にアップグレードされたU2チップを搭載することを計画しているものと予想されます。

個人的にもAirTagを愛用していますが、以下の改善があると嬉しいです。

  • 位置情報の精度アップ
  • 小型化/薄型化
  • デザインの増加(カードタイプも欲しい)
  • カラーバリエーションの増加

特にサイズやデザインに関しては、Anker Eufyのようなコンパクトなカードデザインのモデルも発売されると、より利便性がアップしそうです。

参考/画像引用元:MacRumors

スポンサーリンク
スポンサーリンク
AirTag
シェアする
enjoypclifeをフォローする
enjoypclife.net

コメント