App Storeのアプリと課金が10月5日から値上げ、最低価格120円→160円に

スポンサーリンク
App Storeのアプリと課金が10月5日から値上げ、最低価格120円→160円にApple Tips

何かと値上げの多い状況ですが、ついにAppleが「App Store」の有料アプリとアプリ内課金の価格を2022年10月5日から値上げすることを発表しました。

値上げはチリ、エジプト、日本、マレーシア、パキスタン、ポーランド、韓国、スウェーデン、ベトナム、およびユーロを通貨とする全地域のApp Storeで行われ、アプリとアプリ内課金(自動更新サブスクリプションを除く)の価格が上がります。ベトナムでは、5%の付加価値税(VAT)および5%の法人所得税(CIT)を含む適用税の徴収および納付をAppleに義務付ける新しい規制も反映されているとの事。

実際の値上げ後のApp Storeの日本での価格表はこちら。最低価格が120円から160円に上がっています。

app store 値上げ後の価格表

円安の状況などを勘案すればしょうがないのですが、普段アプリで課金を行っている方は要注意。魔法石なども10月5日からは値上げとなる可能性が高そうです。課金予定の方や欲しい有料アプリがある方は、値上げ前にあらかじめ買っておく方が良いかもしれませんね。

※販売価格はメーカー側での設定となるので、場合によっては値下げとなる可能性もあります。ご購入の判断はご自身でお願いいたします。

コメント