2021年4月のAppleイベントまとめ!待望の「AirTag」、7色展開の「iMac」、M1&mini-LED搭載「iPad Pro」など盛り沢山の内容!

スポンサーリンク
2021年4月のAppleイベントまとめ!待望の「AirTag」、7色展開の「iMac」、M1&mini-LED搭載「iPad Pro」など盛り沢山の内容!Apple Tips

2021年4月21日午前2時から開催されたAppleの新製品発表イベントですが、自分も眠い目をこすりながらリアるタイムに視聴しました。

内容的には以前からのリーク情報と大差ない感じでしたが、ついに紛失防止タグ「AirTag」が正式発表されたり、iPhone 12に新色パープルが登場したり、Apple TV 4Kのリモコンが刷新されたり、iMacのデザインが大幅刷新されて7色展開になったり、iPad ProにまさかのM1チップが搭載されたりと、個人的にはここ数年の春のイベントの中ではなかなか充実した内容だったと思います。

本日はイベントの発表内容を時系列でサクッとまとめておくので、Appleの動画(1時間)を見る暇がない方は良かったら参考にどうぞ。

スポンサーリンク

Apple Card Family:子供や家族の支出制限や管理が簡便に

Apple Card Family:子供や家族の支出制限や管理が簡便に

最初に登場したのは「Apple Card Family」の話題。5月からアメリカで提供開始となるようです。

Apple Card Familyを利用すると、親はApple Cardを子供/家族と共有することができ、子供や家族の支出制限や管理が簡便になる様子。確かに便利そうなので、ぜひ日本でも早期にサービス開始して欲しいものですね。

 

Apple Podcasts:アプリが大幅刷新&サブスクサービス開始でクリエイター支援も

Apple Podcasts:アプリが大幅刷新&サブスクサービス開始でクリエイター支援も

続いては「Apple Podcasts」に関する話題。

「Apple Podcasts」アプリが全面的に刷新され、ユーザーはトップチャートとカテゴリへの迅速なアクセスが可能となります。また、新たにサブスクリプションサービスも発表。ユーザーは加入者限定の番組を聴けるとともに、クリエイターの支援をすることもできます。

 

iPhone 12/iPhone 12 miniにパープルカラーが新登場

 

iPhone 12/iPhone 12 miniにパープルカラーが新登場

続いて登場したのは鮮やかなパープルカラーのiPhone 12/iPhone 12 mini。パープルカラーの登場は予想外だったので少々驚きました。男性にも女性にも受けそうな、なかなか良い色味だと思います。

パープルのiPhone 12とiPhone 12 miniは、4月23日(金)から予約注文開始、4月30日(金)から販売開始予定です。気になる方は早めに予約しておくと良いでしょう。

 

噂の紛失防止タグ「AirTag」がついに登場!子供の見守り(外出時の迷子対策)が出来るか検証のために購入予定!なおバッテリーはボタン電池式(CR2032)

噂の紛失防止タグ「AirTag」がついに登場!子供の見守り(外出時の迷子対策)が出来るか検証のために購入予定!なおバッテリーはボタン電池式(CR2032)

数年前からその存在が噂され、ここ最近のイベントでは毎回発表が期待されながらもなかなか日の目を見なかった「AirTag」がついに発表されました!個人的には今回のイベントで一番ワクワクした瞬間でしたね。

この小さくて洗練されたデザインのアクセサリ「AirTag」は、Appleの「探す」アプリケーションを使って大切な持ち物を追跡して見つけだすのに役立ちます。ハンドバッグや鍵、バックパックやその他の物、何に取りつけてあっても、「AirTag」は広大な世界中の「探す」ネットワークを利用し、エンドツーエンドの暗号化により位置情報のプライバシーを保護し匿名化しながら、紛失した物を見つけだすお手伝いをしてくれます。

「AirTag」の価格は1個3,800円(税込)、または4個セットで12,800円(税込)となっており、日本時間4月23日午後9時から予約受付開始、4月30日(金)から販売開始となっています。

個人的に5歳の子供の見守り(外出時の迷子対策)に使えないか気になっており、とりあえず1個は購入する予定です。価格もまあ、このぐらいならアリかなという印象。バッテリーは充電式ではなくボタン電池式(CR2032)。通常使用で1年程度持つようですが、ここは善し悪しな感じですかね。

 

Apple TV 4K:第6世代が新登場!A12 Bionic搭載&新リモコンに刷新で久々のメジャーアップデートに!

Apple TV 4K:第6世代が新登場!A12 Bionic搭載&新リモコンに刷新で久々のメジャーアップデートに!

次に登場したのは新型「Apple TV 4K(第6世代)」。

新型「Apple TV 4K」は、高フレームレートHDRとドルビービジョンに対応。チップはグラフィックス性能やビデオデコード、オーディオ処理を劇的に進化させる「A12 Bionic」チップが搭載されました。また、まったく新しいデザインのSiri Remoteを使えば、直感的なコントロールを使ってもっと簡単にApple TVで番組や映画を見ることができるようになっています。

新しいApple TV 4Kは、4月30日(金)より注文受付を開始し、5月後半に販売を開始する予定です。

※A12 Bionicは2018年に発売されたiPhone XS世代のチップです。

我が家には現在、2015年に購入した第4世代の「Apple TV 64GB(非4K)」があります。動作面は特に不満はないものの、所有しているテレビが4Kモデルになった事とリモコンの大幅刷新もあり、今回買い替えることにしました。Apple Arcadeも遊べるゲームが大幅に増えているので、大画面テレビで「Fantasian」を遊んでみたいという願望もあります。それにしても2015年のモデルがいまだに現役でtvOSのアップデートも適用されている点は、Apple流石だなと改めて感心しました。

なお、新型「Apple TV 4K」が届いたら改めてレビューを行う予定です。

 

iMacがM1チップ搭載&カラフルなディスプレイを携えて大幅刷新!

iMacがM1チップ搭載&カラフルなディスプレイを携えて大幅刷新!

続いて「iMac」がM1チップ搭載&極薄/カラフルな7色展開の4.5K Rtinaディスプレイを携えて大幅に刷新されました。様々な面でパワーアップしており、今回のオンラインイベントでもかなりの時間を割いて説明されていました。Appleもかなり力を入れて開発したことがうかがえます。

新型「iMac」は、M1チップによって可能となったコンパクトで非常に薄いデザインを採用。そしてパワフルなパフォーマンスを、わずか11.5ミリの薄さというデザインで実現しています。また、ユーザーのスタイルに合わせて色とりどりのあざやかなカラーから選べる点は、大きなアピールポイントでしょう。今回のイベントデザインもこの「iMac」の多色展開がイメージされていたようですね。

スペック面では、24インチ4.5K Retinaディスプレイは、1,130万ピクセル、500ニトの輝度、10億以上の色で、あざやかでいきいきとした視覚体験を提供。そして1080p FaceTime HDカメラ、スタジオ品質のマイク、6スピーカーサウンドシステムを持ち、Mac史上最高のカメラとオーディオを備えているとの事。

さらに、iMacで初めてTouch IDを搭載。指で触れるだけで安全にログインしたり、Apple Payで買い物をしたり、ユーザープロファイルを切り替えたりすることが、これまで以上に簡単にできるようになっています。また、M1とmacOS Big Surのパワーとパフォーマンスを組み合わせることで、アプリケーションが高速起動し、日々のタスクを驚くほど速く快適に処理することが可能に。4Kビデオやかなり大きな画像の編集といった負荷の高い作業も、これまで以上に速く実行できるとの事。

新しい「iMac」は4月30日(金)より注文開始、販売開始は5月後半予定です。

非常に魅力的な仕上がりとはなっていますが、価格は154,800円(税込)からと、やや高めの印象。ディスプレイ一体型というのも買い替えや不具合発生時を考えると微妙に感じてしまいます。ライトユーザーではなく、もう少しガッツリとmacを使いたいユーザーさんは検討してみると良いでしょう。

 

マジか!iPad Proに「M1」チップが搭載!12.9インチモデルはmini-LEDディスプレイに!

マジか!iPad Proに「M1」チップが搭載!12.9インチモデルはmini-LEDディスプレイに!

新しいiPad Proが登場することは最近のリークから確実視されていましたが、オンラインイベントで驚きの演出が!

Apple本社に謎の侵入者が登場!ミッションインポッシブルばりのスタントで研究室から「M1」チップを盗み出します。そして隠れ家?に無事付いた侵入者が盗んだ「M1」チップをiPadにはめ込みます。そして顔の被り物を剥ぐとアップル最高経営責任者「ティム・クック」氏が満面の笑みで登場!この演出はちょっとウケましたw

性能は全て大幅アップ。最大で2TBの大容量も選択可能。USB-CポートはThunderbolt/USB 4ポートを搭載。Cellularモデルは5Gネットワークに対応しています。そして以前からの噂通り、上位の「iPad Pro 12.9インチモデル(第5世代)には、ミニLEDを採用したLiquid Retina XDRディスプレイが搭載されました。

新しいiPad Proは4月30日(金)から注文可能となり、5月後半に販売が開始予定です。

正直ここまでiPad Proが進化するなら、macOSとiPadOSを共存/融合させてWindows 10の「Surface」のような感じで使えればもっと便利な気もします。Appleは頑なにiPadとMacをあえて差別化していますが、なんだか勿体ない(性能的に)というのが個人的な感想です。

「It’s a monster.」という感想が動画の中で流れましたが、まさにそんな仕上がりなんでしょうね。個人的にかなり興味はあるのですが、mini-LEDディスプレイが11インチモデルには未搭載なので今回はスルー予定。

 

ちなみに「It’s a monster.」のフレーズで頭に浮かんだのがこの曲。

It ('s A Monster)

 

残念ながら「iPad mini」の発表は無し!

今回の発表で唯一残念だったのが、「iPad mini」の登場が無かったこと。

「iPad mini Pro」の噂もあり、個人的には大いに期待していました。もしも登場していたら即買いだったのですが、今後の続報に期待したいと思います。

 

まとめ:待望の「AirTag」がついに発表されるなど、個人的には満足な発表内容!

Apple Event — April 20

事前に様々なリーク情報が飛び交う中、ついに開催となったAppleの春の新製品発表イベントですが、個人的には久しぶりにサプライズもあってなかなか充実したイベントだったと思います。

特に以前から度々噂に上りつつ、なかなか登場しなかった「AirTag」が発表されたのは嬉しかったですね。基本的にはキーホルダーに付けて鍵の紛失に備えるなどが一般的な使い方になるかと思うのですが、自分は以前から子供が迷子になった際の対策に使えないかと思案していました。どこまで実用的かは分かりませんが、とりあえず1個買って試してみたいと思います。

そしてiPhoneの新色はちょっと予想外。パープルカラーが気に入った方は検討してみると良いでしょう。

iMacの多色展開は流石デザイン性に優れたAppleの本領発揮だなと感心しました。ただし、価格はそこそこするので、果たしてどこまで売れるかはなんとも言えません。ライトユーザーは「MacBook Air」を購入するでしょうし、パワーユーザーは「MacBook Pro」に外付けディスプレイを利用したり、「Mac Pro」を購入することが多いかと思います。エントリーモデルが10万円ちょっとなら裾野も拡がったかと思うのですが、爆発的に売れるのは難しいかもしれませんね。24インチディスプレイ一択も微妙かも。

そしてiPad Proですが、「M1」チップ搭載は個人的に全くの予想外。動画内の演出も凝っており、これは見ていてワクワクしました。12.9インチモデルには従来のリーク通り「ミニLED」ディスプレイが採用されましたね。ただし、ディスプレイ下指紋認証機能は未搭載でしたし、これだけハイスペックになってもiPadOSが継続なのが個人的にはやや不満。いつかmacOSとiPadOSが融合すると最高なんですけどね。なお、今回は11インチモデルに「ミニLED」が非搭載のため、購入は見送りました。

最後に新型「Apple TV 4K」について。本体デザインはキープコンセプトですが、リモコンが刷新されたのは興味深いところ。現在のリモコンはお世辞にも操作性が良いとは言えなかったので、今回のアップデートで使いやすくなっていることに期待しています。2015年に購入した「Apple TV」もまだまだサクサク快適に動作しているのですが、4Kテレビを所有しているので、今回は久しぶりに新型「Apple TV 4K」を購入するつもりです。

という事で、全体的に見どころも多くなかなか楽しめたAppleの春の新製品発表イベント、皆さん購入予定の商品はあったでしょうか?とりあえず「AirTag」と新型「Apple TV 4K」は購入する予定なので、製品が届いたら改めてレビューしてご紹介します。特に「AirTag」については興味津々。早く試してみたいものです。

コメント