Chrome / Edgeに緊急のアップデートが配信開始!ゼロデイ脆弱性が修正されているので早急に適用を確認しておこう!

スポンサーリンク
Chrome / Edgeに緊急のアップデートが配信開始!ゼロデイ脆弱性が修正されているので早急に適用を確認しておこう!Google Tips

「Chromium」にゼロデイ脆弱性が発覚しました。脆弱性の内容はJavaScriptエンジン「V8」の「型混乱(type confusion)」とされ、「CVE-2022-1096」が割り振られています。脆弱性の重要度は4段階中2番目にあたる「高(High)」とレーティングされています。

なお、「Chromium」ベースのブラウザである「Google Chrome」や「Microsoft Edge」では既にゼロデイ脆弱性を修正したアップデートが配信開始されています。既に悪用の事実が確認されているとの事なので、皆さん早急にアップデートの適用を行っておきましょう。

一般的に「Google Chrome」「Microsoft Edge」共にバックグラウンドで自動的にアップデートが適用されますが、すぐにアップデートを適用したい場合や、アップデートが適用済みかどうか確認したい場合は、手動でチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

Microsoft Edgeに手動でアップデートを適用する方法&バージョンチェックする方法:v99.0.1150.55以降になっていることを確認

まずは「Microsoft Edge」に手動でアップデートを適用する方法と、バージョンをチェックする方法をご紹介しておきます。

「Microsoft Edge」を起動したら右上の「…」をクリックし、「ヘルプとフィードバック」>「Microsoft Edgeについて」と進みます。

Microsoft Edgeに手動でアップデートを適用する方法&バージョンチェックする方法

 

アップデートがあれば以下のように更新作業が始まるのでそのまま待ちます。

Microsoft Edgeに手動でアップデートを適用する方法&バージョンチェックする方法

 

更新が完了したら「Microsoft Edge」を再起動するよう促されます。必ず再起動を行いましょう。右にある「再起動」ボタンを押せば、自動的に「Microsoft Edge」が再起動します。

Microsoft Edgeに手動でアップデートを適用する方法&バージョンチェックする方法

 

以下のように「Microsoft Edgeは最新です。」を表示が出ればOK。ちなみにバージョンはv99.0.1150.55以降であれば問題ありません。

Microsoft Edgeに手動でアップデートを適用する方法&バージョンチェックする方法

 

Google Chromeに手動でアップデートを適用する方法&バージョンチェックする方法:v99.0.4844.84以降になっていることを確認

次に「Google Chrome」に手動でアップデートを適用する方法とバージョンをチェックする方法をご紹介しておきます。

「Google Chrome」を起動したら、右上の「︙」をクリック。次に「ヘルプ」>「Google Chromeについて」と進みます。

「Google Chrome」に手動でアップデートを適用する方法とバージョンをチェックする方法

 

今回管理人が確認した際にはすでにアップデートが適用済みでした。もしも更新作業があった場合は、指示に従って「Google Chrome」を再起動させておきましょう。

以下のように「Google Chromeは最新の状態です」を表示が出ればOK。ちなみにバージョンはv99.0.4844.84以降であれば問題ありません。

「Google Chrome」に手動でアップデートを適用する方法とバージョンをチェックする方法

コメント

  1. jan より:

    早速両方ともアップデートしました。Chrome と Edge は、よく似ているので戸惑うことはなく助かります。