iPhone 13はノッチ小型化とバッテリー容量増加、Proモデルは120Hzディスプレイ採用、新型iPhone SEは2022年登場との噂

スポンサーリンク
iPhone 13はノッチ小型化とバッテリー容量増加、Proモデルは120Hzディスプレイ採用、新型iPhone SEは2022年登場との噂iphone

2021年発売予定の新型iPhone 13(iPhone 12sとの噂も)ですが、様々な噂が続々と舞い込んできています。

TF International Securitiesの名物アナリストMing-Chi Kuo氏によると、iPhone13は全モデルノッチが小型化され、上位のProモデルにはLTPO有機ELディスプレイが採用。これによって120Hzリフレッシュレートが実現すると述べています。カメラについてはProモデルの超広角カメラが、ƒ/2.4絞り値の5枚構成レンズからƒ/1.8絞り値の6枚構成レンズに変わるとの予想。また、iPhone 12 Pro Maxのセンサーシフト式手ぶれ補正がiPhone 13のラインナップ全体に拡大するとの予想もあります。ただし、リアのLiDARスキャナーはiPhone 13 Proモデルに限定されたままであり、より多くのモデルに拡張されるという噂は否定しています。

基本的にiPhone 13はiPhone 12のラインナップと同じ4つのモデルで構成され、すべてにLightningコネクタとQualcommのSnapdragon X60モデムが搭載され、5Gネットワ​​ークが改善される模様。不人気とされる“mini”も継続して生産されるようです。USB-Cポートの採用については残念ながら否定的な意見が最近多くなっています。理由としては、USB-Cポートがライトニングポートに比べて防水性の面で劣ること、また、MFi認証の収益が大きいことも大きな要因のようです。

そしてiPhone13の4つのモデル全ては、SIMカードスロットをロジックボードと統合したり、一部のFace IDコンポーネントの厚さを薄くしたりするなどの省スペース設計採用のおかげで、iPhone12モデルよりも大きなバッテリー容量を備える可能性があるようです。ただしバッテリーが大きくなれば、その分すべてのiPhone13モデルが少し重くなるだろうとKuo氏は述べています。

スポンサーリンク

次に新型「iPhone SE」に関する噂について。Appleは2022年前半まで新しいiPhone SEをリリースする予定はなく、新しいモデルは既存の4.7インチiPhone SEと同様のデザインで、より高速なチップや5Gサポートなどのアップデートが施されるようです。より大きな「‌iPhone SE ‌Plus」モデルや、ホームボタンではなくTouch ID電源ボタンを備えたフルフロントディスプレイなどのアップグレードの可能性があるという噂もありますが、Kuo氏の最新のメモによると、新しいモデルには多くの明らかな変更は含まれていないようです。やや残念な気もしますが、続報を待ちたいところ。

そして少し気が早いですが、2022年のiPhone14についての情報もあります。少なくとも一部の2022年発売予定のiPhone14モデルはノッチを廃し、代わりに「パンチホールディスプレイデザイン」に切り替わるとの予想。これはSamsungの最近のハイエンドGalaxyスマートフォンと同様です。

Kuo氏によると、パンチホールディスプレイのデザインは、少なくともハイエンドの2022年の新型iPhone 14に採用され、生産量が十分であれば2022年のすべてのiPhoneモデルでこのデザインが採用される可能性もあるとの事。なお、Kuo氏は顔認証システムが引き続き使用される場合に、AppleがノッチなしでFace IDコンポーネントをどのように収容するかについての詳細は提供しませんでした。また、フロントカメラシステムは、初めてオートフォーカスを搭載するようにアップグレードされる可能性があると考えているそうです。

そしてAppleは将来のiPhoneでディスプレイ下の「Touch ID」を計画していると噂されていますが、中国のスマートフォンメーカーZTEが最近、ディスプレイ下3D顔認証システムを披露したので、おそらくAppleは同様のソリューションを模索するでしょう。

Kuo氏によると開発が順調に進んだ場合、2023年に少なくとも1台の新しいハイエンドiPhoneに、ディスプレイ下指紋認証スキャナー、ペリスコープ望遠カメラ、ノッチやホールのない真のフルスクリーンディスプレイデザインが搭載される予定との事。また、Appleは2023年前半に約6インチのLCD画面、Face ID、600ドル未満の価格を備えた新しいローエンドiPhoneを発売する可能性もあると報告しています。

そして噂の絶えない折り畳み式iPhoneについては、Appleが2021年に生産上の技術的問題を解決することができると予測しており、2年後には7.5から8インチの折りたたみ式iPhoneを発売するかもしれないと考えているそうです。

最後に2023年発売を目指すiPhone 15は、iPhone 11からの乗換を意識した6インチディスプレイを採用した新機種が追加され、Face IDをサポートして価格は600ドル〜となる可能性があるとの事。

いずれにしてもあくまでも“噂”の段階なのでこれらの情報がどこまで正確かは分かりかねますが、様々な現時点の情報から判断すると、どうやら「iPhone 13」ではノッチの小型化が多少期待できるかもしれません。ただし、ディスプレイ下の指紋認証機能(Touch ID)搭載は微妙な情勢になってきました。USB-Cポートの採用は無さそうですね。

例年通りであれば2021年9月頃に発表されるであろう「iPhone 13」ですが、これからも続々と情報が入ってくると思われます。今後も新しい情報が入り次第、当サイトでもお伝えしていく予定です。

参考サイト:MacRumors

コメント