Appleが新型13インチMacBook Proを発表。Magic Keyboard採用、第10世代プロセッサ搭載、ストレージ容量は2倍に。

スポンサーリンク
Appleが新型13インチMacBook Proを発表。Magic Keyboard採用、第10世代プロセッサ搭載、ストレージ容量は2倍に。mac

Appleが新型13インチMacBook Proを発表しました。

不評だったキーボードを刷新し、新たにMagic Keyboardを採用。プロセッサも上位モデルは第10世代となり、グラフィックスの処理能力が最大80パーセント高まりました。ストレージ容量は前世代の2倍となっています。

コンパクトでパワフルな新型13インチMacBook Pro、持ち運ぶ機会の多い方にはかなり気になるアップデートなのではないでしょうか。価格は、第8世代の1.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ搭載モデルだと134,800円(税別)から購入可能です。

スポンサーリンク

MacBook Pro 13インチモデルがアップデート!概要まとめ!

MacBook Pro 13インチモデルがアップデート!概要まとめ!

MacBook Pro 13インチモデルが大幅にアップデートされました。今回は簡単に概要をまとめておきます。

 

キーボードが刷新されMagic Keyboardが採用!物理的なescキーも!

キーボードが刷新されMagic Keyboardが採用!物理的なescキーも!

新MacBook Pro 13インチモデル最大のアップデートポイントは、何といってもキーボードの刷新にあるでしょう。

大不評だったバラフライ構造のキーボードから、新たにシザー型の「Magic Keyboard」に切り替わっています。新しい「Magic Keyboard」では、再設計されたシザー構造によりキーストロークが[0.55mm→1mm]となり、快適で安定した打鍵感を得られるよう進化。矢印キーも新たに逆T字型配列になり、スプレッドシート内を移動したりゲームプレイに集中している時など、手元を確認しなくても簡単に適切なキーを探せるようになっています。

 

キーボードが刷新されMagic Keyboardが採用!物理的なescキーも!

また、「Magic Keyboard」には、Touch Bar と Touch ID と並んで、物理的なエスケープキー(esc)が用意されているのも嬉しいポイント。これまでのMacノートブックの中で最も快適に文字入力ができるようになったとAppleは評しています。

 

ストレージ容量が2倍にアップ

ストレージ容量が2倍にアップ

MacBook Proの超高速なSSDは最大3.0GB/sの読み出し速度を誇り好評ですが、新しい13インチMacBook Proではストレージが前世代の2倍となり、標準構成のストレージ容量が256GBから最大1TBまで増加。これによってより多くの写真、ビデオ、ファイルを保管できるようになりました。

さらに、大量の写真ライブラリやビデオプロジェクトに備えてさらなるストレージ容量を必要とするプロユーザーのために、新しい13インチMacBook Proでは最大4TBのSSDを搭載できるようになっています。

 

第10世代のIntel Coreプロセッサ採用でさらに処理能力が向上

第10世代のIntel Coreプロセッサ採用でさらに処理能力が向上

13インチMacBook Proのラインナップでは新たに、Turbo Boost使用時に最大4.1GHzで稼働する第10世代のIntel Coreプロセッサまで搭載できるようになっています。

デュアルコアプロセッサ搭載の13インチMacBook Proからアップグレードした場合、新モデルの処理能力が最大2.8倍となり、統合型GPUのIntel Iris Plus Graphicsは、4Kビデオ編集、画面の高速描画、滑らかなゲームプレイといった観点で、前世代の13インチMacBook Proに対して最大80パーセントも優れた性能を発揮します。

新しい統合型グラフィックスでは、外部ディスプレイにPro Display XDRをつないで6Kフル解像度で駆動することもできるようになっています。

ただし、今回の新型13インチMacBook Proでは、廉価モデルは引き続き第8世代のIntel Coreプロセッサが採用されている点には注意が必要。自分の求めるスペックに応じて、第8世代/第10世代を選択すると良いでしょう。

 

高速メモリで記憶容量もアップ

新しい13インチMacBook Proでは一部のモデルの標準構成として、より高速な3733MHzメモリを16GB搭載し、13インチMacノートブックとしては初めて、CTOオプションにより32GBメモリを選べるようになりました。

32GBメモリを搭載した場合、複数台の仮想マシンを実行しても良好なパフォーマンスが得られるほか、Photoshopでギガピクセル級の画像を編集する時でさえ50パーセントも速く処理できるとされています。

 

美しいRetinaディスプレイを備えたポータブル設計

美しいRetinaディスプレイを備えたポータブル設計

新しい13インチMacBook Proの滑らかで美しいアルミニウム製ユニボディは、スペースグレイまたはシルバーの仕上げでわずか1.4kgの軽さです。高い機動力に、圧倒的な処理能力と先進的なテクノロジーが詰め込まれています。

美しく明るい13インチRetinaディスプレイは400万以上のピクセルで何百万もの色を表現できますが、これは500ニトの輝度と広色域(P3)のサポートによるもの。また、True Toneテクノロジーが提供する自然な視覚体験は、デザインや編集のワークフローではもちろん、ウェブページの閲覧やメールの読み書きといった日常的な作業にも役立ちます。

他にも、新しい13インチMacBook Proには驚くほど臨場感あふれるワイドなステレオサウンドを再生できるスピーカー、簡単なログインと安全なオンラインショッピングに便利なTouch ID、状況に応じた操作内容にダイナミックに変化するTouch Bar、正確なカーソル制御とマルチタッチ操作を実現する、業界最高レベルの感圧タッチトラックパッドも備えられています。

 

T2チップ内蔵でセキュリティおよびプライバシーを強力に保護

 

T2チップ内蔵でセキュリティおよびプライバシーを強力に保護

13インチMacBook Proに搭載されているApple T2 Securityチップは、Appleが設計した第2世代のカスタムシリコンで、起動プロセス時にロードされるソフトウェアが不正に書き換えられていないことをチェックし、内蔵のSSDに保管されるあらゆるデータをオンザフライで暗号化します。

この結果、MacBook Proほか、T2チップを搭載するMacはすべて、史上最も安全なコンピュータの起動プロセスとストレージを実現しています。T2チップはTouch IDの情報も保護し、Macのロック解除時、オンラインのパスワード入力時、オンラインショッピングの決済時にも、ユーザーの個人情報を安全に保ってくれます。

 

まとめ:キーボードの刷新が嬉しいポイント。CPUは第8世代と第10世代が混在している点には要注意。

まとめ:キーボードの刷新が嬉しいポイント。CPUは第8世代と第10世代が混在している点には要注意。

Appleが突如発表した新型13インチMacBook Proですが、基本的には先日発表された16インチモデルと同等のアップデートが施されています。

中でも不評だったキーボードが刷新され、新たにシザー型の「Magic Keyboard」が採用されたのは嬉しいポイント。キーストロークが1mmとなり、打鍵感も改善されているでしょうし、物理的なエスケープキー(esc)が用意されている点も嬉しい方も多いことでしょう。

2016年以降採用されていたバタフライ型キーボードの不具合に悩んでいた方は、これを機に買い替えてみるのも良いかもしれませんね。

なお、全体的にはストレージ容量が2倍になるなど順当なアップデートが施されていますが、CPUの選択だけは十分ご注意を。廉価モデルには第8世代のIntel Coreプロセッサが採用されており、上位モデルにのみ最新の第10世代プロセッサが採用となっています。ご自身の利用環境に応じて選択してみてくださいね。

また、使用環境によっては「MacBook Air」も併せて検討してみると良いかもしれません。こちらでは第10世代の1.1GHzデュアルコアIntel Core i3プロセッサ搭載モデルも選択可能ですよ。

コメント