Windows 10 2004/20H2/21H1向けに「KB5003214」が配信開始。「ニュースと関心事項」の全ユーザーへの解放やFLACファイル編集時の不具合への対処など。必要に応じてインストールを。

スポンサーリンク
Windows 10 2004/20H2/21H1向けに「KB5003214」が配信開始。「ニュースと関心事項」の全ユーザーへの解放やFLACファイル編集時の不具合への対処など。必要に応じてインストールを。Microsoft Tips

Microsoftが5月25日、「Windows 10 May 2020 Update version 2004」「Windows 10 October 2020 Update Version 20H2」「Windows 10 May 2021 Update Version 21H1 」向けに、新機能追加や各種不具合が修正されたオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB5003214」の配信を開始しました。

「KB5003214」はセキュリティ関係の修正は含まない品質改善の累積更新プログラムでオプションパッチとなっており、インストールは任意です。必要に応じて手動でインストール作業を行ってください。

「KB5003214」では、タスクバーにニュースや天気などの情報へ簡単にアクセス可能となる新機能「ニュースと関心事項」の全ユーザーへの解放や、FLACファイルのタイトルやアーティストなどのメタデータを変更すると再生できなくなる不具合への対処、空間オーディオを有効にして Bluetooth USB ヘッドフォンを使用したときのノイズに関する問題の修正などが行われています。

現時点で大きな不具合報告は入っておりません。
【追記】「KB5003214」適用後にタスクバーのアイコン表示などに不具合が出る場合があるようです。ご注意ください。

スポンサーリンク

「KB5003214」のアップデート内容

「KB5003214」の更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

Windows 10、バージョン 2004

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の向上が含まれています。主な変更点は以下のとおりです。

  • jscript9.dllのジャストインタイム(JIT)動作に関する問題に対処しました。
  • タスクバーに固定されている電話アプリをユーザーが開けない場合がある問題に対処しました。この問題は、Windows 10, version 2004 にアップデートした後、「あなたの電話」アプリを使用すると発生します。
  • runasコマンドを使用したときに、特定のWin32アプリが開けない問題に対応しました。
  • グループポリシーの「BlockNonAdminUserInstall」がオンになっていると、特定のWin32アプリが開けなくなる問題に対応しました。
  • プログレッシブウェブアプリケーション(PWA)のアイコンをタスクバーに固定したときに、アイコンが空白で表示される問題に対処しました。
  • セッションが終了する前に、タッチ入力用のメモリを適切に管理できない問題に対処しました。
  • 編集可能なボックスがあるアプリケーションを更新したときに発生する ctfmon.exe のメモリリークに対応しました。
  • マルチモニター環境でタッチデバイスがシリアルマウスとして動作しないという問題に対応しました。
  • 起動時に「デバイスの設定を終了します」という設定ページのテキストが予期せず表示される問題に対応しました。
  • デスクトップからアイテムを削除した後に、デスクトップにアイテムが表示される場合がある問題に対応しました。
  • 設定ページの可視性グループポリシーを「showonly:easeofaccess-mousepointer」に設定すると、マウスの設定ページが表示されなくなるという問題に対応しました。
  • セーフモードで Web Sign-in が有効になっている場合に、ユーザーがサインインできないという問題に対処しました。
  • Active Directory(AD)のAdmin Centerで、PowerShell Transcriptionが有効な場合に、多数の組織単位(OU)またはコンテナオブジェクトを一覧表示するとエラーが表示されるという問題がありました。エラーメッセージは、「列挙者がインスタンス化された後にコレクションが変更されました」です。
  • スクリーンリーダーが誤ったUI情報を報告するという問題に対処しました。この問題は、UIオートメーションがIsDialogやIsControlなどの一部のコントロールの不正確なプロパティ情報を報告するために発生します。
  • グループ ポリシーを使用して BitLocker 暗号化を自動的に適用できないという問題に対処しました。この問題は、マスターブートレコード(MBR)アクティブブートパーティションを持つ外付けドライブで発生します。
  • PKU2Uのメモリリークの問題に対処し、クラスタノードがメモリ不足になることがありました。
  • オートパイロット・リセット・コマンドの送信後、処理に時間がかかるという問題に対応しました。
  • クライアントが別の仮想LAN(VLAN)に移動した後、WindowsのDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバーがDHCPv6クライアントにリースを提供できなくなる可能性があるという問題に対処しました。
  • タスクに「次のネットワーク接続が利用可能な場合にのみ開始する」という条件を設定した場合に、タスクが正しく動作しないという問題に対処しました。
  • Direct3D開発者がWindows開発者モードでSetStablePowerState()APIを使用したときに、「Device Removed」エラーが表示されることがある問題に対応しました。
  • 外部のハイダイナミックレンジ(HDR)ディスプレイから内蔵の非HDRディスプレイに切り替えたときに、ビデオ再生に失敗する可能性があるエラーに対処しました。
  • 空間オーディオを有効にしたときに、サウンドに空間オーディオ効果が適用されない問題に対応しました。
  • 空間音声を有効にして Bluetooth USB ヘッドフォンを使用した場合に、ノイズが発生する問題に対応しました。
  • FLAC(Free Lossless Audio Codec)音楽ファイルのタイトルやアーティストなどのメタデータを変更すると再生できなくなるというメタデータエンコーディングの問題に対応しました。詳しくは、「Windowsエクスプローラでメタデータを編集するとFLACエンコードされた音楽ファイルが壊れる」をご覧ください。
  • HEIF(High Efficiency Image File)イメージの拡張子 .hif のサポートを追加しました。
  • リモートデスクトップを使用して Xbox One コントローラーの USB リダイレクトを行うと、システムが停止する可能性がある問題に対処しました。
  • タッチまたはペン入力を使用したときに、RemoteAppウィンドウがちらついたり、画面の別の場所に移動したりする問題に対処しました。
  • PerfMon APIでハンドルリークが発生し、パフォーマンスが低下する場合がある問題に対応しました。
  • Active Directory Recycle Bin機能を有効にした状態で新しいドメインコントローラーを昇格させると、レプリケーションが無限に続く可能性があるという問題に対処しました。
  • リソースホストサブシステム(RHS)がドメインネームシステム(DNS)にネットワークネームリソースを登録できないという問題がありましたが、この問題に対処しました。その結果、イベントID 1196が表示されます。
  • モバイルデバイス管理(MDM)のRestrictedGroupsLocalUsersAndGroups、またはUserRightsポリシーを使用して構成されたデバイスに関する問題に対処しました。これらのデバイスは、MDMを使用してポリシーを含む構成プロファイルを削除した後も、誤ってポリシーを受信し続けます。その結果、対象デバイスのユーザーのグループメンバーシップやUserRightsの割り当てが正しくない、またはその他の症状が発生する可能性があります。この問題は、2020年10月29日以降のWindowsアップデートをインストールすると発生します。
  • 地理位置情報のUI設定がすべて正しく有効で、デバイスに位置情報センサーが搭載されている場合でも、ユーザーが地理位置情報を受信できないという問題に対処しました。
  • Azure仮想マシンが企業のDNSゾーンに対してアップデートを行う際に、AレコードとPTRへのDNSアップデートの登録に失敗する問題に対処しました。
  • ローカルキーボードで入力された文字やWindowsのクリップボードから貼り付けられた文字が、リモートAppで断続的に複製されるタイミングの問題に対処しました。
  • 拡大鏡でマウスを動かしたときに、マウスポインターが画面上を飛び回る問題に対処しました。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

Windows 10、バージョン 20H2

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10, バージョン 2004 からのすべての改善が含まれています。
  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

 

Windows 10、バージョン 21H1

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10, バージョン 2004 からのすべての改善が含まれています。
  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

 

「KB5003214」の不具合情報

「KB5003214」には以下の既知の不具合があります。また、タスクバー関連の不具合報告も入ってきているのでご注意ください。

KB5003214を適用した一部環境でタスクバーのシステムトレイ等に不具合発生の報告。

■不具合の内容:
2021年5月にWidnows 10 21H1、20H2、2004向けにリリースされたのオプションパッチ「KB5003214」を適用した一部環境でタスクバーのシステムトレイ等に不具合発生の報告が入ってきています。

不具合の内容は以下のような感じ。(「ニュースと関心事項」機能が有効になっているときに発生するとの報告が多いようです。)

  • システムトレイ内のアイコンが空白になったり、重なったりして、タスクバーがめちゃくちゃになっている
  • 通知センターやネットワークアイコンがパッチ適用後に機能しなくなった
  • システムトレイのアイコンがランダムに移動したり、消えたり、隠れたりする
  • 検索ボックスがタスクバー上に表示されない
  • ディスプレイのスケーリング問題が発生

■回避策:
KB5003214適用後の不具合を修正したい場合は、インストールした「KB5003214」をアンインストールするのが間違いないようです。

設定>更新とセキュリティ>Windows Update>更新の履歴を表示する>更新プログラムをアンインストールする>「KB5003214」の上で右クリックして「アンインストール」を選択

もしも何らかの理由で更新プログラム「KB5003214」を維持したい場合は、「ニュースと関心事項」機能をオフにしてみるのも一つの手段です。

タスクバー上で右クリック>ニュースと関心事項>無効にする

■対処状況:
現時点ではMicrosoftからの公式発表はなし。

■参考リンク
Windows Latest

 

Microsoft日本語入力方法エディタ(IME)でふりがなの自動入力が期待どおりに機能しない場合がある

■不具合の内容:
ふりがな入力を自動で許可しているアプリで、Microsoft日本語入力方法エディタ(IME)を使って漢字を入力すると、正しいふりがなが出てこず、手入力が必要になる場合があります。
※開発者の方への注意:影響を受けるアプリは ImmGetCompositionString 関数を使用しています。

■回避策:
この問題を軽減するには、「以前のバージョンのIME(入力方式エディター)に戻す」の手順に従ってください。

■対処状況:
現在マイクロソフトは解決策に取り組んでおり、近日中のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

Windows 10をアップグレードするとシステム証明書/ユーザー証明書が失われる問題

■不具合の内容:
Windows 10、バージョン 1809 以降の Windows 10 からそれ以降のバージョンの Windows 10 にデバイスをアップデートすると、システム証明書およびユーザー証明書が失われる可能性があります。デバイスが影響を受けるのは、2020 年 9 月 16 日以降にリリースされた最新の累積更新プログラム (LCU) をすでにインストールしており、その後、2020 年 10 月 13 日以降にリリースされた LCU が統合されていないメディアまたはインストール ソースから、それ以降のバージョンの Windows 10 への更新を進めた場合のみです。

これは主に、Windows Server Update Services (WSUS) や Microsoft Endpoint Configuration Manager などの更新管理ツールを使用して、管理対象のデバイスが古いバンドルやメディアを使用して更新された場合に発生します。また、最新の更新プログラムが統合されていない古い物理メディアやISOイメージを使用している場合にも発生する可能性があります。

Windows Update for Business を使用しているデバイスや Windows Update に直接接続しているデバイスは影響を受けません。

■対処状況:
この問題は、この問題は、最新の機能アップデート バンドルとリフレッシュされたメディアを使用した場合に解決されます。2020年11月9日以降にリリースされた機能更新バンドルは、Windows Server Update Services(WSUS)およびMicrosoft Endpoint ConfigurationManagerを介して展開すると、この問題が解決されます。更新されたメディアは、2020年12月3日にVisual Studioサブスクリプション(VSS、以前はMSDNサブスクリプション)でリリースされ、2020年12月7日にボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)でリリースされました。更新されたメディアを使用していることを確認する方法については、「環境で機能更新の更新に対処する方法」を参照してください。カスタムメディアを使用または作成している場合は、2020年10月13日以降にリリースされたアップデートを含める必要があります。

 

Microsoft Edge Legacyが削除されても、新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合がある

■不具合の内容:
カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージから作成されたWindowsインストールを持つデバイスでは、この更新プログラムによってMicrosoft Edge Legacyが削除されても、新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合があります。この問題は、カスタムオフラインメディアまたはISOイメージが、2021年3月29日以降にリリースされたスタンドアロンのServicing Stack Update (SSU)を最初にインストールせずに、この更新プログラムをイメージにスリップストリームして作成された場合にのみ発生します。
※Windows Update に直接接続して更新プログラムを受信するデバイスは影響を受けません。これには、Windows Update for Businessを使用しているデバイスも含まれます。Windows Update に接続しているデバイスは、特別な手順を踏まなくても、常に最新版の Servicing Stack Update (SSU) および最新の累積的な更新プログラム (LCU) を受け取ることができます。

■回避策:
影響を受けるカスタムメディアを使用してOSをインストールすることで既にこの問題が発生している場合は、ここから新しいMicrosoft Edgeを直接インストールすることで、この問題を軽減することができます。新しい Microsoft Edge for business を広範囲に展開する必要がある場合は、「Microsoft Edge for business のダウンロードと展開」を参照してください。

■解決方法:
この問題は解決されました。この問題を回避するには、最新の累積更新プログラム (LCU) をスリップストリームする前に、まず 2021 年 3 月 29 日以降にリリースされた Servicing Stack Update (SSU) をカスタムオフラインメディアまたは ISO イメージにスリップストリームしてください。現在、Windows 10, version 20H2およびWindows 10, version 2004で使用されているSSUとLCUの統合パッケージでこれを行うには、統合パッケージからSSUを抽出する必要があります。以下の手順でSSUを抽出してください。
1.次のコマンドラインを使用して、msuからcabを抽出します(例としてKB5001391のパッケージを使用):expand Windows10.0-KB5001391-x64.msu /f:Windows10.0-KB5001391-x64.cab <destination path>
2.次のコマンドラインを使用して、先に抽出したcabからSSUを抽出します:expand Windows10.0-KB5001391-x64.cab /f:* <destination path>
3.この例では、SSU-19041.903-x64.cabという名前のSSU cabができあがります。このファイルをまずオフラインイメージにスリップストリームし、次にLCUを作成します。

※いずれも英語の簡易翻訳です。詳細は以下のページでご確認ください。

 

一部のデュアルモニター環境でゲームのパフォーマンスが低下する

■不具合の内容:
この更新プログラムをインストールした後、ゲームのパフォーマンスが予想よりも低くなる問題が報告されています。 この問題の影響を受けるほとんどのユーザーは、ゲームの全画面モードまたはボーダーレス ウィンドウ モードを実行し、2つ以上のモニターを使用しています。

■解決方法:
この問題は、既知の問題のロールバック (KIR) を使用して解決されています。 解決がコンシューマー デバイスや非管理対象のビジネス デバイスに自動的に反映されるには、最大で24時間かかる場合があります。デバイスを再起動することで、問題の解決をデバイスにより早く適用できることがあります。影響を受ける更新プログラムをインストールし、この問題が発生したエンタープライズ管理デバイスの場合は、特別なグループ ポリシーをインストールして構成することで解決できます。
※特別なグループ ポリシーを構成した後、デバイスを再起動する必要があります。 ヘルプについては、「グループ ポリシーを 使用して既知の問題ロールバックをデプロイする方法」を参照してください。 グループ ポリシーの使用に関する一般的な情報については、「グループ ポリシーの 概要」を参照してください。

 

特定の設定で5.1オーディオを使用した場合、高音のノイズが聞こえることがある

■不具合の内容:
インストール後またはそれ以降のアップデートにより、特定のオーディオデバイスやWindowsの設定を使用している場合、一部のアプリで5.1ドルビーデジタルオーディオが高音のノイズやきしみ音を含んで再生されることがあります。
注意:この問題は、ステレオを使用している場合には発生しません。

■回避策:
この問題を軽減するには、以下のいずれかまたは複数をお試しください。

  • ビデオやオーディオを、この問題が発生するアプリではなく、Webブラウザーや別のアプリでストリーミングする。
  • 通知領域の音量アイコンを右クリックまたは長押しして、「空間音(オフ)」を選択し、利用可能なオプションのいずれかを選択する。

■対処状況:
現在マイクロソフトは解決策に取り組んでおり、近日中のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

Windows 10 2004 / 20H2 / 21H1:「KB5003214」の適用方法

Windows 10 2004 / 20H2 / 21H1向けのオプションパッチ「KB5003214」の適用方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き「更新とセキュリティ」を開きます。

その後「Windows Update」を開き、【オプションの更新プログラムを表示があります】の項目にある「2021-05×64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H1 の累積更新プログラム (KB5003214)」の下部にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 10 2004 / 20H2 / 21H1:「KB5003214」の適用方法

コメント

  1. jan より:

    Windows Update からVersion 21H1にする、つもりでしたが、なかなか始まらないので、手動でやることにしました。MicrosoftのWindows 10ダウンロードセンターからダウンロードして、インストールして、21H1になりました。今のところは、不具合はありません。オプションのKB5003214も、インストールしました。

    • よっしーよっしー より:

      お疲れさまでした!こちらもアップデート後に特に不具合は出ておりません。