「Windows 10 2004 / 20H2」向けにオプションパッチ「KB5001391」が配信開始。タスクバーでニュースや天気などが確認可能となる新機能追加や不具合修正など。必要に応じてインストールを

スポンサーリンク
Microsoft Tips

Microsoftが4月28日、「Windows 10 May 2020 Update version 2004」と「Windows 10 October 2020 Update Version 20H2」向けに、新機能追加や各種不具合が修正されたオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB5001391」の配信を開始しました。

「KB5001391」はセキュリティ関係の修正は含まない品質改善の累積更新プログラムでオプションパッチとなっており、インストールは任意です。必要に応じて手動でインストール作業を行ってください。

「KB5001391」では、タスクバーにニュースや天気などの情報へ簡単にアクセス可能となる新機能の追加や、Windows 10の新しいバージョンに更新した後、[スタート] メニューに空白のタイルが表示されない問題への対処、Windows Mixed Realityの設定アプリでヘッドセットがスリープ状態になる前のアイドル時間を調整する機能の追加などが行われています。

ただし、管理人も実際にアップデートを適用してみましたが、タスクバーでのニュース機能はまだ利用可能とはなっていません。今後順次利用可能となるようです。なお、現時点では大きな不具合報告は入っておりません。

スポンサーリンク

「KB5001391」のアップデート内容

「KB5001391」の更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

Windows 10、バージョン2004

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の向上が含まれています。主な変更点は以下のとおりです。

  • サイトが予期した場合に Microsoft Edge IE モードから移行しきれない問題を修正します。
  • “ローミング プロファイルのキャッシュされたコピーを削除する” グループ ポリシーを使用するときにサインアウトすると、必須プロファイルを完全に削除できない問題を修正します。
  • “ms-resource:AppName” や “ms-resource:appDisplayName” などの名前の空白タイルが [スタート] メニューに表示される問題を修正します。 これらの空のタイルは、インストールされているアプリケーションを表し、新しいバージョンの Windows 10 に更新した後、約 15 分間表示されます。 この更新プログラムをインストールすると、[スタート] メニューに空白のタイルが表示されません。
  • アプリのカスタム候補ウィンドウが正しく表示されない Microsoft 日本語入力メソッド エディター (IME) の問題を修正します。
  • インベントリ アプリケーションをインストールするときに発生する問題を修正します。
  • アプリケーション制御ポリシー内の .NET アプリケーションのカーネル モード規則が含Windows Defender問題を修正します。 その結果、生成されたポリシーは必要以上に大幅に大きくなります。
  • デバイスの正常性構成証明に失敗する問題を修正します。
  • S モードで Windows 10 を実行しているシステムで System Guard Secure Launch を有効にした場合に S モードがオフになる問題を修正します。
  • システムが使用できなくなる lsass.exeメモリ使用量 が増加する問題を修正します。 これは、トランスポート層セキュリティ (TLS) がセッションを再開するときに発生します。
  • タスク スケジューラとワークステーション サービスの間の競争状態に関する問題を修正します。 そのため、ユーザーはハイブリッド Azure Active Directory (AAD) ドメインに自動的に参加できないので、0x80070490生成されます。
  • Windows 仮想デスクトップ コンピューターでサインインした後に Azure Active Directory 認証が失敗する問題を修正します。
  • Microsoft Teams や Microsoft Teams などの特定のアプリから AAD Work アカウントが予期せず表示されなくなる問題を修正Microsoft Office。
  • グループ ポリシー “デバイスとしてのドメイン参加コンピューターの登録” が DISABLED に設定されている場合に、ハイブリッド AAD 参加が間に合う問題を修正します。 詳細については、「Hybrid Azure の構成 タスクを参加に参加ADしてください。
  • サービス接続ポイント (SCP) の部分的な構成で問題が発生し、dsregcmd.exe が停止 する問題を修正します。 この問題は、シングル サインオン (SSO) を使用してハイブリッド Azure Active Directory ドメインに参加するときに発生する、大文字と小文字を区別するドメイン ID 名の比較のために発生します。
  • Windows Mixed Reality の設定アプリでヘッドセットがスリープ状態になる前のアイドル時間を調整する機能を追加します。
  • プロセス分離を使用して Docker コンテナーを実行するときに停止エラーが発生する可能性がある問題を修正します。
  • “パラメーターが正しくない” というエラーで、自動登録と証明書の取得が失敗する問題を修正します。
  • Microsoft Defender Application Guard 仮想マシンがドキュメントを開くと、Microsoft Defender Application Guard が応答を停止Office問題を修正します。 この問題は、一部のデバイスまたは GPU ハードウェア高速化スケジューリングを使用するドライバーで発生する可能性があります。
  • 一部のメディア プレイヤーが、iGPU ディスプレイで dGPU で実行されているハイブリッド デバイスでコンテンツを再生するのを妨げる問題を修正します。
  • CPU 使用率が高いレース条件に関する問題を修正します。 その結果、システムは動作を停止し、デッドロックが発生します。
  • 新しいテクノロジ ファイル システム (NTFS) のデッドロックに関する問題を修正します。
  • 一部のケース では、DWM.exe 動作が停止する問題を修正します。
  • 次の方法で Windows Server Storage 移行サービスを改善します。
  • NetApp FAS アレイから Windows サーバーとクラスターへの移行のサポートを追加しました。
  • 複数の問題を解決し、信頼性を向上させる。
  • 詳細については、「ストレージ移行サービス の概要」を参照してください。
  • HTML ページに埋め込まれているリモート デスクトップ コンピューター コントロールを使用ActiveXアプリケーション画面が機能しない可能性がある問題を修正します。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

Windows 10、バージョン20H2

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10, バージョン 2004 からのすべての改善が含まれています。
  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

 

タスクバーでのニュースや天気が確認できる機能の詳細は以下のMicrosoft公式のブログで確認できます。英語ですが、興味のある方はご一読を。

 

「KB5001391」の既知の不具合

「KB5001391」には以下の既知の不具合があります。

■症状:
Microsoft日本語入力方式エディター(IME)を使用して、ふりがな文字の入力を自動的に許可するアプリに漢字を入力すると、正しいふりがな文字が得られない場合があります。ふりがな文字を手動で入力する必要がある場合があります。
※影響を受けるアプリはImmGetCompositionString() 関数を使用してい ます。
■回避策:
現在、解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

■症状:
Windows 10、バージョン 1809 以降の Windows 10 からそれ以降のバージョンの Windows 10 にデバイスをアップデートすると、システム証明書およびユーザー証明書が失われる可能性があります。デバイスが影響を受けるのは、2020 年 9 月 16 日以降にリリースされた最新の累積更新プログラム (LCU) をすでにインストールしており、その後、2020 年 10 月 13 日以降にリリースされた LCU が統合されていないメディアまたはインストール ソースから、それ以降のバージョンの Windows 10 への更新を進めた場合のみです。これは主に、Windows Server Update Services (WSUS) や Microsoft Endpoint Configuration Manager などの更新管理ツールを使用して、管理対象のデバイスが古いバンドルやメディアを使用して更新された場合に発生します。また、最新の更新プログラムが統合されていない古い物理メディアやISOイメージを使用している場合にも発生する可能性があります。
注意:Windows Update for Business を使用しているデバイスや Windows Update に直接接続しているデバイスは影響を受けません。Windows Update に接続しているデバイスは、余分な手順を踏まずに、最新の LCU を含む最新バージョンの機能アップデートを常に受信している必要があります。
■回避策:
すでにお使いのデバイスでこの問題が発生している場合は、こちらの手順を使用して以前のバージョンの Windows に戻ることで、アンインストール ウィンドウ内でこの問題を緩和することができます。アンインストールウィンドウは、お使いの環境の設定やアップデート先のバージョンによっては、10日または30日の日数制限がかかる場合があります。問題が解決した後は、Windows 10のバージョンにアップデートする必要があります。注意 アンインストールウィンドウ内で、DISMコマンド/Set-OSUninstallWindowを使用して、以前のバージョンのWindows 10に戻る必要がある日数を増やすことができます。この変更は、デフォルトのアンインストールウィンドウが終了する前に行う必要があります。詳細については、DISM オペレーティング システムのアンインストール コマンドライン オプションを参照してください。
■修正状況:
現在この問題の解決に取り組んでおり、今後数週間以内に更新されたバンドルと更新されたメディアを提供します。

 

■症状:
カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージから作成されたWindowsインストールを持つデバイスでは、この更新プログラムによってMicrosoft Edge Legacyが削除されても、新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合があります。この問題は、カスタムオフラインメディアまたはISOイメージが、2021年3月29日以降にリリースされたスタンドアロンのServicing Stack Update (SSU)を最初にインストールせずに、この更新プログラムをイメージにスリップストリームして作成された場合にのみ発生します。
※Windows Update に直接接続して更新プログラムを受信するデバイスは影響を受けません。これには、Windows Update for Businessを使用しているデバイスも含まれます。Windows Update に接続しているデバイスは、特別な手順を踏まなくても、常に最新版の Servicing Stack Update (SSU) および最新の累積的な更新プログラム (LCU) を受け取ることができます。
■回避策:
影響を受けるカスタムメディアを使用してOSをインストールすることで既にこの問題が発生している場合は、ここから新しいMicrosoft Edgeを直接インストールすることで、この問題を軽減することができます。新しい Microsoft Edge for business を広範囲に展開する必要がある場合は、「Microsoft Edge for business のダウンロードと展開」を参照してください。
■解決方法:
この問題は解決されました。この問題を回避するには、最新の累積更新プログラム (LCU) をスリップストリームする前に、まず 2021 年 3 月 29 日以降にリリースされた Servicing Stack Update (SSU) をカスタムオフラインメディアまたは ISO イメージにスリップストリームしてください。現在、Windows 10, version 20H2およびWindows 10, version 2004で使用されているSSUとLCUの統合パッケージでこれを行うには、統合パッケージからSSUを抽出する必要があります。以下の手順でSSUを抽出してください。
1.次のコマンドラインを使用して、msuからcabを抽出します(例としてKB5001391のパッケージを使用):expand Windows10.0-KB5001391-x64.msu /f:Windows10.0-KB5001391-x64.cab <destination path>
2.次のコマンドラインを使用して、先に抽出したcabからSSUを抽出します:expand Windows10.0-KB5001391-x64.cab /f:* <destination path>
3.この例では、SSU-19041.903-x64.cabという名前のSSU cabができあがります。このファイルをまずオフラインイメージにスリップストリームし、次にLCUを作成します。

 

■症状:
この更新プログラムをインストールした後、ゲームのパフォーマンスが予想よりも低くなる問題が報告されています。 この問題の影響を受けるほとんどのユーザーは、ゲームの全画面モードまたはボーダーレス ウィンドウ モードを実行し、2つ以上のモニターを使用しています。
■解決方法:
この問題は、既知の問題のロールバック (KIR) を使用して解決されています。 解決がコンシューマー デバイスや非管理対象のビジネス デバイスに自動的に反映されるには、最大で24時間かかる場合があります。デバイスを再起動することで、問題の解決をデバイスにより早く適用できることがあります。影響を受ける更新プログラムをインストールし、この問題が発生したエンタープライズ管理デバイスの場合は、特別なグループ ポリシーをインストールして構成することで解決できます。
※特別なグループ ポリシーを構成した後、デバイスを再起動する必要があります。 ヘルプについては、「グループ ポリシーを 使用して既知の問題ロールバックをデプロイする方法」を参照してください。 グループ ポリシーの使用に関する一般的な情報については、「グループ ポリシーの 概要」を参照してください。

 

Windows 10 2004 / 20H2:「KB5001391」の適用方法

Windows 10 2004 / 20H2向けのオプションパッチ「「KB5001391」の適用方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き「更新とセキュリティ」を開きます。

その後「Windows Update」を開き、【オプションの更新プログラムを表示があります】の項目にある「2020-09×64ベース システム用 Windows 10 Version 2004 の累積更新プログラム(KB5001391)」の下部にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

 

Windows 10 2004 / 20H2:「KB5001391」の適用方法

コメント

  1. jan より:

    オプションのKB5001391を入れてみました。タスクバーに見慣れないアイコンが出ました。それが「ニュースと関心事項」ですね。私は「無効にする」にしておきました。今のところ、不具合はありません。

    • よっしー より:

      お疲れ様です!
      自分のPCでは、いまだにタスクバーへ出てきていません。
      意外と配信時間に差があるのですね💦
      こちらも現状特に不具合は出ておりません。