Windows 10:オプションパッチ「KB5003690」が配信開始。「ニュースと関心事項」やゲームパフォーマンスに関するバグの修正など。必要に応じてインストールを。

スポンサーリンク
Windows 10:オプションパッチ「KB5003690」が配信開始。「ニュースと関心事項」やゲームパフォーマンスに関するバグの修正など。必要に応じてインストールを。Microsoft Tips

Microsoftは、Windows 10 バージョン21H1、バージョン20H2、バージョン2004を実行しているPC向けに、追加のオプションパッチ「KB5003690」の配信を開始しました。

今回の「KB5003690」はオプションの更新プログラムであり、セキュリティ関連の更新は含まれておりません。「KB5003690」には重要なバグ修正と改善が含まれており、ゲームをプレイする際のパフォーマンスの低下、FPSの低下などの問題への対処、および「ニュースと関心事項」でテキストがぼやけるなどの問題が修正されています。

「KB5003690」はオプションの更新プログラムであるため、自動的にダウンロードやインストールは行われません。必要に応じて手動でインストールしてください。

スポンサーリンク

「KB5003690」のアップデート内容

「KB5003690」の更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

Windows 10、バージョン2004

このセキュリティ以外のアップデートには、品質の向上が含まれています。主な変更点は以下のとおりです。

  • AppMgmt_COM_SearchForCLSID」ポリシーを有効にした後、アプリケーション間の通信が機能しなくなる問題に対処しました。
  • MultiByteToWideChar()関数が英語以外のロケールで使用された場合に発生するパフォーマンスの問題に対応しました。
  • 複数のバージョンのNLS(National Language Support)ソートを使用しているときに、ソートが正しく動作しないという問題に対処しました。
  • KB5000842以降をインストールすると、一部のユーザーでゲームのパフォーマンスが期待値より低くなる問題に対処しました。
  • 入力中に日本語入力エディタ(IME)が突然動作しなくなる問題に対処しました。
  • オフラインモードで移行しようとすると、WMIMigrationPlugin.dllがエラーを返すという問題に対処しました。
  • PowerShellコマンドのSet-RuleOptionで、Windows Defender Application Control (WDAC)ポリシーで期限切れの証明書で署名されたファイルを未署名として扱うオプションが提供されない問題に対処しました。
  • AppLockerを使用して複数の署名を持つファイルを検証すると、Windowsが動作しなくなる問題に対処しました。エラーの内容は0x3Bです。
  • TPM(Trusted Platform Module)のファームウェアをアップデートした後に、BitLockerがリカバリーモードになることがある問題に対処しました。この問題は、”Interactive logon: マシンアカウントのロックアウトのしきい値」ポリシーが設定されていて、不正なパスワードの試行があった場合に発生します。
  • Windows が AppLocker または SmartLocker の成功イベントを多数生成するという問題に対処しました。
  • クレデンシャル ガードおよびリモート クレデンシャル ガードが有効な場合に、ドメイン コントローラーの認証に関する問題に対処しました。
  • ハイパーバイザーで保護されたコードインテグリティ(HVCI)が有効な場合に、特定のスクリーンリーダーアプリが実行できないという問題に対応しました。
  • PIN を使ったサインインに失敗する問題に対処しました。エラーメッセージは、「何かが起こったため、PINが使用できません。クリックしてもう一度PINを設定してください。” というものでした。
  • セキュアローンチをサポートする特定のプロセッサのシステム管理モード保護(ファームウェア保護バージョン2.0)のWindowsサポートを追加しました。
  • 特定のケースで、コントローラーのWindowsボタンを押すと、専用のバーチャルリアリティ(VR)アプリから出て、Windows Mixed Reality Homeに戻ってしまう問題に対応しました。このアップデートにより、Windowsボタンを押すと、Windowsのスタートメニューが表示されるようになりました。スタートメニューを閉じると、専用のVRアプリに戻ります。
  • Microsoft 365 Endpoint のデータ損失防止(DLP)の分類エンジンにおける機密データ分析の精度と効率が向上しました。
  • リモートアクセスサーバー(RAS)サーバーのインターネットキーエクスチェンジ(IKE)VPNサービスの問題に対応しました。定期的に、ユーザーは IKE プロトコルでサーバーに VPN を接続できません。この問題は、サーバーの再起動またはIKEEXTサービスの再起動後、数時間後または数日後に発生することがあります。一部のユーザーは接続できますが、他の多くのユーザーは接続できません。これは、サービスがDoS保護モードになっており、着信接続試行が制限されているためです。
  • MFP(Management Frame Protection)が有効な場合に、4ウェイハンドシェイクで無効なMIC(Message Integrity Check)が検出され、Wi-Fi接続に失敗する問題に対処しました。
  • ユーザーが自動登録した証明書を更新すると、VPNが失敗することがあるという問題に対処しました。エラーメッセージは「これ以上のファイルはありません」です。
  • アイデンティティプライバシーが選択されていない、または無効になっているにもかかわらず、Tunnel Extensible Authentication protocol(TEAP)で外側のアイデンティティが「匿名」に置き換えられるという問題に対処しました。
  • UDP(User Datagram Protocol)が有効な場合に、リモートデスクトップセッションが応答しなくなるという問題に対処しました。
  • USB Test and Measurement Classのサポートを追加しました。
  • Adamsync.exeで、大規模なActive Directoryサブツリーの同期に影響する問題に対処しました。
  • LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)のバインドキャッシュがいっぱいになり、LDAPクライアントライブラリが参照を受けたときに発生するエラーに対処しました。
  • 接続終了時にシステムがバインドオブジェクトを削除する際に発生する競合状態が原因のリダイレクタ停止エラーに対処しました。
  • Cドライブのディスククオータの設定や問い合わせができないという問題に対応しました。
  • NT Virtual DOS Machine (NTVDM)上で動作する16ビットアプリを開くと動作しなくなる問題に対処しました。
  • Compact Font Format version 2 (CFF2)フォントがインストールされている場合に、fontdrvhost.exeが動作しなくなる問題に対処しました。
  • フォントフォールバックの設定により、EUDC(End User Defined Characters)が正しく印刷されない場合があるという問題に対処しました。
  • 一部のディスプレイ構成において、Windowsタスクバーの「ニュースと関心事」ボタンの文字がぼやけるという問題に対処しました。
  • タスクバーのコンテキストメニューを使用してニュースと関心事をオフにした場合に発生する、Windowsタスクバーの検索ボックスのグラフィックスに関する問題に対処しました。このグラフィックスの問題は、ダークモードを使用しているときに特に目立ちます。
  • システムの起動後またはスリープからの復帰後に、指紋によるサインインに失敗することがある問題に対処しました。
  • 特定のオーディオデバイスおよびWindowsの設定を使用して5.1ドルビーデジタルオーディオを再生すると、特定のアプリケーションで甲高い音や鳴き声が発生する場合があるという問題に対処しました。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

Windows 10、バージョン20H2

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10, バージョン 2004 からのすべての改善が含まれています。
  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

 

Windows 10、バージョン21H1

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10, バージョン 2004 からのすべての改善が含まれています。
  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

 

「KB5003690」の既知の不具合

「KB5003690」には以下の既知の不具合があります。

 

■症状:
Microsoft日本語入力方式エディター(IME)を使用して、ふりがな文字の入力を自動的に許可するアプリに漢字を入力すると、正しいふりがな文字が得られない場合があります。ふりがな文字を手動で入力する必要がある場合があります。
※影響を受けるアプリはImmGetCompositionString() 関数を使用してい ます。
■対処状況:
現在、解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

■症状:
カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージから作成されたWindowsインストールを持つデバイスでは、このアップデートによってMicrosoft Edge Legacyが削除されても、新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合があります。この問題は、カスタムオフラインメディアまたはISOイメージが、2021年3月29日以降にリリースされたスタンドアロンのサービススタック更新プログラム(SSU)を最初にインストールせずに、この更新プログラムをイメージにスリップストリームして作成された場合にのみ発生します。

※注意:Windows Updateに直接接続して更新プログラムを受信するデバイスは影響を受けません。これには、Windows Update for Businessを使用しているデバイスも含まれます。Windows Updateに接続しているデバイスは、追加の手順を踏まなくても常に最新版のSSUおよび最新の累積的な更新プログラム(LCU)を受け取ることができます。

■回避策:
この問題を回避するには、まず2021年3月29日以降にリリースされたSSUをカスタムオフラインメディアまたはISOイメージにスリップストリームしてから、LCUをスリップストリームするようにしてください。現在、Windows 10, version 20H2およびWindows 10, version 2004で使用されているSSUとLCUの統合パッケージでこれを行うには、統合パッケージからSSUを抽出する必要があります。以下の手順でSSUを抽出してください。

  1. Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <保存先パス>を展開します。
  2. 次のコマンドラインを使用して、先に抽出したcabからSSUを抽出します:expand Windows10.0-KB5000842-x64.cab /f:* <destination path>
  3. この例では、SSU-19041.903-x64.cabという名前のSSU cabが作成されます。このファイルを最初にオフラインイメージにスリップストリームし、次にLCUにスリップストリームします。

影響を受けたカスタムメディアを使用してOSをインストールした際に既にこの問題が発生している場合は、新しいMicrosoft Edgeを直接インストールすることで、この問題を軽減することができます。新しいMicrosoft Edge for businessを広範囲に展開する必要がある場合は、「Microsoft Edge for businessのダウンロードと展開」を参照してください。

 

Windows 10 2004 / 20H2:「KB5003690」の適用方法

Windows 10 2004 / 20H2向けのオプションパッチ「KB5003690」の適用方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き「更新とセキュリティ」を開きます。

その後「Windows Update」を開き、【オプションの更新プログラムを表示があります】の項目にある「2020-09×64ベース システム用 Windows 10 Version 2004 の累積更新プログラム(KB5003690)」の下部にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 10 2004 / 20H2:「KB5003690」の適用方法

 

コメント

  1. jan より:

    オプションのKB5003690をインストールしました。オプションなので、よっしーさんが書いてくださるのを待っていました。「重要なバグ修正と改善が含まれており」なので、入れておこうと思いました。今のところ、不具合はありません。