Windows 10にオプションパッチ「KB5009596」が配信開始。日本語IMEや印刷の不具合などが修正。必要に応じてインストールを

スポンサーリンク
Windows 10にオプションパッチ「KB5009596」が配信開始。日本語IMEや印刷の不具合などが修正。必要に応じてインストールをMicrosoft Tips

Microsoftは、Windows 10 バージョン21H2、21H1、20H2を実行しているPC向けに、追加のオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB5009596」の配信を開始しました。

今回のオプションパッチ「KB5009596」では、新しい日本語入力メソッドエディタ(IME)を使用すると日本語のMicrosoft Officeアプリケーションが動作しなくなることがある問題や、USBを使用して印刷すると印刷が停止したり間違った出力がされたりする問題への対処などが行われています。

また、2022年1月の更新プログラムで導入され、その後帯域外の緊急更新プログラムで修正された、ドメインコントローラが再起動する不具合とL2TP VPN接続の問題も修正されています。

あくまでも「KB5009596」はセキュリティ修正を含まない定例外のオプションパッチであり、特に問題が発生していない場合は無理にインストールする必要はありません。必要に応じてインストール作業を行ってください。

スポンサーリンク

「KB5009596」のアップデート内容

「KB5009596」の更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

Windows 10、バージョン20H2

  • Microsoft UI Automationで、Microsoft Outlookが動作しなくなる可能性がある問題に対処。
  • ヨルダンで 2022 年 3 月ではなく 2022 年 2 月に夏時間が開始されるように更新します。
  • 高速スタートアップを有効にすると、Windows Subsystem for Linux 2 (WSL2) のローカルホストリレーが起動しなくなる問題に対処しています。
  • 遠隔測定で wmic.exe に渡すパラメータを追加して、アプリケーションの互換性に関する懸念に対処するために追加の使用データを取得します。
  • CLSID_InternetExplorer の問題に対処しました。
  • Internet Explorer 11 に、サポート終了が近いことを通知するリマインダーを追加しました。
  • 新しい日本語入力メソッドエディタ(IME)を使用すると、日本語のMicrosoft Officeアプリケーションが動作しなくなることがある問題に対処。
  • 中国語のIMEを使用してテキストを入力すると、アプリケーションが動作しなくなることがある問題に対処しています。
  • ペンハプティクスAPIを使用すると、Windowsが動作しなくなることがある問題に対処しています。
  • Windowsアクティベーションの電話番号が誤っているロケールに対して、電話番号の更新を行いました。
  • アンチウイルスまたはファイアウォールの設定により、デバイスが条件付きアクセスに準拠していないことを誤って報告する問題に対処しています。
  • Windows 10、バージョン2004以降でUSBを使用して印刷すると、印刷が停止したり、間違った出力がされたりする問題に対処します。
  • AVC(Advanced Video Coding)ソフトウェアエンコーディングを使用する場合、場合によってはRemote Desktopの画面に影響を与える問題に対応。
  • Microsoft Edgeで特定のサラウンドサウンドオーディオが再生されない問題に対応。
  • vpnike.dllとrasmans.dllのデッドロックに対処しています。
  • Fast Identity Online 2.0 (FIDO2) 認証プロバイダに影響し、PIN入力ボックスが表示されない問題に対処しています。
  • Windowsが動作しなくなり、”IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL “というエラーを発生させる問題に対処しています。
  • Get-TPM PowerShellコマンドがTrusted Platform Module(TPM)情報を報告しようとするときに失敗する可能性がある問題に対処しています。このコマンドは、”0x80090011 Microsoft.Tpm.Commands.TpmWmiException,Microsoft.Tpm.Commands.GetTpmCommand” というエラーでエラーになります。
  • リモートデスクトップクライアントが実行されている場合、またはRemoteAppが切断された場合に、AltGrキーが動作しなくなる問題に対処しました。
  • ニュースや興味からMicrosoft Edgeのプロフィールを選択して直接アクセスできる機能を追加しました。また、同じ対応するプロファイルのニュースや興味から直接Microsoft Edgeに移動することができます。
  • Windows 11, original releaseに移行するユーザー向けに、Sync Your Settingsという新機能を追加します。Sync Your Settingsを使用して、アプリケーションのリストを自動的にMicrosoftアカウントにバックアップします。その後、Windows 11, original releaseのデバイスで、これらのアプリケーションをすばやく復元することができます。この新機能は、今後数週間のうちに展開される予定です。
  • 機能していないBluetoothデバイスに接続しようとすると、機能しているBluetoothデバイスが動作しなくなる問題に対応します。
  • lsass.exeが動作しなくなり、デバイスが再起動する問題に対処しています。この問題は、NTDS サービスが停止した後に Windows NT Directory Services (NTDS) のカウンターを照会したときに発生します。
  • グループポリシーオブジェクト(GPO)「すべてのNTFSボリュームで圧縮を許可しない」の適用に失敗する場合がある問題に対応しました。
  • Robocopyがファイルコピー処理を再試行できない問題に対応しました。
  • Active Directoryフェデレーションサービス(AD FS)の監査ログの詳細な記録を有効にしたときに、無効なパラメータが記録されることがある問題に対応しました。その結果、監査ログへの書き込みに失敗したことを示すイベント207がログに記録されます。
  • WinVerifyTrust()を呼び出すと発生するメモリリークに対処します。この問題は、複数の署名があるファイルの最初の署名に対して検証が失敗した場合に発生します。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがデバイスにダウンロードされ、インストールされます。

 

Windows 10、バージョン21H1

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10, バージョン 20H2 からのすべての改善が含まれています。
  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

 

Windows 10、バージョン21H2

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10, バージョン 20H2 からのすべての改善が含まれています。
  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

 

「KB5009596」の既知の不具合

「KB5009596」には以下の既知の不具合があります。

カスタムオフラインメディア等でインストールされたデバイスでは新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合がある

■症状:
カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージから作成されたWindowsデバイスでは、このアップデートによってMicrosoft Edge Legacyが削除されても、新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合があります。この問題は、カスタムオフラインメディアまたはISOイメージが、2021年3月29日以降にリリースされたスタンドアロンのサービススタック更新プログラム(SSU)を最初にインストールせずに、この更新プログラムをイメージにスリップストリームして作成された場合にのみ発生します。

※注意:Windows Updateに直接接続して更新プログラムを受信するデバイスは影響を受けません。これには、Windows Update for Businessを使用しているデバイスも含まれます。Windows Updateに接続しているデバイスは、追加の手順を踏まなくても常に最新版のSSUおよび最新の累積的な更新プログラム(LCU)を受け取ることができます。

■回避策:
この問題を回避するには、まず2021年3月29日以降にリリースされたSSUをカスタムオフラインメディアまたはISOイメージにスリップストリームしてから、LCUをスリップストリームするようにしてください。現在、Windows 10, version 20H2およびWindows 10, version 2004で使用されているSSUとLCUの統合パッケージでこれを行うには、統合パッケージからSSUを抽出する必要があります。以下の手順でSSUを抽出してください。

  1. Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <保存先パス>を展開します。
  2. 次のコマンドラインを使用して、先に抽出したcabからSSUを抽出します:expand Windows10.0-KB5000842-x64.cab /f:* <destination path>
  3. この例では、SSU-19041.903-x64.cabという名前のSSU cabが作成されます。このファイルを最初にオフラインイメージに入れ、次にLCUに入れてください。

影響を受けたカスタムメディアを使用してOSをインストールした際に既にこの問題が発生している場合は、新しいMicrosoft Edgeを直接インストールすることで、この問題を軽減することができます。新しいMicrosoft Edge for businessを広範囲に展開する必要がある場合は、「Microsoft Edge for businessのダウンロードと展開」を参照してください。

 

KB5003690インストール後、2021年7月6日以降のアップデートをインストールできないデバイスがある

■症状:
2021年6月21日(KB5003690)のアップデートをインストールした後、2021年7月6日(KB5004945)以降のアップデートなど、新しいアップデートをインストールできないデバイスがあります。その場合、「PSFX_E_MATCHING_BINARY_MISSING」というエラーメッセージが表示されます。

回避策:
詳細および回避策については、KB5005322を参照してください。

 

スマートカード認証を使用すると接続が失敗することがある

■症状:
この更新プログラムをインストールすると、信頼されていないドメイン内のデバイスにリモートデスクトップを使用して接続する場合、スマートカード認証を使用すると接続が失敗することがあります。その際、「資格情報が機能しませんでした」または「ログインに失敗しました」というプロンプトが表示される場合があります。

回避策:
この問題は、KIR(Known Issue Rollback)を使用して解決します。この解決策が、管理対象外の個人用デバイスおよび管理対象外のビジネス用デバイスに自動的に伝搬するまでに、最大で24時間かかることがありますのでご注意ください。Windowsデバイスを再起動すると、解決策が早く適用される場合があります。影響を受ける更新プログラムをインストールしてこの問題が発生した企業の管理対象デバイスについては、以下にリンクされている特別なグループポリシーをインストールして構成することで解決できます。注意 グループポリシーを設定した後は、デバイスを再起動する必要があります。詳細については、「グループポリシーを使用して既知の問題のロールバックを展開する方法」を参照してください。グループポリシーの使用に関する一般的な情報については、「グループポリシーの概要」を参照してください。

グループポリシーのインストールファイルです。

重要:使用しているWindowsのバージョンに適したグループポリシーを使用していることを確認してください。

 

Microsoft Outlookデスクトップアプリの検索結果に最近の電子メールが表示されない場合がある

■概要
2021年11月22日以降の更新プログラムをインストールすると、Microsoft Outlookデスクトップアプリの検索結果に最近の電子メールが表示されない場合があります。この問題は、ローカルにPSTまたはOSTファイルに保存されている電子メールに関連しています。POPおよびIMAPアカウント、ならびにMicrosoft ExchangeおよびMicrosoft 365でホストされているアカウントに影響する可能性があります。Microsoft Outlookアプリのデフォルト検索がサーバー検索に設定されている場合、この問題は詳細検索にのみ影響します。

■緩和策:
この問題を軽減するには、Windowsデスクトップ検索を無効にし、Microsoft Outlookに組み込まれている検索を使用するようにします。手順については、「Windows Update KB5008212適用後にOutlook検索で最近の電子メールが表示されなくなった」を参照してください。

■解決方法:
この問題は、KIR (Known Issue Rollback) を使用して解決されます。コンシューマー向けデバイスおよび非管理下のビジネス向けデバイスに解決策が自動的に反映されるまで、最大で 24 時間かかる場合があります。Windowsデバイスを再起動すると、解決策がより早くデバイスに適用される場合があります。影響を受ける更新プログラムをインストールしてこの問題が発生した企業向け管理デバイスの場合は、特別なグループ ポリシーをインストールして設定することで解決できます。

重要:Windows のバージョンに対して正しいグループ ポリシーを使用していることを確認してください。

Group Policy: Windows 10, version 20H2, Windows 10, version 21H1 and Windows 10, version 21H2

 

Windows 10 20H2 / 21H1 / 21H2:「KB5009596」のインストール方法

Windows 10 20H2 / 21H1 / 21H2向けのオプションパッチ「KB5009596」のインストール方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き「更新とセキュリティ」を開きます。

その後「Windows Update」を開き、【オプションの品質更新プログラムがあります】の項目にある「2022-01×64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H1(※バージョンにより異なる) の累積更新プログラム (KB5009596)」の下部にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 10 20H2 / 21H1 / 21H2:「KB5009596」のインストール方法

コメント