Windows 10で問題のあるドライバーや更新プログラムをWindows Updateで自動更新しないようにする公式ツール

スポンサーリンク
Windows 10Windows 10

Windows 10では、基本的にWindows Updateがユーザー側でコントロールができなくなり、強制的にアップデートされる仕様に変更になっています。(Pro版は一応延期可能)
これはセキュリティを高めるという観点では良いことだと思います。

しかし、場合によっては互換性の問題など、不具合が起こる可能性も否定できません。以前までなら不具合を起こした更新プログラムを削除し、Windows Updateで適用されないようにすれば良かったのですが、Windows 10からは【不具合を起こした更新プログラムを削除→再度自動的にWindows Updateで更新】という負のスパイラルに陥る可能性が高いです。

それは困るよ~。という方のために、なんとマイクロソフトはちゃんと対策を考えてくれていました!

という事で、本日はWindows 10で問題を起こした更新プログラムやドライバーを Windows Updateで一時的にインストールされないようにするツール「“Show or hide updates“ トラブルシューター」についてご紹介しておきます。

【追記】「“Show or hide updates“ トラブルシューター」の配布は終了しました。

スポンサーリンク

Windows 10で問題を起こした更新プログラムやドライバーを Windows Updateで一時的にインストールされないようにするツール「“Show or hide updates“ トラブルシューター」

マイクロソフトの公式ブログ内で紹介されていたので、これは重要なツールになるかも知れないと思い、ご紹介しておきます。

そのツールの名前は、【“Show or hide updates“ トラブルシューター】、別名【Windows 10で問題を起こした更新プログラムやドライバーを Windows Update で一時的にインストールされないようにするツール】です。

この【“Show or hide updates“ トラブルシューター】ツールは、これまでのWindows 7や8.1のWindows Updateで実施できた、【特定の更新プログラムの非表示設定】と同等の機能になります。

管理人は今まで特別Windows Updateで更新しないファイルなどは無かったのですが、専門的な仕事の方や、よりこだわりを持ってWindowsを使用している方には、ある意味必須のツールになるのではないかと思います。

“Show or hide updates“ トラブルシューター:ダウンロードリンク

なお、使用方法に関しては、マイクロソフトの公式ブログ内で詳細に解説されていますので、そちらをぜひ参考にしてみてくださいね。

Windows 10: 問題を起こした更新プログラムやドライバーを Windows Update で一時的にインストールされないようにするツールの紹介|マイクロソフト 日本のセキュリティチーム

“Show or hide updates“ トラブルシューター

コメント

  1. jan より:

    教えていただいて、ありがとうございます。Windows10導入の時「失敗」で困っていて、Googleで探してこちらを見つけて、お邪魔しました。おかげさまで無事Windows10になりました。それからはいつもお邪魔しています。挨拶が遅れました。これからよろしくお願いいたします。

    • よっしー より:

      御丁寧にありがとうございます!今後も役立つ情報をお届けできるよう頑張ります!今後ともよろしくお願い致します(^ω^)