Windows 11にオプションパッチ「KB5010414」が配信開始。タスクバーの機能強化や印刷/ドライバの問題などに対処。必要に応じてインストールを

スポンサーリンク
Windows 11にオプションパッチ「KB5010414」が配信開始。タスクバーの機能強化や印刷/ドライバの問題などに対処。必要に応じてインストールをWindows 11

Microsoftは、Windows 11を実行しているPC向けに、追加のオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB5010414」の配信を開始しました。

今回のオプションパッチ「KB5010414」では、他のモニター(マルチモニター環境)のタスクバーに時計と日付が追加されたり、タスクバーが中央に配置されている場合にタスクバー左側へ天気予報コンテンツが表示されるなどの待望のタスクバー機能強化といったいくつかの新機能追加をはじめ、印刷やドライバの不具合問題への対処も行われています。

なお、あくまでも「KB5010414」はセキュリティ修正を含まない定例外のオプションパッチであり、特に問題が発生していない場合は無理にインストールする必要はありません。必要に応じてインストール作業を行ってください。

スポンサーリンク

Windows 11:「KB5010414」のアップデート内容

Windows 11の「KB5010414」には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • New! Microsoft Edge Internet ExplorerモードとMicrosoft Edgeの間でCookieを共有する機能を提供します。
  • New! スタートメニューのおすすめセクションにあるMicrosoft Officeファイルをブラウザで開きます。これは、デバイスに適切なMicrosoft Officeライセンスがなく、ファイルがMicrosoft OneDriveまたはMicrosoft SharePointに保存されている場合に発生します。ライセンスがある場合、ファイルは代わりにデスクトップアプリで開かれます。
  • New! 他のモニターをデバイスに接続すると、他のモニターのタスクバーに時計と日付が追加されます。
  • New! タスクバーが中央に配置されている場合、タスクバーの左側に天気予報のコンテンツを追加します。天気の上にカーソルを置くと、画面の左側にウィジェットパネルが表示され、その部分にカーソルを置くのをやめると消えます。
  • New! 開いているアプリケーションのウィンドウをタスクバーから直接Microsoft Teamsの通話にすばやく共有する機能を追加しました。
  • New! 不揮発性メモリ(NVMe)ネームスペースのホットアドと削除のサポートを追加しました。
  • New! タスクバーからMicrosoft Teamsの通話を瞬時にミュートおよびミュート解除する機能を追加しました。通話中、アクティブなマイクのアイコンがタスクバーに表示され、Microsoft Teamsの通話ウィンドウに戻らなくても、簡単に音声をミュートすることができるようになります。
  • 特定のクラウドコンピューティングの仮想デスクトップインフラ(VDI)を使用してターミナルサーバーとしてWindows Server 2016を実行したときに発生する問題に対処します。その結果、一定期間実行した後、サーバーがランダムに応答しなくなります。また、デッドロックを回避するために、rpcss.exeのCSharedLockが正しく設定されているかをプロアクティブにチェックするリグレッションに対応します。
  • 管理者でないユーザーに対して、設定のタイムゾーンリストが空白に表示される可能性がある問題に対処しています。
  • Windows検索サービスに影響し、近接演算子を使用して問い合わせを行ったときに発生する問題に対応しました。
  • タスクマネージャーで起動時の影響の値が表示されない問題に対応しました。
  • iexplore.exeがMicrosoft Edge Internet Explorerモードのコンテキストで実行されたときに、ShellWindows()がInternetExplorerオブジェクトを返さないという問題に対処しています。
  • Microsoft Edge Internet Explorerモードのダイアログボックスに影響を与える問題に対応しました。
  • F1キーを押したときにMicrosoft Edge Internet Explorerモードが動作しなくなる問題に対応しました。
  • DDE(Dynamic Data Exchange)オブジェクトの不適切なクリーンアップを引き起こす問題に対処しました。これにより、セッションのティアダウンが妨げられ、セッションが応答しなくなることがあります。
  • 一部の整合性の低いプロセスアプリで印刷が正常に動作しない問題に対応しました。
  • Windows Hello for Business Cloud Trustのサポートを導入。これは、Windows Hello for Business のハイブリッド展開のための新しい展開モデルです。Fast IDentity Online (FIDO) セキュリティ キーのオンプレミス シングル サインオン (SSO) をサポートするのと同じテクノロジーと導入手順を使用します。クラウド トラストは、Windows の展開に必要な公開鍵基盤 (PKI) の要件を取り除き、Windows Hello for Business の展開エクスペリエンスを簡素化します。
  • ドライバが Hypervisor-protected Code Integrity (HVCI) で保護されている場合に、ドライバのアンロードとリロードができない問題に対処しています。
  • Silent BitLocker 有効化ポリシーに影響し、意図せずに Trusted Platform Module (TPM) プロテクターを追加してしまう可能性がある問題に対処しています。
  • リモートデスクトップアプリを使用してクライアントのローカルドライブをターミナルサーバーセッションにマウントする際に発生する信頼性の問題に対処しています。
  • ファイルエクスプローラーのコマンドメニューとコンテキストメニューで、右から左へ記述する(RTL)言語のテキストが左寄せで表示される問題に対応します。
  • Windows Management Instrumentation (WMI) Bridgeを使用してLanguagePackManagement構成サービスプロバイダ(CSP)に到達できない問題に対処しました。
  • サインイン時に、Remote DesktopセッションのキーボードとRDP(Remote Desktop Protocol)クライアントの間でミスマッチが発生する問題に対処しました。
  • バッテリー、音量、Wi-Fiなどのアイコンの上にカーソルを置くと、タスクバーの空の領域に不正なツールチップが表示される問題に対処しました。
  • サービスプリンシパル名(SPN)のエイリアス(www/FOOなど)を書き込もうとしたときに、HOST/FOOがすでに別のオブジェクトに存在する場合に発生する問題に対処します。RIGHT_DS_WRITE_PROPERTY が衝突するオブジェクトの SPN 属性にある場合、”Access Denied” というエラーが表示されます。
  • OSを再起動してサインインした後に、ネットワークドライブ上のオフラインファイルが切断される問題に対応しました。この問題は、分散ファイルシステム(DFS)のパスがネットワークドライブにマップされている場合に発生します。
  • ネットワークドライブをマウントするときに、認証ダイアログが2回表示される問題に対応しました。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

「KB5010414」の既知の不具合

「KB5010414」には以下の既知の不具合が確認されています。

Microsoft Outlookのデスクトップアプリの検索結果に最近のメールが表示されないことがある

■不具合の概要:
Microsoft Outlookのデスクトップアプリの検索結果に、最近のメールが表示されないことがあります。この問題は、PSTファイルまたはOSTファイルにローカルに保存されている電子メールに関連しています。この問題は、POPおよびIMAPアカウント、Microsoft ExchangeおよびMicrosoft 365でホストされているアカウントに影響する可能性があります。Microsoft Outlookアプリのデフォルト検索がサーバー検索に設定されている場合、この問題は詳細検索にのみ影響します。

■回避策:
この問題を軽減するには、Windowsデスクトップ検索を無効にし、Microsoft Outlookに組み込まれている検索を使用するようにします。手順については、「WindowsアップデートKB5008212の後にOutlook検索で最近の電子メールが表示されない」を参照してください。

■対応状況:
マイクロソフトは解決策を検討中であり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

Windows 11:「KB5010414」のインストール方法

Windows 11向けのオプションパッチ「KB5010414」のインストール方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き、最下段の「Windows Update」を開きます。

表示されている「2022-02 x64 ベース システム用 Windows 11 の累積更新プログラム (KB5010414)」の横にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 11:「KB5010414」のインストール方法

コメント

  1. jan より:

    「KB5010414」のインストールが終わりました。特に不具合はありません。

  2. jan より:

    これは不具合ではありませんが、最近気が付いたのは「メモ帳」のことです。仕様が少し変わってますね。仕様というか、言葉が変わっています。ファイル→「保存」になっています。以前は「上書き保存」となっていましたが、「保存」だけです。「上書き保存」となっていると、上書きだなと安心して?保存できたので、私個人としてはこの言葉のほうがいいんですが、変わってしまったので、しかたがありませんね。

    • よっしー より:

      微妙な言い回しの違いも、今まで慣れ親しんでいると違和感を感じますよね。
      ご指摘の点は自分も気が付かなかったので、改めて注意しておきます。
      ありがとうございます