Windows 11にオプションパッチ「KB5014019」が配信開始。デスクトップの自動背景設定の追加やファイルのコピーが遅くなる問題への対処、既知の不具合の修正など。必要に応じてインストールを

スポンサーリンク
Windows 11にオプションパッチ「KB5014019」が配信開始。デスクトップの自動背景設定の追加やファイルのコピーが遅くなる問題への対処、既知の不具合の修正など。必要に応じてインストールをWindows 11

Microsoftは、Windows 11を実行しているPC向けに、追加のオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB5014019」の配信を開始しました。

今回のオプションパッチ「KB5014019」では、デスクトップの自動背景設定の追加、ウィジェットアイコン周りの修正、ディスプレイの1インチあたりのドット数(dpi)のスケーリングが100%を超えると、検索結果でアプリアイコンがぼやける問題への対処、キャッシュマネージャー内の書き込みバッファーの計算が間違っているためにファイルのコピーが遅くなる問題への対処などが行われています。

また、既知の問題にも対処されています。コントロールパネルのバックアップと復元(Windows 7)アプリを使用してリカバリディスク(CDまたはDVD)を作成した場合に、リカバリディスク(CDまたはDVD)が起動しない可能性がある問題、GPUに影響し、アプリが予期せず閉じるか、Direct3D 9を使用する一部のアプリに影響する断続的な問題を引き起こす可能性がある問題も修正されています。

なお、あくまでも「KB5014019」はセキュリティ修正を含まない定例外のオプションパッチであり、特に問題が発生していない場合は無理にインストールする必要はありません。必要に応じてインストール作業を行ってください。

【追記】Windows 11のオプションパッチ「KB5014019」とトレンドマイクロのウイルスバスターなどに互換性の問題が発生しています。利用中のユーザーはご注意ください。

スポンサーリンク

Windows 11:「KB5014019」のアップデート内容

Windows 11の「KB5014019」には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • New! スクリーンタイムの追加リクエストを送信する際の、子供アカウントのファミリーセーフティ認証のエクスペリエンスを改善しました。
  • New! デスクトップ上のWindowsスポットライトは、新しい背景画像であなたのデスクトップに世界をもたらします。この機能を使用すると、新しい写真がデスクトップの背景として自動的に表示されます。この機能は、ロック画面にすでに存在しています。この機能をオンにするには、「設定」>「個人用設定」>「背景」>「背景を個人設定」に進み、Windowsスポットライトを選択します。
  • 入力(TextInputHost.exe)アプリが動作しなくなる問題に対応しています。
  • Microsoft Visioの図形の検索に影響するsearchindexer.exeの問題に対応しました。
  • Azure Active Directory (AAD) にサインインするときに、ユーザーがインターネットから切断して強制登録を回避できないようにします。
  • AnyCPU アプリケーションを 32 ビットプロセスとして実行する可能性がある問題に対処します。
  • 複数の部分的な構成を持つ Azure Desired State Configuration (DSC) シナリオが期待どおりに動作しない問題に対処します。
  • Win32_User または Win32_Group WMI クラスへのリモート プロシージャ コール (RPC) に影響する問題に対処します。RPCを実行するドメインメンバーは、プライマリドメインコントローラー(PDC)に連絡します。多くのドメインメンバーで複数のRPCが同時に発生すると、PDCに負担がかかる可能性があります。
  • 一方的な信頼が設定されている信頼済みユーザー、グループ、またはコンピュータを追加するときに発生する問題に対処しました。選択したオブジェクトが宛先ソースの種類と一致しません」というエラーメッセージが表示されます。
  • パフォーマンスモニターツールのパフォーマンスレポートで、アプリケーションカウンターのセクションが表示されないという問題に対処します。
  • 表示モードを変更した後、ディスプレイの輝度を維持できない問題に対処しました。
  • 特定のグラフィックスカードでd3d9.dllを使用する一部のアプリに影響を与え、それらのアプリが予期せず終了する可能性がある問題に対処しています。
  • IEモードのウィンドウフレームに影響する問題に対応しました。
  • グループポリシータイプのテンプレートに影響する問題に対応。
  • インターネットショートカットの更新を妨げる問題に対応。
  • Windowsへのサインインおよびサインアウト時に、一部のユーザーに黒い画面が表示される問題に対応。
  • IMEが前のテキストを変換しているときに文字を入力すると、IMEがその文字を破棄してしまう問題に対応します。
  • Desktop Duplication APIがディスプレイの向きに影響し、画面に黒い画像が表示される問題に対応しました。
  • LowIL(Low Integrity Level)アプリケーションがNULLポートに印刷すると、印刷に失敗する問題に対処しています。
  • サイレント暗号化オプションを使用するとBitLockerが暗号化されないという問題に対処しています。
  • Windows Defender Application Control(WDAC)がオンの状態でスクリプトを実行すると、誤検出を引き起こす問題に対処しました。これにより、AppLockerイベント8029、8028、または8037が、ログに表示されるべきでないときに表示されることがあります。
  • 複数のWDACポリシーを適用したときに発生する問題に対処します。複数のWDACポリシーを適用すると、ポリシーでスクリプトの実行が許可されているときにスクリプトが実行されないことがあります。
  • TPM(Trusted Platform Module)ドライバーに影響し、システムの起動時間を増加させる可能性がある問題に対処します。
  • セッションを終了するときにRemote Desktopクライアントアプリケーションが動作しなくなる可能性がある問題に対処しました。
  • Microsoft Defender Application Guard (MDAG)、Microsoft Office、およびMicrosoft Edgeのマウスカーソルの動作および形状の向きに影響を与える問題に対処しています。この問題は、仮想グラフィック処理ユニット(GPU)をオンにしたときに発生します。
  • タスクバーのウィジェットアイコンにカーソルを置くと、ウィジェットが間違ったモニターに表示される問題に対処しました。
  • ウィジェットアイコンをクリックまたはタップしたときに、タスクバーが左側に配置されている場合は、ウィジェットアイコンにアニメーションを追加します。
  • タスクバーが中央に配置されている場合に、デフォルトのウィジェットアイコンのレンダリングに影響を与える問題に対処しました。
  • タスクバーから検索したときに、特定の結果で「管理者として実行」と「ファイルの場所を開く」オプションが利用できない問題に対応しました。
  • スタートメニューを選択して入力を開始したときに、検索ボックスに自動的にフォーカスが当たらないという問題に対処しました。
  • ディスプレイのdpi(ドットパーインチ)スケーリングが100%以上の場合、検索結果のアプリアイコンが不鮮明になる問題に対応しました。
  • キャッシュマネージャー内の書き込みバッファの計算が正しく行われないため、ファイルのコピーが遅くなる問題に対応しました。
  • Microsoft OneDriveが使用中の場合、ユーザーがサインアウトするとシステムが応答しなくなる可能性がある問題に対処しています。
  • コントロールパネルの[バックアップと復元(Windows 7)]アプリケーションを使用してリカバリディスク(CDまたはDVD)を作成すると、起動しなくなることがある既知の問題に対処しています。この問題は、2022年1月11日以降にリリースされたWindowsの更新プログラムをインストールした後に発生します。
  • 特定のGPUに影響を与え、アプリが予期せず終了したり、Direct3D 9を使用する一部のアプリに影響を与える断続的な問題を引き起こす可能性のある既知の問題に対処しています。また、Windowsログ/アプリケーションのイベントログにエラーが表示され、障害モジュールがd3d9on12.dll、例外コードが0xc0000094になることがあります。

以前の更新プログラムをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがデバイスにダウンロードおよびインストールされます。

 

「KB5014019」の既知の不具合

「KB5014019」には以下の既知の不具合が確認されています。

一部の.NET Framework 3.5アプリで問題が発生する可能性あり

■不具合の内容:
この更新プログラムをインストールすると、一部の .NET Framework 3.5 アプリケーションで問題が発生したり、開くことができなくなる場合があります。影響を受けるアプリは、Windows Communication Foundation (WCF) や Windows Workflow (WWF) コンポーネントなど、.NET Framework 3.5 の特定のオプション コンポーネントが使用されています。

■回避策:
この問題は、Windows の機能で .NET Framework 3.5 および Windows Communication Foundation を再度有効にすることによって軽減できます。手順については、「コントロールパネルで.NET Framework 3.5を有効にする」を参照してください。

上級ユーザーまたはIT管理者は、昇格したコマンドプロンプト(管理者として実行)を使用して、次のコマンドを実行することにより、プログラム的にこの操作を行うことができます。

dism /online /enable-feature /featurename:netfx3 /all
dism /online /enable-feature /featurename:WCF-HTTP-Activation
dism /online /enable-feature /featurename:WCF-NonHTTP-Activation

 

Windows 11:「KB5014019」のインストール方法

Windows 11向けのオプションパッチ「KB5012643」のインストール方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード

 

「Windows Update」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き、最下段の「Windows Update」を開きます。

表示されている「2022-05 x64 ベース システム用 Windows 11 の累積更新プログラム (KB5014019)が利用可能です。」の下にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 11:「KB5014019」のインストール方法

コメント

  1. jan より:

    Windows Updateから表示されている「KB5014019」をインストールしました。ここ最近なんとなく動きがよくないのです。遅いというか。そのこととは関係ないのかもしれませんが、インストールして様子を見ようと思って入れてみました。

    • よっしー より:

      Windowsの動作面は様々な要素が絡んでくるので何が原因かを突き止めるのは難しいですよね。
      こちらも、現状Windows 11は問題ないのですが、Windows 10の方がたまに動作が遅い時があります。
      今回のオプションパッチで直ると良いのですが、、、