【2022年2月】WordpPressのPing/更新情報サービス送信先一覧&SEOで気を付けたいポイントまとめ

スポンサーリンク
wordpress

WordPressには、ブログ記事が更新されたことを人気のある更新情報サービスに自動的に通知する【Ping送信機能(更新情報サービス)】が搭載されています。

この機能を利用することで、通知先からのアクセス増加が期待出来たり、被リンクが増える事での多少のSEO効果などが期待されます。また、新しいブログなどであれば検索エンジンにインデックスされるまでの時間が短縮されるかもしれません。

ただし、昔はPingサービスを多数のサイトが提供していたものの、最近は多くのサイトがサービス停止しています。また、SEO的にも大きな利点はないとも言われており、現状あまり意識はしなくて良いかとも思います。

一応久しぶりに様々なサイトでWordPress向けのPingサービスについて調べてみたところ、結果的にデフォルトの【http://rpc.pingomatic.com/】さえ登録されていれば良いのでは?という結論に至りました。

ただ、サイト登録することで利用可能なPing送信先などもありますので、一応管理人が利用している状況と、現状注意しているSEO対策、およびWordPress向けのおすすめプラグイン情報などをまとめておきます。

スポンサーリンク

WordPressのping送信先設定方法

まず初めに、WordPressのping送信先設定方法をご紹介しておきます。

WordPressの左メニューから【設定→投稿設定→更新情報サービス】と進みます。

WordPressのping送信先設定方法

 

そして、その【更新情報サービス】の枠内に、↓で紹介している【Ping送信先一覧】をコピー&ペーストすればOKです。

WordPressのping送信先設定方法

 

【2022年2月】WordPress向けPing送信先一覧

色々と調べてみましたが、2022年2月現在、殆どのPing送信先がサービス停止していました。

そのため、現在は以下のようにWordPressに最初から登録されているPing送信先だけで良いかなと思います。

http://rpc.pingomatic.com/

英語圏では多くの人が Ping-o-Matic を使用しています。 Ping-o-Matic へひとつの “ping” を送るだけで、他のたくさんの更新情報サービスに更新情報を通知します。

では、なぜこれらのサイトに載せて欲しいのか ? 答えは簡単、トラフィックのため。blogrolling.com や WordPress などのブログロールスクリプトは更新情報サービスをチェックしてブログが更新されたことを知り、その情報を各サイトに載せる。通常はブログロールのリストの一番上に表示するか、リンクに最近更新された旨の印をつける。Technorati のようなサービスはあなたのリンクを調べ、どこにリンクしているのか、どこからリンクされているのかを、ほぼリアルタイムで追跡する。誰かの Technorati のリンクリスト (“egorati search” とよく呼ばれる) にあなたのリンクが表示されると、あなたが何を書いているのか見るためにあなたのサイトを人が訪れるようになり、露出が増える。weblogs.com や blo.gs のようなサイトは最近更新されたブログをリストアップする。たくさんの人が暇なときにこうしたリストを閲覧する。こうしたサービスの多くが ping 受信用の独自のフォームを提供しているが、すべてを追いかけるのは困難だ。

WordPress はデフォルトで Ping-O-Matic (rpc.pingomatic.com) のサーバーを設定しているので簡単です。あとはただ座って Ping-O-Matic に仕事をさせておきましょう !

WordPress公式サイトより引用

 

ただし、一部事前に登録しておけば利用可能なPing送信先は残っています。例えば、ブログランキングの「にほんブログ村」や「人気ブログランキング」などのサイトです。一応自分も昔登録していたので、今回改めてPingを設定し直しておきました。

https://ping.blogmura.com/xmlrpc/サイトから提供されたPING送信情報/
http://blog.with2.net/ping.php/
サイトから提供されたPING送信情報

 

結果的に現在のPing送信先一覧は以下のようになっています。

http://rpc.pingomatic.com/
https://ping.blogmura.com/xmlrpc/サイトから提供されたPING送信情報/
http://blog.with2.net/ping.php/
サイトから提供されたPING送信情報

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

WordPressを利用しているなら「WebSub (FKA. PubSubHubbub)」プラグインは利用した方が良いかも。サイトマップの生成も忘れずに!

上記のPing送信と併せて利用したいのが、この「WebSub (FKA. PubSubHubbub)」というプラグイン。

これはWordPressのページ更新をリアルタイムに近い形でGoogleなどの検索エンジンに通知する仕組み。新規公開記事が即座にインデックスされるだけでなく、盗用された際のデメリット(盗用相手の方が先にインデックスされるとそちらがオリジナルと判断される場合がある)を減らすという意味合いもあります。

現状特にデメリットは無いと言われているので、WordPressで運用しているなら個人的には必携のプラグインだと思います。

 

また、サイトマップも検索エンジンにインデックスされるためには非常に重要です。自分は「Yoast SEO プラグイン」を使っていますが、皆さんもしっかり対策しておいてくださいね。

 

TwitterやFacebookなど、SNSの活用も重要

現状Pingはあまり重要視されている機能とは言えません。

それよりはブログ記事の更新と同時にTwitterやFacebookに投稿した方が、SEOやアクセスアップの観点からも重要になるかと思います。特にバズると大きなアクセスアップやサイトのファンを増やすことにも繋がります。

現在SNSを活用していない方は、これを機に利用してみることを検討してみてくださいね。記事更新時に自動投稿されるように設定しておくと便利ですよ。

コメント

  1. いんく(in9.jp) より:

     Ping送信先 参考に…というか丸パクリさせていただきました。
    ありがとうございました。