Windows 10の使い方:スリープから復帰/解除時にパスワード入力を省略する設定方法

0
2161
Pocket

Windows 10でスリープモードに移行した際、復帰させると通常はパスワードの入力が求められます。これはセキュリティ上は重要な事ですが、家でしかパソコンを使っていない場合はちょっと不便ですよね。

という事で、本日は「Windows 10でスリープから復帰/解除時にパスワード入力を省略する設定方法」を解説してみたいと思います。

- Advertisement -

Windows 10でスリープから復帰/解除時にパスワード入力を省略する設定方法

それでは早速、「Windows 10でスリープから復帰/解除時にパスワード入力を省略する設定方法」を解説していきます。

まずは左下の「スタートボタン」をマウスで「右クリック」し、「コントロールパネル」をクリックします。

Windows 10:コントロールパネルを表示

 

以下の画面が開くので、「ハードウェアとサウンド」をクリック。画面が異なる場合は右上の表示方法から「カテゴリ」を選択してください。

Windows 10でスリープから復帰/解除時にパスワード入力を省略する設定方法

 

次に電源オプション内の「スリープ解除時のパスワードの要求」をクリック。

Windows 10でスリープから復帰/解除時にパスワード入力を省略する設定方法

 

この状態では「スリープ解除時のパスワード保護」の項目が変更できません。そこで「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック。

Windows 10でスリープから復帰/解除時にパスワード入力を省略する設定方法

 

これで「スリープ解除時のパスワード保護」の項目を変更可能になります。
早速「パスワードを必要としない」を選択し、「変更の保存」をクリック。

Windows 10でスリープから復帰/解除時にパスワード入力を省略する設定方法

以上で、Windows 10がスリープモードから復帰した際にパスワードの入力が不要になります。

いつもパスワードの入力が面倒だな~と思っていた方はお試しくださいね。ただし、会社のパソコンや、外出時に使用する場合など、他人が使用する可能性がある環境ではセキュリティ上非推奨です。ご注意ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。