【iOS 7】iphone 5/ 5sで「視差効果を減らす」を設定し、キビキビ動かす方法

2
3004
iOS 7レビュー
Pocket

【iOS 7】採用のiphone 5/ 5sでは、アニメーション効果が前面に押し出され、スムーズな操作をより一層演出してくれています。しかし、その一方で、ふわふわした操作感に違和感を覚えたり、中には”iPhone酔い”で困っている方も少なからずいらっしゃるようです。

Appleもその点を把握してか、最新のiOS 7.0.3で「視差効果を減らす」という設定項目が新設され、アニメーション動作を軽減できるようになりました。

もしも現状、iOS 7のアニメーション動作に不満を持っている方は、ぜひアップデートして「視差効果を減らす」設定をオンにしましょう。

- Advertisement -

【iOS 7】iphone 5/ 5sをiOS 7.0.3にアップデート

まず初めに、iphoneのバージョンをiOS 7.0.3にアップデートする必要があります。

アップデートの確認は、

【設定→一般→ソフトウェアアップデート】

から確認できます。バージョンがiOS 7.0.3以上であれば問題ありません。なお、今回記事を書いている時点で、iOS 7.0.4が配布中でした。アップデートは、下の「ダウンロードしてインストール」をクリックすれば開始されます。

iOS 7.0.4

【iOS 7】iphone 5/ 5sで「視差効果を減らす」設定を行う方法

【iOS 7】iphone 5/ 5sで「視差効果を減らす」を設定すると、過度なアニメーションが抑制され、少しキビキビした操作感になります。まあ、この辺は好みの問題だと思うので、気になる方は一度設定して試してみてくださいね。

「視差効果を減らす」の設定方法は以下。

【設定→一般→アクセシビリティ→視差効果を減らす】

【iOS 7】iphone 5/ 5sで「視覚効果を減らす」設定を行う方法

と進み、この【視差効果を減らす】を【オン】にすれば設定完了です。過度なアニメーションが苦手な方はお試しあれ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

2 コメント

    • ご指摘ありがとうございます!
      その通りで当方の誤字ですね。早速修正させていただきました。
      お忙しい中、わざわざ本当にありがとうございました!

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。