Google ChromeやFirefoxに相次いで脆弱性が発覚。ユーザーは速やかにアップデートを!

Google ChromeやFirefoxに相次いで脆弱性が発覚。ユーザーは速やかにアップデートを!news

Google ChromeやFirefoxを愛用しているPCユーザーも多いと思いますが、年始早々重大な脆弱性の報告が上がってきております。

特に先日煩わしいWebプッシュ通知をデフォルトで拒否するようになった「Firefox 72」にはゼロデイ脆弱性が発覚し、すでに悪用の事実もあるとの事。Google Chromeも4段階で上から2番目に重篤な“High”に分類される脆弱性が報告されているので、現在これらのブラウザを使用中の方は速やかにアップデートしておきましょう。

スポンサーリンク

Google ChromeやFirefoxを手動でアップデート確認する方法

通常、各ブラウザは再起動時などに自動的に最新バージョンへアップデートされますが、念のために手動で更新を確認したい場合は、以下の手順で作業を行ってください。

 

Google Chromeの更新を手動で確認する方法

Google Chromeの更新を手動で確認する方法は以下の通り。

右上の【︙】をクリック→【ヘルプ】をクリック→【Google Chromeについて】をクリック

Google Chromeの更新を手動で確認する方法

 

以下の画面が開くので、再起動の指示があれば【再起動する】をクリックしてGoogle Chromeを再起動させてください。

Google Chromeの更新を手動で確認する方法

 

このように【Google Chrome は最新版です】と表示が出れば問題ありません。なお、管理人が確認した際のバージョンは【バージョン: 79.0.3945.117(Official Build) (64 ビット)】となっていました。

Google Chromeの更新を手動で確認する方法

 

Firefoxの更新を手動で確認する方法

Firefoxの更新を手動で確認する方法は以下の通り。

右上の【≡】をクリック→【ヘルプ】をクリック

Firefoxの更新を手動で確認する方法

 

以下の画面が開いたら【Firefoxについて】をクリック。

Firefoxの更新を手動で確認する方法

 

すると以下の画面が開くので、再起動の指示があれば【再起動して Firefox を更新】をクリックしてFirefoxを再起動させてください。

Firefoxの更新を手動で確認する方法

 

このように【Firefox は最新バージョンです】と表示が出れば問題ありません。なお、管理人が確認した際のバージョンは【72.0.1(64ビット)】となっていました。

Firefoxの更新を手動で確認する方法

 

ブラウザ等が最新バージョンかチェックするなら「MyJVN バージョンチェッカ」の使用がおすすめ!

ブラウザをはじめ、Adobe関連やJavaなどの更新プログラムは随時提供されています。これらの更新の確認には、個人的に「MyJVN バージョンチェッカ」の活用がおすすめ。手軽に更新状況が確認できますよ。月に1度は確認しておくと安心です。

※「MyJVN バージョンチェッカ」でエラーが出る場合は、最新バージョンに更新して再度お試しください。

MyJVN バージョンチェッカ

コメント