Appleがバグを修正した「watchOS 6.2.5」をリリース。新しいプライドウォッチフェイスやスポーツバンドも登場。

Appleがバグを修正した「watchOS 6.2.5」をリリース。新しいプライドウォッチフェイスやスポーツバンドも登場。apple watch

Appleが本日「watchOS 6.2.5」をリリースしました。

watchOS 6.2.5ではバグの修正が行われているとの事。また、「プライド月間」に併せて「新しいApple Watchプライドエディションスポーツバンド」と「新しいApple Watch プライドエディション Nike スポーツバンド」もリリースされています。

新しいApple Watchプライドエディションスポーツバンド

ただし、バンドとのコーディネートにぴったりな「新しいプライドの文字盤」は、近日中にwatchOS 6.2.5.の機能として提供される予定となっているものの、アップデート後に表示されないとの情報もあります。現時点で詳細は不明ですが、該当する場合は一旦iPhoneとApple Watchを再起動して試してみてください。

スポンサーリンク

「watchOS 6.2.5」のアップデート内容

「watchOS 6.2.5」のアップデート内容は以下の通り。


このアップデートには、改善およびバグ修正が含まれています。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトを参照してください:
https://support.apple.com/HT201222


 

これ以外にもAppleのリリースノートによると、今回のアップデートからサウジアラビアにおいて「ECG(心電図)アプリ」が利用可能となったようです。日本でも早く利用可能にしてほしいですが、色々と難しそうですね。

なお、Appleは6月22日に開催されるWWDC20において「watchOS 7」を発表するものと予想されています。

コメント