iOS 13.7 / iPadOS 13.7が配信開始。バグ修正と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用が選択可能に。

iOS 13.7 / iPadOS 13.7が配信開始。バグ修正と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用が選択可能に。ipad

Appleが「iOS 13.7」「iPadOS 13.7」の配信を開始しました。

今回のアップデートでは、Appをダウンロードしなくても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用を選択することができるようになりました。日本ではすでに「COCOA」アプリが配信されていますが、独自のアプリケーションの開発が難しい国などでは有益なアップデートかと思います。

その他バグの修正も含まれていますが、CVE番号ベースの脆弱性修正は無かったようです。なお、現時点で大きな不具合報告は入ってきておりません。

iOS 13.7 / iPadOS 13.7 のアップデート内容

iOS 13.7 / iPadOS 13.7 のアップデート内容は以下の通り。

iOS 13.7では、Appをダウンロードしなくても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用を選択することができます。システムが利用可能かどうかは、お住まいの地域の公衆衛生当局による対応状況によって異なります。このリリースには、iPhoneで発生していたその他のバグの修正も含まれています。

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

iPadOS13.7には、iPadで発生していたバグの修正が含まれます。

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

 

「iOS 13.7」「iPadOS 13.7」へのアップデート前には必ずデータバックアップを取っておきましょう! 

「iOS 13.7」「iPadOS 13.7」へアップデートする場合は、必ず事前にデータのバックアップを取っておきましょう。現時点で大きな不具合報告はありませんが、最悪文鎮化してしまうとデータの復旧が困難になる可能性もあります。アプリなどのデータは勿論ですが、写真や動画などのデータもしっかりパソコンやiCloudなどに保存しておきましょう。

 

「iOS 13.7」「iPadOS 13.7」へのアップデート手順

通常は自動的に最新OSの配信が行われてアップデート通知が届きますが、もしも「iOS 13.7」「iPadOS 13.7」配信開始後すぐにアップデートしたい場合は、手動でアップデートを確認することが出来ます。

方法としては、iTunesを介してパソコン経由でアップデートする方法と、iPhone(iPad)単体でOTA(Over The Air)アップデートする方法があります。どちらでも同様にアップデート出来ますが、個人的にはiTunesを介して有線接続でアップデートする方が安全性が高くおすすめです。

OTAアップデート:設定>一般>ソフトウェア・アップデート

と進み、【ダウンロードとインストール】をタップすればアップデート作業が開始されます。

コメント