Apple Watch Series 3を「watchOS 7」にアップデートした一部端末で再起動やバッテリー持ち悪化などの不具合報告あり

Apple Watch Series 3を「watchOS 7」にアップデートした一部端末で再起動やバッテリー持ち悪化などの不具合報告ありApple Tips

先日配信開始された「watchOS 7」にアップデートした一部のApple Watch Series 3で、端末がランダムに再起動したり、バッテリーの持ちが悪化するなど、複数のバグ報告が入っているようです。

Appleのサポートフォーラムに投稿された内容によると、「watchOS 7」にアップデートしたApple Watch Series 3が、1日に複数回ランダムに再起動して何度もパスコードの入力を求められ、アクティビティに関する空白の統計が表示される不具合に遭遇しているとの事。

他にも、複数の文字盤で天気・アクティビティリング・日付けなどが表示されなくなったとの報告や、バッテリー持ちが悪化した、MacBookのロック解除が出来なくなったなどの不具合報告も上がってきているようです。

現状一度「watchOS 7」にアップグレードすると「watchOS 6」へダウングレードすることは原則不可能なため、現時点でApple Watch Series 3を利用中のユーザーは、もうしばらく「watchOS 7」に更新するのは待った方が良いかもしれません。

Apple Tips apple watch
スポンサーリンク
スポンサーリンク
enjoypclifeをフォローする
enjoypclife.net

コメント