楽天モバイルが「Rakuten UN-LIMIT VII」発表で解約祭り?新プランの概要と0円プラン利用中ユーザーのおすすめ移行先を検証

スポンサーリンク
楽天モバイルが「Rakuten UN-LIMIT VII」発表で解約祭り?新プランの概要と0円プラン利用中ユーザーのおすすめ移行先を検証news

管理人も1年無料期間中は利用していた楽天モバイル。税込3,278円で使い放題、通話し放題(「Rakuten Link」利用)は正直言って魅力的なのですが、メイン回線として検討すると、どうしても回線の弱さが気になるところ。実際楽天のエリア内でもau回線に接続されることも多く、結局無料期間終了と共に解約しました。

そんな中、いつもはあまりアクセスのない「iPhone Tips:楽天モバイルのeSIMを解約する手順解説~解約後のモバイル通信プランの削除方法~」という記事へのアクセスが急増。何事?と思っていると、どうも楽天モバイルが0円プランを無くすことを発表したため、解約しようと思う方がアクセスしてくれているようでした。

ちなみに、今回楽天モバイルが新たに発表した新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」ですが、0~3GBは月額1,078円(税込)、3GB~20GBは月額2,178円(税込)、20GBを超過した場合は月額3,278円(税込)となっています。従来提供している「Rakuten UN-LIMIT VI」では1GBまで0円だったため、通信をあまり使わない方は0円での運用が可能でしたが、7月以降は最低でも1,078円支払うことが必要になってきます。

ただし、既存会員向けの救済策として、8月までは既存プランのまま利用可能、9~10月はポイントにて還元、11月から新プラン完全移行となっています。

という事で、本日は楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VII」プラン変更の概要と、現ユーザー/既存会員向けの救済策(2022年10月までは実質無料)、および現在楽天モバイルを0円運用中のユーザー向けに、おすすめの移行先/代替のMNP先についてまとめておきます。

スポンサーリンク

新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の概要と変更ポイント&特典まとめ

新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の概要と変更ポイント&特典まとめ

新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の概要と変更ポイント&特典についてまとめておきます。

まず「Rakuten UN-LIMIT VII」のプラン概要は以下の通り。引き続きワンプランで、利用料に応じて自動的に価格が変動します。0円無料はなくなるものの、端的に見れば十分安い価格ではあります。

  • 3GB以下:1,078円(月/税込)
  • 3~20GB以下:2178円(月/税込)
  • 20GB超~:3278円(月/税込)
  • 「Rakuten Link」利用なら通話し放題
  • 【オプション】アプリ標準の「電話」アプリで15分かけ放題:1,100円(月/税込)
  • 7/1からメールアドレス提供予定
  • 楽天回線エリア外でのデータチャージ(1GB)
    ■国内:660円(税込)
    ■海外:500円(不課税)

詳細は以下のリンクよりご確認を

LINK:楽天モバイル

 

Rakuten UN-LIMIT VII 特典1:楽天市場での買い物が最大6倍にポイントアップ

Rakuten UN-LIMIT VII 特典1:楽天市場での買い物が最大6倍にポイントアップ

今回基本料無料プランを無くす代わりに楽天モバイルが打ち出した一番の施策が、この楽天市場でのポイント倍率アップです。ダイヤモンド会員なら最大6倍となかなかお得に。

ただし、現在0円運用のユーザーがこのために継続するかと言われると微妙でしょう。
一方、既存の会員で毎月ガッツリ利用しているなら恩恵は意外とあるかもしれません。管理人も楽天モバイルの回線自体が安定するなら正直かなり惹かれます。

 

Rakuten UN-LIMIT VII 特典2:はじめてお申込みで3,000ポイント還元

Rakuten UN-LIMIT VII 特典2:はじめてお申込みで3,000ポイント還元

これは初めてRakuten UN-LIMIT VIIを申込む方向けですが、3,000ポイントの楽天ポイントが還元されるとの事。昔に比べると還元されるポイント量のインパクトが弱くなっている気もしますが、この辺りは今後のキャンペーン次第で変わってくるかもしれません。

 

Rakuten UN-LIMIT VII 特典3:15分通話かけ放題1,100円/月が3ヵ月無料

Rakuten UN-LIMIT VII 特典3:15分通話かけ放題1,100円/月が3ヵ月無料

15分通話かけ放題1,100円/月が3ヵ月無料になる特典も用意されています。ちょっとインパクトは弱いかも?

 

Rakuten UN-LIMIT VII 特典4:楽天グループや動画サービスがお得に

Rakuten UN-LIMIT VII 特典4:楽天グループや動画サービスがお得に

楽天グループの各種サービスが特定期間無料になったり、その後も割引が入ったりします。現在それぞれのサービスを使っているならお得になりますね。

 

既存会員も新プランへ強制移行、一応10月までは実質無料の救済策あり

既存会員も新プランへ強制移行、一応10月までは実質無料の救済策あり

現在「Rakuten UN-LIMIT VI」を0円運用している既存会員向けに救済策も用意されています。期間限定ですが、まず8月までは0円運用が可能、9・10月はポイントで還元されるとのこと。ただし11月以降は新プランでの料金が適用されるので、1GB以下でも1,078円が必要となります。

プラン移行に伴う今後の料金について
・7月1日(金)0:00~8月31日(水)23:59まで、「Rakuten UN-LIMIT VI」のプラン料金でご利用いただけます。
・9月1日(木)0:00~9月30日(金)23:59まで、データ利用量が1GB以下/月だった場合は1,081円相当分(プラン料金980円[税込1,078円] +ユニバーサルサービス料2円+電話リレーサービス料1円)の楽天ポイント還元され、実質「Rakuten UN-LIMIT VI」のプラン料金でご利用いただけます。
・10月1日(土)0:00~10月31日(月)23:59まで、1GB以下/月だった場合は1,080円相当分(プラン料金980円[税込1,078円] +ユニバーサルサービス料2円)の楽天ポイントが還元され、実質「Rakuten UN-LIMIT VI」のプラン料金でご利用いただけます。
・11月1日(火)0:00より、「Rakuten UN-LIMIT VII」のプラン料金が適用されます。

 

楽天モバイルを0円運用している方は、遅くとも8月中に今後も継続するかどうか決断を

という事で、なかなか衝撃の走った楽天モバイルの0円運用中止の方針発表ですが、現在0円運用している方にとっては今後どうするか早めに決断する必要があるでしょう。

現状8月中までは現行プランのままで維持はできるようなので、現在楽天モバイルを0円運用している方は、遅くとも8月中に今後も継続するかどうか決断しておいてください。

ただ、それでも「3GB以下:1,078円(月/税込)」「3~20GB以下:2178円(月/税込)」「20GB超~:3278円(月/税込)」なのは比較的良心的。通話も「Rakuten Link」アプリを使えば引き続き無料。

後は、やはりサービスエリアが広がり、またエリア内でもしっかり通信が途切れないようになれば、メイン回線として利用可能となると思います。ソフトバンクもサービス開始当初は似たような感じだったので、今後数年で楽天モバイルの通信状況が改善されれば、個人的にはメイン回線として検討しようかなと思います。

 

楽天モバイル0円運用中ユーザーの移行先/代替のおすすめMNP先は?povoや日本通信SIMが有力か

楽天モバイル0円運用中ユーザーの移行先/代替のおすすめMNP先ですが、現時点で引き続き0円運用が可能なpovoや、1GBなら月額290円(税込)で運用可能な日本通信SIMが有力かと思います。

日本通信SIM

日本通信SIMだと1GBまでなら月額290円(税込)で利用可能ですが、基本的にデータ量は使った分だけ支払う従量プランの為、あらかじめ上限設定(例:1GBに上限設定)が必要なのと、超過後は低速通信が使えない点は注意が必要。220円/1GBで通信量の追加が可能です。

 

povo 2.0

povoは0円運用が可能なものの、180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがあるとの事なので、定期的に課金が必要な点は注意してくださいね。

コメント