SOUNDPEATS Air3 Pro レビュー:安価ながらANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン!軽量コンパクト&メリハリサウンドでいい感じ!

スポンサーリンク
SOUNDPEATS Air3 Pro レビュー:安価ながらANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン!軽量コンパクト&メリハリサウンドでいい感じ!Amazon

本日は当サイトでいつもお世話になっているSOUNDPEATS様より、最新のANC搭載完全ワイヤレスイヤホン「SOUNDPEATS Air3 Pro」を提供いただきましたのでご紹介したいと思います。

今回の「SOUNDPEATS Air3 Pro」は、記事作成時点で6,480円という比較的安価な価格帯にも関わらず、ANC(アクティブノイズキャンセリング)が搭載されているのが大きな特徴。また、音質面も高音域から低音域までバランスよく出ており、メリハリの効いた元気の良いサウンドが楽しめます。

イヤホン本体自体も非常に軽量かつコンパクトに仕上がっており、手軽にANC搭載の完全ワイヤレスイヤホンを利用したいなら一考の価値はあるでしょう。スペック的にも、Bluetooth 5.2/aptX Adaptive対応(QCC3046)/Qualcomm TrueWireless Mirroring技術採用/Type-C高速充電対応と、個人的には十分な印象。

気になる方はぜひ検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

SOUNDPEATS Air3 Proのパッケージ内容

SOUNDPEATS Air3 Proのパッケージ内容

SOUNDPEATS Air3 Proのパッケージ内容は以下の通り。

  • SOUNDPEATS Air3 Pro イヤホン×2(L/R 1セット)
  • イヤーチップ×3セット(S/M/L:Mは本体にセット済み)
  • 充電ケース×1
  • USB-C充電ケーブル×1
  • 日本語取扱説明書×1

 

SOUNDPEATS Air3 Proの特徴

SOUNDPEATS Air3 Proの特徴

SOUNDPEATS Air3 Proの特徴は以下の通り。

【高水準のANC効果搭載、静寂のリスリング空間へ】
業界高水準のANCイヤホン(売価2万円以上)に相当するANC(アクティブノイズキャンセリング)機能を搭載。通話ノイズキャンセリング技術と異なり、通常使用でも外部のノイズを逆位相の波形でキャンセルして消音し、最大35dB(精密検査による結果)のノイズ低減性能を持ちます。体感できる確かなANC機能は日常生活で外部のノイズを遮断し、出先でも屋内でも没入感の高い快適な環境を作り出します。
※イヤホンを外さず周囲の音を簡単に聞き取れる外音取り込み(ヒアスルー)モードにも対応しています。

【バイオセルロース振動板で音を繊細に再現、音質に妥協なし】
植物由来の繊維から生み出される「バイオセルロース」を採用した振動板を採用。繊細で解像度の高い美しい中高域再生を実現。また、直線性のよいフリーエッジの採用で振幅の大きい低中音域も忠実に再現します。異なる周波数が混ざった音を細かく再現できる12mmダイナミックドライバーにより、質感が自然で透明感がある立体サウンドと抜群なANC効果を両立させ、ハイブランドに迫る音質をお届けします。

【ハイレゾの主流コーデックaptX Adaptive対応】
クアルコム社(Qualcomm aptX)の最新チップセット「QCC3046」を採用。aptX Adaptiveは高音質のaptX HDや低遅延のaptX LLなどを統一化し、アルゴリズムに基づいて自動で動作モードが決定され、低遅延、高ビットレート、低ビットレートモードの判断が使用状況に基づいて自動で行われます。リスニング環境の電波状況やデータ量に応じて転送ビットレートを可変させることで、安定して遅延の少ないオーディオリスニング環境が実現でき、音質と安定性が飛躍的に向上し、高い同期性能と高度な原音再現力を実現します。

【ワイヤレスイヤホン左右独立受信方式の超絶改善】
次世代の左右独立受信方式の幕開けと言えるQualcomm TrueWireless Mirroring技術に対応。ワイヤレスイヤホンとの左右同時接続を実現、独自に無線通信の感度を高めたり、低消費電力・低遅延を実現するべくチューニングを施し、音楽や通話が音途切れせずに楽しめます。更に進化を遂げたBluetooth5.2にも対応。より高速で安定した通信機能を持ち、機器の送受信パワーを最適化し、低消費電力でありながら高品質の音質を伝送できます。

【コンパクトサイズで圧倒的なスタミナで長時間使用可能】
Type-C高速充電に対応。1時間半でフル充電が完了し、イヤホン単体で約5時間、ケースと併用で約17.5時間使用可能。オンラインミーティングや旅行先など、長時間の使用でも充電残量を心配せず使用できます。

【技適認証取得&安心・万全のメーカー12ヶ月保証】
本機は、電波法ならびに電気通信事業法に基づく技術基準に適合しています。また、SOUNDPEATS製品はすべて12ヶ月の正規メーカー保証付きで安心です。

 

SOUNDPEATS Air3 Proの仕様

SOUNDPEATS Air3 Proの仕様

SOUNDPEATS Air3 Proの仕様は以下の通り。

【Bluetooth仕様】

  • Bluetoothバージョン:5.2
  • チップセット:Qualcomm 3046
  • 対応プロファイル:HSP,HFP,A2DP,AVRCP
  • 対応コーデック:aptX-Adaptive,aptX,AAC,SBC
  • 通信範囲:10M

【基本仕様】

  • ドライバー:12mmダイナミックドライバー
  • 通話用内蔵マイク:高感度MEMSマイク*2(片側)
  • 本体寸法(L*W*H):60*24*45 mm(ケース込み)
  • 重さ:約4.5g(イヤホン/片側) 約36.8g(充電ケース+イヤホン両側)
  • 防水規格:IPX4
  • ノイズキャンセリング:ANCノイズキャンセリング/cVc8.0通話ノイズキャンセリング

【バッテリー】

  • バッテリー容量:280mAh(ケース) 40mAh*2(イヤホン)
  • 最大再生時間:
    イヤホン単体:約6時間(ANC OFF) 約5時間(ANC ON)
    ケース併用:約24時間(ANC OFF)約20時間(ANC ON)
  • イヤホン本体 充電時間:1~2時間
  • 充電ポート:USB Type C

 

SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー

SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー

それではここから、「SOUNDPEATS Air3 Pro」の外観レビューをご紹介していきます。

まずイヤーチップはS/M/Lの3種類が付属。デフォルトではMサイズが装着されています。

SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー

 

充電ケースはこんな感じ。かなり細くてコンパクト。持ち運びには良いですが、自立が難しいのはやや微妙かも。

SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー

 

充電ポートはUCB-Cとなっています。

SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー

 

裏面にはリセット用のボタンが配されています。

SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー

 

充電ケースを開けた状態がこちら。イヤホンの電源オンオフはケースの開け閉めで自動的に連動して行われます。初回のスマホとのBluetoothペアリングも、蓋を開けた状態にすると自動的にペアリング待ちになるので、後はスマホのBluetooth設定から「SOUNDPEATS Air3 Pro」を選択して接続するだけです。

SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー

 

続いてイヤホンの外観。最近良くある定番の形で、装着した際のフィッティングも問題なし。若干タッチパネルの反応が良すぎな気はしますが、この辺は好みの問題でしょうか。

SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー

 

イヤーチップを外した状態がこちら。

SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー

 

根元部分にL/R表記があります。

SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー

 

手に持つとサイズ感はこんな感じ。

SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー 

 

イヤホン本体は約4.0gと非常に軽量な仕上がりです。

SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー

 

続いてケース。開けるとこのような感じ。ケースが自立しにくいのはやや難点かもしれません。

SOUNDPEATS Air3 Pro:外観レビュー

 

SOUNDPEATS Air3 Pro:クリアで聴きやすい音質、ノイキャンの効果も実感できる

次に肝心の音質について。

「SOUNDPEATS Air3 Pro」の音質はクリアで癖がなく、メリハリの利いた音質に仕上がっていると思います。

高音域はクリアでハイハットのオープンやクローズも綺麗に聞こえます。低~中音域についても迫力があり、ドラムの音圧、ベース音のウネウネした感じもしっかり再現されています。ボーカルやギターなどの中音域については、かまぼこ型のような大きな主張はないものの、バランスよく聞こえる印象。トータルでは多少ドンシャリ傾向ですが、総じてバランス良く、万人受けする音質に仕上がっている印象です。

なお、ANCのオンオフ(左側イヤホンを1.5秒長押し)で意外と音質が変わります。個人的にはANCオンの方が、音の厚みも出て好みの音質でした。

ノイキャン(ANC)もオンだと雑音は消え、外音取り込み(ヒアスルーモード)だとテレビの音なども聞こえました。高価なヘッドホンに比べるとやや性能が劣るのはしょうがないですが、ANCの効果は実感できるレベルです。

ちなみにイヤホンの装着位置やイヤーピースの選択は音質にも影響します。出来ればいくつかのサイズのイヤーピースを試してみるのがおすすめですし、耳に装着した際にも微調整して最適な音が聞こえる位置を見つけてくださいね。低音の迫力などは装着位置の調整などで意外と変わってきますよ。

 

SOUNDPEATS Air3 Pro:操作方法&iPhoneとのBluetoothペアリング方法解説

「SOUNDPEATS Air3 Pro」の基本的な操作方法とiPhoneとのBluetoothペアリング方法を解説しておきます。

「SOUNDPEATS Air3 Pro」は、音楽の再生・停止・早送り・巻き戻し、受電・着信拒否など、様々な操作をタッチパネルで操作できます。完全ワイヤレスイヤホンを初めて使用する方でも簡単に操作できるでしょう。

■音楽モードの操作方法
電源ON:充電ケースを開けると自動でオン、手動の場合はタッチパネルを1.5秒長押し
電源OFF:充電ケースにイヤホンをセットしてケースの蓋を閉じると自動でオフ
音楽再生/停止:イヤホン(LまたはR)のタッチパネルを2回タッチする
曲送り:イヤホン(R)のタッチパネルを1.5秒長押しする
曲戻し:イヤホン(L)のタッチパネルを1.5秒長押しする

■音量調整
音量を上げる:イヤホン(R)のタッチパネルを1回タッチする
音量を下げる:イヤホン(L)のタッチパネルを1回タッチする

■ハンズフリー機能
電話に出る:タッチパネルを2回タッチする
電話を切る:タッチパネルを2回タッチする
着信拒否:タッチパネルを1.5秒長押しする
音声アシスタントを起動:イヤホン(R)のタッチパネルを3回タッチする

■ゲーミングモードの切り替え(オンオフ)
イヤホン(L)のタッチパネルを3回タッチする

■ANC(ノイキャン)オン/外音取り込み(ヒアスルーモード)/ノーマルモードの切り替え
イヤホン(L)タッチパネルを1.5秒長押しする

■手動ペアリングモード
充電ケース裏側のボタンを3秒間長押し

■「SOUNDPEATS Air3 Pro」の初期化方法
もしも「SOUNDPEATS Air3 Pro」の音が出ない、ペアリングがうまく出来ない場合は、一旦初期化してみましょう。

  1. まずはスマホなどのデバイス側で接続履歴を削除します。
  2. 両方のイヤホンを一旦充電ケースにセットし、充電中状態を確認します。
  3. その後充電ケースを開けた状態でケース裏側のボタンを10秒長押しします。すると充電ケース正面のLEDインジケーターが赤く3回点滅したらリセット完了です。
  4. ケースの蓋を閉じて一定時間経過後、充電ケースの蓋をイヤホンが再起動します。後は初期設定と同じくペアリング作業を行ってください。

 

iPhoneと「SOUNDPEATS Air3 Pro」のBluetooth接続/ペアリング方法解説

iPhoneと「SOUNDPEATS Air3 Pro」のBluetooth接続/ペアリング方法について解説しておきます。

■初めて使う際のペアリング方法

  1. 充電ケースがバッテリー切れでない状態で充電ケースを開けると、イヤホンは自動的にペアリングモード状態になります。
  2. iPhoneのBluetooth接続画面を立ち上げ、接続先リストから“SOUNDPEATS Air3 Pro”をクリックして接続してください。
  3. 以上でiPhoneとのペアリングは完了です。後は音楽を存分に楽しみましょう。

■2回目以降の使用
「SOUNDPEATS Air3 Pro」は、2回目のペアリングから、前にペアリングされた記録に基づいて自動的にペアリングが行われます。iPhoneのBluetooth機能をオンにした状態で充電ケースを開ければ、iPhoneとオートペアリングが行われます。もしオートペアリングができない場合、Bluetooth接続画面から本機の接続先を選択して再度ペアリングしてください。

 

SOUNDPEATS Air3 Pro:レビューまとめ

SOUNDPEATS Air3 Pro:レビューまとめ

ここから「SOUNDPEATS Air3 Pro」のレビューをまとめていきます。

この「SOUNDPEATS Air3 Pro」は、SOUNDPEATS製品の中では上位モデルに位置し、ANC(ノイキャン)機能が搭載されているのが大きな特徴。外出時に雑音が気になる方にはぜひ試してみてほしいと思います。きちんと効果は実感できました。ただし、一応外音取り込み(パススルー)モードもありますが、完全に耳にイヤホンを装着していない状態とは音の聴こえ方は当然ながら異なります。外出時などに外音取り込みモードにしていても過信はしないように注意してください。

そして肝心の音質ですが、迫力ある低音と豊かな中音、クリアな高音がしっかり楽しめます。高音域も耳に刺さるような過度な音は出ておらず、耳触りの良い丁度良いレベル。ハイハットのオープンやクローズなどもしっかり聴き取れます。また、ギターの音色も綺麗ですし、低音域(バスドラやベースなど)もしっかり出ています。全体的に万人受けする丁度良いバランスだと思います。

そしてバッテリー持ちですが、イヤホン単体で6時間、ケース併用で24時間(いずれもANCオフ)となっています。一般的な通勤や通学程度なら特に不満なく使えるレベルでしょう。

なお、スペック面はかなり最新のものがしっかり取り入れられています。Bluetoothは5.2ですし、クアルコム社の音声コーデック「aptX Adaptive」や左右独立受信方式「TrueWireless Mirroring」に対応、ANCも搭載と、この価格帯の製品としてはかなり頑張っているのではないでしょうか。

一方、使ってみて微妙に感じたのはまず最大音量の小ささ。勿論最大音量では大きすぎるのでやや下げてはいますが、現状85-90(100を最大として)ぐらいで聴いています。人によってはやや物足りなく感じるかもしれません。また、充電ケースの縦置きが難しいのは残念ポイント。ここは今後の製品ではデザインを変更した方が良いかもしれません。

そして音質についてですが、価格帯で考えれば十分ですし、音質にこだわりがなければ普通に良い音だと感じられるレベル。しかしながら、数万円のヘッドホンなどと聴き比べると当然ながら質感は劣ります。音質は上を求めだすとキリが無いので、音質マニアの方は理解しておいてくださいね。

【おすすめポイント】
・クリアな高音域と迫力のある低音域。バランスの良い元気なサウンドが楽しめる
・この価格帯でANC(ノイキャン)搭載は珍しい
・コンパクトかつ軽量で長時間装着しても疲れにくい
・Bluetooth 5.2/aptX Adaptive/TrueWireless Mirroring対応
【微妙なポイント】
・ケースの縦置きは難しい(コンパクトなので持ち運びは楽)
・最大音量がやや小さい
・価格帯で考えれば十分なサウンドだが、数万円の製品と比べるのは酷

 

という事で、音質面やスペックでは、価格帯を考えるとなかなか頑張っている印象。特にANC(ノイキャン)を手軽に楽しみたい方には入門用としてもおすすめのイヤホンかと思います。気になる方はぜひ購入を検討してみてくださいね。

コメント