「Windows 10 2004 / 20H2」向けに不具合修正オプションパッチ「KB5000842」が配信開始。必要に応じてインストールを。

スポンサーリンク
「Windows 10 2004 / 20H2」向けに不具合修正オプションパッチ「KB5000842」が配信開始。必要に応じてインストールを。Windows 10

Microsoftが3月29日、「Windows 10 May 2020 Update version 2004」と「Windows 10 October 2020 Update Version 20H2」向けに、新機能追加や各種不具合が修正されたオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB5000842」の配信を開始しました。

「KB5000842」はセキュリティ関係の修正は含まない品質改善の累積更新プログラムでオプションパッチとなっており、インストールは任意です。必要に応じて手動でインストール作業を行ってください。

「KB5000842」では、複数の高 DPI モニターを使用するデバイスで Microsoft Edge IE モードを使用するときに発生するズームに関する問題の修正、ハイ ダイナミック レンジ (HDR) 画面が予想よりも暗く表示される問題への対処、エクスプローラーの検索結果をフィルター処理するときに、何も表示しない、または “コンピューティング フィルター” が無期限に表示される問題への対処、タッチスクリーン デバイスの [閉じる] ボタンを使用し多彩にトースト通知が閉じない問題の修正、OneDrive が同期するファイルまたはフォルダーを削除するとデバイスの動作が停止する問題の修正などが行われています。

また、Windows Latestの記事によると、今回のパッチは「ファイルエクスプローラーのパフォーマンスを改善する最初のパッチ」となる可能性があるとの事。他にも様々な不具合も修正されているので、気になる方はパッチを適用しておきましょう。

スポンサーリンク

「KB5000842」のアップデート内容

「KB5000842」の更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

 

Windows 10、バージョン2004

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の向上が含まれています。主な変更点は以下のとおりです。

  • 複数の高 DPI モニターを使用するデバイスで Microsoft Edge IE モードを使用する場合に発生するズームの問題を解決します。
  • Microsoft Edge IE モードのユーザーに対して、管理者がグループ ポリシーを使用して、Ctrl + S キーを含む拡張キーボード ショートカットを有効にできます。
  • アイコン ファイルの URI にスペースが含まれている場合に、トースト コレクションのアイコンがアクション センターに表示されない問題を修正します。
  • ハイ ダイナミック レンジ (HDR) 画面が予想よりも暗く表示される問題に対応します。
  • 複数のモニターを使用する場合に、ビデオの再生が複製モードで同期を停止する問題を解決します。
  • 互換モードで Microsoft 日本語入力方式エディター (IME) を使用して日本語の文字を入力すると、アプリケーションが動作しなくる問題を修正します。
  • ハイブリッドシャットダウン中にデバイスが応答を停止する可能性がある問題を解決します。
  • 管理設定が理由で、ユーザーがタッチパッドを調整またはオフにできる問題を解決します。
  • FlipEx を使用するとウィンドウ内のコンテンツが頻繁に点滅する、ウィンドウのレンダリングの問題に対応します。
  • 複数平面オーバーレイ (MPO) が使用されている場合にウィンドウ内のコンテンツが頻繁に点滅するウィンドウ レンダリングの問題に対応します。
  • Microsoft Edge のボックス間でフォーカスが変更された後に発生する日本語入力の問題に対応します。
  • エクスプローラーの検索結果をフィルター処理するときに、何も表示しない、または “コンピューティング フィルター” が無期限に表示される問題を修正します。
  • デバイスを縦向きモードに回転すると、タッチ キーボードで分割レイアウトが使用できなくなる問題を修正します。
  • ファミリー セーフティ プランのお子様のアカウントに管理者権限がある場合に、ユーザーに通知します。
  • タッチスクリーン デバイスの [閉じる] ボタンを使用してトースト通知を閉じない問題を解決します。
  • 大量のメモリを消費する原因となる可能性explorer.exe ヒープ リークの問題を解決します。
  • Volgograd、ロシアのタイム ゾーンを UTC+4 から UTC+3 に更新します。
  • 南スーダン共和国の新しいタイム ゾーン (UTC+2:00 Juba) を追加します。
  • Windows イベント ログ転送クライアントの問題を解決します。このクライアントは、プライベート キーのアクセス許可を確認せずに最初に一致する証明書を返します。 この更新プログラムでは、ネットワーク サービスにプライベート キーの読み取りアクセス許可がある場合にのみ、Windows イベント ログ転送クライアントがクライアントの証明書を選択します。
  • システムでトランスクリプションを有効にした場合に、PowerShell ベースのモニターが動作を停止する問題に対応します。
  • クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) ライセンスを使用して Windows をライセンス認証した場合に、BranchCache が動作しない問題を解決します。
  • Windows 10 Home edition デバイスが、Microsoft Intune などのモバイル デバイス管理 (MDM) サービスを使用して Windows 10 Pro Education エディションにアップグレードできない問題を解決します。
  • App-V アプリケーションを開け、エラー メッセージが生成される問題を0xc0000225。
  • デバイスの製造元の名前に予約文字が含まれている場合に、MDM サービスに登録されている一部のコンピューターが同期に失敗する問題を解決します。
  • 構成サービス プロバイダー (CSP) ポリシーを使用して、その他のログオン/ログオフ イベントを監査するカスタム設定を構成する場合の問題を解決します。 カスタム設定は有効にできません。
  • システムに信頼済みプラットフォーム モジュール (TP) が存在しない場合にシステムが動作を停止する問題を解決します。 エラー コードが表示TpmTasks.dll!TrackTPMStateChanges は c00000005 です。
  • AppLocker が有効で、システム がインターネット に接続されていない場合に、appidcertstorecheck.exeの複数のインスタンスがシステムで実行される問題を解決します。
  • Windows Hello for Business が有効になっているときに発生する資格情報ローミングの問題を解決します。
  • パフォーマンス監視ツールが 1 つのインスタンス カウンター オブジェクトのログに記録されたデータを表示するのを防止する問題を解決します。
  • Chromium ベースの Microsoft Edge が動作しない問題を解決します。 この問題は、Microsoft Edge を Microsoft App-V と組み合わせて使用し、フォントが仮想環境内で有効になっている場合に発生します。
  • 黒い画面が表示される問題に対応します。または、ハイブリッド Azure Active Directory に参加しているコンピューターにコンピューターが接続しようとすると、サインインが遅 login.microsoftonline.com。
  • システムの動作を停止する問題を修正し、エラー コードを生成0xC9。
  • 7.1 チャンネルのオーディオ テクノロジの問題に取り組む。
  • RemoteApp を使用するときに Caps Lock が予期せず有効になる問題を修正します。
  • Windows で更新されたプリンター機能を取得して、ユーザーが適切な印刷オプションセットを使用できます。
  • 特定のプリンターで長辺の最初の給紙方向を使用した印刷ジョブの穴のパンチと位置の位置の更新がサポートされます。
  • MSXLM6 を使用して XSLT 変換を実行する際のメモリ使用率が高い問題を解決します。
  • エクスプローラーや他のアプリケーションが数分間応答を停止する可能性がある問題を解決します。 この問題は、クライアントが企業ネットワークに再接続し、マップされたドライブを使用して企業ネットワーク上のファイル共有にアクセスしようとした後に発生します。
  • LanmanServer サービスを再起動した後にサーバー メッセージ ブロック 1 (SMB1) クライアントが SMB 共有にアクセスしきれなそうという問題を解決します。
  • クラスター ネットワーク インターフェイスの動作が短時間停止する可能性がある問題を解決します。 その結果、ネットワーク インターフェイス コントローラー (NIC) は失敗としてマークされます。 ネットワークが再び動作すると、システムが NIC が動作し、NIC が失敗した状態を維持している可能性があります。
  • 別の信頼されたドメインにあるデバイスの既定のユーザー プロファイルを使用して、現在のドメイン内のデバイスにサインインする場合の問題を解決します。 現在のドメインのプロファイル サービスは、信頼されたドメインから既定のユーザー プロファイルを取得して、代わりにローカルの既定のユーザー プロファイルを使用することはできません。
  • OneDrive が同期するファイルまたはフォルダーを削除すると、デバイスが動作を停止する問題を解決します。
  • KB4598291 をインストールした後に OA 3.0 キーを使用して Windows 10 バージョン 2004 のライセンスを Windows でアクティブ化できる問題を修正します。
  • Windows エコシステムの互換性を評価する問題に対応し、Windows のすべての更新プログラムのアプリケーションとデバイスの互換性を確保します。
  • サポートされていませんが、Microsoft Edge レガシ デスクトップ アプリケーションを削除し、新しい Microsoft Edge をインストールします。 詳細については、Microsoft Edge レガシを 4 月の Windows 10 Update Tuesdayリリースに置き換える新しい Microsoft Edge を参照してください。
  • ユーザーがリモート デスクトップ プロトコル (RDP) を使用してデスクトップ エクスペリエンス モードの Windows Server 2019 デバイスに接続できない問題を解決します。
  • エンタープライズ パートナーが Microsoft サポート プログラムと協力してカスタマイズされた緩和策を作成できる問題に対応します。
  • リモート デスクトップ セッションが予期せず終了する問題を解決します。
  • Azure Front Door での HTTP Keep-Alive接続に関する問題を解決します。 接続を開いた状態を維持するための以前の要求と応答を完了すると、Azure Front Door は接続を再利用します。 アイドル タイムアウトの後に、TCP (Transmission Control Protocol) 接続を閉じるというレース状態が発生することがあります。 その結果、サーバー応答が無効な状態でクライアントが失敗する可能性があります。
  • Jet Text インストール可能なインデックス付き順次アクセス方式 (IISAM) 形式を使用する場合に、最大 255 列を指定できない問題を解決します。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

Windows 10、バージョン20H2

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10, バージョン 2004 からのすべての改善が含まれています。
  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

 

「KB5000842」の既知の不具合

「KB5000842」には以下の既知の不具合があります。

■症状:
Microsoft日本語入力方式エディター(IME)を使用して、ふりがな文字の入力を自動的に許可するアプリに漢字を入力すると、正しいふりがな文字が得られない場合があります。ふりがな文字を手動で入力する必要がある場合があります。
※影響を受けるアプリはImmGetCompositionString() 関数を使用してい ます。
■回避策:
現在、解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

■症状:
Windows 10、バージョン 1809 以降の Windows 10 からそれ以降のバージョンの Windows 10 にデバイスをアップデートすると、システム証明書およびユーザー証明書が失われる可能性があります。デバイスが影響を受けるのは、2020 年 9 月 16 日以降にリリースされた最新の累積更新プログラム (LCU) をすでにインストールしており、その後、2020 年 10 月 13 日以降にリリースされた LCU が統合されていないメディアまたはインストール ソースから、それ以降のバージョンの Windows 10 への更新を進めた場合のみです。これは主に、Windows Server Update Services (WSUS) や Microsoft Endpoint Configuration Manager などの更新管理ツールを使用して、管理対象のデバイスが古いバンドルやメディアを使用して更新された場合に発生します。また、最新の更新プログラムが統合されていない古い物理メディアやISOイメージを使用している場合にも発生する可能性があります。
注意:Windows Update for Business を使用しているデバイスや Windows Update に直接接続しているデバイスは影響を受けません。Windows Update に接続しているデバイスは、余分な手順を踏まずに、最新の LCU を含む最新バージョンの機能アップデートを常に受信している必要があります。
■回避策:
すでにお使いのデバイスでこの問題が発生している場合は、こちらの手順を使用して以前のバージョンの Windows に戻ることで、アンインストール ウィンドウ内でこの問題を緩和することができます。アンインストールウィンドウは、お使いの環境の設定やアップデート先のバージョンによっては、10日または30日の日数制限がかかる場合があります。問題が解決した後は、Windows 10のバージョンにアップデートする必要があります。注意 アンインストールウィンドウ内で、DISMコマンド/Set-OSUninstallWindowを使用して、以前のバージョンのWindows 10に戻る必要がある日数を増やすことができます。この変更は、デフォルトのアンインストールウィンドウが終了する前に行う必要があります。詳細については、DISM オペレーティング システムのアンインストール コマンドライン オプションを参照してください。
■修正状況:
解決に向けて作業を進めており、近日中に更新されたバンドルとリフレッシュされたメディアを提供する予定です。

 

■症状:
カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージから作成されたWindowsインストールを持つデバイスでは、この更新プログラムによってMicrosoft Edge Legacyが削除されても、新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合があります。この問題は、カスタムオフラインメディアまたはISOイメージが、2021年3月29日以降にリリースされたスタンドアロンのServicing Stack Update (SSU)を最初にインストールせずに、この更新プログラムをイメージにスリップストリームして作成された場合にのみ発生します。
※Windows Update に直接接続して更新プログラムを受信するデバイスは影響を受けません。これには、Windows Update for Businessを使用しているデバイスも含まれます。Windows Update に接続しているデバイスは、特別な手順を踏まなくても、常に最新版の Servicing Stack Update (SSU) および最新の累積的な更新プログラム (LCU) を受け取ることができます。
■回避策:
影響を受けるカスタムメディアを使用してOSをインストールすることで既にこの問題が発生している場合は、ここから新しいMicrosoft Edgeを直接インストールすることで、この問題を軽減することができます。新しい Microsoft Edge for business を広範囲に展開する必要がある場合は、「Microsoft Edge for business のダウンロードと展開」を参照してください。
■解決方法
この問題は解決されました。この問題を回避するには、最新の累積更新プログラム (LCU) をスリップストリームする前に、まず 2021 年 3 月 29 日以降にリリースされた Servicing Stack Update (SSU) をカスタムオフラインメディアまたは ISO イメージにスリップストリームしてください。現在、Windows 10, version 20H2およびWindows 10, version 2004で使用されているSSUとLCUの統合パッケージでこれを行うには、統合パッケージからSSUを抽出する必要があります。以下の手順でSSUを抽出してください。
1.次のコマンドラインを使用して、msuからcabを抽出します(例としてKB5000842のパッケージを使用):expand Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <destination path>
2.次のコマンドラインを使用して、先に抽出したcabからSSUを抽出します:expand Windows10.0-KB5000842-x64.cab /f:* <destination path>
3.この例では、SSU-19041.903-x64.cabという名前のSSU cabができあがります。このファイルをまずオフラインイメージにスリップストリームし、次にLCUを作成します。

 

Windows 10 2004 / 20H2:「KB5000842」の適用方法

Windows 10 2004 / 20H2向けのオプションパッチ「「KB5000842」の適用方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き「更新とセキュリティ」を開きます。

その後「Windows Update」を開き、【オプションの更新プログラムを表示があります】の項目にある「2020-09×64ベース システム用 Windows 10 Version 2004 の累積更新プログラム(KB5000842)」の下部にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 10 2004 / 20H2:「KB5000842」の適用方法

コメント

  1. jan より:

    KB5000842 をインストールしました。今のところは不具合はありませんが、何か出てきたら、こちらでご報告します。