Windows 10 May 2021 Update 21H1:不具合情報まとめ

スポンサーリンク
Windows 10 May 2021 Update 21H1:不具合情報まとめMicrosoft Tips

「Windows 10 May 2021 Update 21H1」に関する既知の不具合情報をまとめています。アップデート時の参考にどうぞ。

基本的に「Windows 10 May 2021 Update 21H1」は、現在使用中のWindows 10 PCとの相性問題などがないことが確認され次第、順次配信(ロールアウト)される形となっていますが、もしも手動で更新するつもりのユーザーは十分ご注意ください。

※2021年11月4日現在の情報です。
※最新の「Windows 10 May 2021 Update 21H1」に関する不具合情報は以下のMicrosoft公式ページでご確認ください。
※不具合に遭遇した場合はコメント等で教えていただけると幸いです。

スポンサーリンク
目次
  1. Windows 10 May 2021 Update 21H1:既知の不具合情報
    1. プリントサーバで共有されているプリンタへの接続でエラーが発生することがある
  2. Windows 10 May 2021 Update 21H1:解決済みの不具合情報
    1. IPP(Internet Printing Protocol)を使用したプリンターのインストールが成功しない場合がある。
    2. リモートデスクトップを使用して接続しようとすると、スマートカード認証に失敗することがある
    3. 印刷しようとすると、管理者権限を要求するメッセージが表示される
    4. カスタム印刷のプロパティがプリントサーバーのクライアントに正しく提供されない場合がある。
    5. 一部のネットワーク接続でプリンタのインストールに失敗することがある
    6. アプリが開かなくなったり、突然終了したり、反応しなくなることがある
    7. アプリが印刷しようとするたびに管理者認証が必要になる
    8. スマートカード認証を使用している機器で、印刷やスキャンに失敗することがある
    9. 一部のプリンタで印刷ができない
    10. Internet Explorer 11およびWebBrowserコントロールを使用するアプリで、PDFを開けない場合がある。
    11. Windowsのタスクバーにある「ニュースと関心事項」ボタンの文字がぼやけることがある
    12. アプリがリモートデバイスのイベントログにアクセスできない場合がある
    13. 特定の設定で5.1オーディオを使用した場合、高音のノイズが聞こえることがある
    14. Microsoft日本語入力方法エディタ(IME)でふりがなの自動入力が期待どおりに機能しない場合がある

Windows 10 May 2021 Update 21H1:既知の不具合情報

「Windows 10 May 2021 Update 21H1」における既知の不具合情報は以下の通りです

プリントサーバで共有されているプリンタへの接続でエラーが発生することがある

■ステータス:軽減(開設日: 2021-10-29, 11:15 PT / 最終更新日 2021-10-29, 16:01 PT)

■不具合の内容:
KB5006674をインストールすると、WindowsプリントクライアントがWindowsプリントサーバーで共有されているリモートプリンターに接続する際に、以下のエラーが発生することがあります。

  • 0x000006e4 (RPC_S_CANNOT_SUPPORT)
  • 0x0000007c (ERROR_INVALID_LEVEL)
  • 0x00000709 (ERROR_INVALID_PRINTER_NAME)
注意:この問題で説明されているプリンター接続の問題は、プリントサーバーに特有のものであり、家庭用の機器ではあまり見られません。この問題が発生する印刷環境は、企業や組織でよく見られます。

■回避方法:
以下の前提条件を満たすプリントサーバーでは、この問題を回避するための対策を講じることができます。

  • プリントクライアントは、プリントサーバーがKB5006674をインストールする前に、2021年1月以降にリリースされたWindowsの更新プログラムをインストールしている必要があります。

ネットワークセキュリティとVPNソリューションによって、プリントクライアントが以下のポート範囲でプリントサーバーへのRPC over TCP接続を確立できることを確認します。

  • デフォルトの開始ポート:49152
  • デフォルトの終了ポート:65535
  • ポート範囲:16384ポート

詳細は以下の記事を参照してください。

また、印刷ジョブにクライアント側のレンダリングを使用することもメリットがあります。[クライアントコンピューターで印刷ジョブをレンダリングする]オプションは、プリンターのデバイスのプロパティから利用できます。プリントサーバーでそのチェックボックスを選択することをお勧めします。クライアントにサーバー設定の有効化を妨げる上書きがある場合、この手順は役に立ちません。

■影響を受けるプラットフォーム
Client: Windows 11, version 21H2; Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004; Windows 10, version 1909; Windows 10, version 1809; Windows 10 Enterprise LTSC 2019; Windows 10 Enterprise LTSC 2016; Windows 10, version 1607; Windows 10 Enterprise 2015 LTSB; Windows 8.1; Windows 7 SP1
Server: Windows Server 2022; Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004; Windows Server, version 1909; Windows Server, version 1809; Windows Server 2019; Windows Server 2016; Windows Server 2012 R2; Windows Server 2012; Windows Server 2008 R2 SP1; Windows Server 2008 SP2

■対応状況:
マイクロソフト社は、プリントクライアントがRPC over SMBを使用してプリントサーバーへのRPCパケットプライバシー接続を確立できるようにするための解決策を検討しています。詳細がわかりしだい、アップデートを提供します。

 

Windows 10 May 2021 Update 21H1:解決済みの不具合情報

「Windows 10 May 2021 Update 21H1」において、解決済みの不具合情報は以下の通りです。

IPP(Internet Printing Protocol)を使用したプリンターのインストールが成功しない場合がある。

■ステータス:確認済み(開設日:2021-10-13, 12:32 PT / 最終更新日:2021-10-26, 10:00 PT)

■不具合の内容:
KB5005565をインストールすると、IPP(Internet Printing Protocol)を使用するプリンターのインストールが正常に完了しない場合があります。KB5005565をインストールする前にプリンタに接続してインストールしていたデバイスは影響を受けず、そのプリンタへの印刷操作は通常通り成功します。

注意:IPPは、家庭用に設計された機器ではあまり使用されていません。この問題で影響を受ける印刷環境は、企業や組織でより一般的に見られます。

■影響を受けるプラットフォーム

  • Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004; Windows 10, version 1809; Windows 11, version 21H2; Windows 10, version 1909
  • Server: Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004; Windows Server, version 1809; Windows Server 2022; Windows Server, version 1909

■対応状況:
この問題は KB5006738 で解決されています。

 

リモートデスクトップを使用して接続しようとすると、スマートカード認証に失敗することがある

■ステータス:解決済み(最終更新日:2021-10-15, 17:20 PT / 開設日:2021-10-15, 17:20 PT)

■不具合の内容:
KB5005611以降のアップデートをインストールした後、信頼できないドメインのデバイスにリモートデスクトップを使用して接続する場合、スマートカード認証を使用すると接続が失敗することがあります。その際、「あなたの認証情報は機能しませんでした」というプロンプトが表示されることがあります。デバイス名]への接続に使用された認証情報は機能しませんでした。新しい認証情報を入力してください」と表示され、「ログイン試行が失敗しました」と赤字で表示されます。

■影響を受けるプラットフォーム

  • Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004
  • Server: Windows Server 2022; Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004

■対処状況:
この問題は、KIR (Known Issue Rollback) を使用して解決されます。この解決策がコンシューマーデバイスおよび管理対象外のビジネスデバイスに自動的に伝搬するまでに、最大で24時間かかることがありますのでご注意ください。Windows デバイスを再起動すると、解決策がより早くデバイスに適用される場合があります。影響を受ける更新プログラムをインストールしてこの問題が発生した企業の管理対象デバイスについては、以下のリンク先にある特別なグループポリシーをインストールして設定することで解決できます。注意 グループポリシーを設定した後は、デバイスを再起動する必要があります。詳細については、「グループポリシーを使用して既知の問題のロールバックを展開する方法」を参照してください。グループポリシーの使用に関する一般的な情報については、「グループポリシーの概要」を参照してください。

グループポリシーのインストールファイル

重要:使用しているWindowsのバージョンに適したグループポリシーを使用していることを確認してください。

 

印刷しようとすると、管理者権限を要求するメッセージが表示される

■ステータス:解決済み(最終更新日:2021-10-12, 10:00 PT / 開設日:2021-10-15, 17:21 PT)

■不具合の内容:
KB5005565以降のアップデートをインストールした後、プリントサーバーとプリントクライアントが異なるタイムゾーンにある環境で印刷しようとすると、毎回管理者資格情報を求めるプロンプトが表示される場合があります。

注意:この問題で説明されている環境は、家庭用の機器では一般的ではありません。この問題が発生する印刷環境は、企業や組織でよく見られます。

■影響を受けるプラットフォーム

  • Client: Windows 11, version 21H2; Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004; Windows 10, version 1909; Windows 10, version 1809; Windows 10 Enterprise LTSC 2019; Windows 10 Enterprise LTSC 2016; Windows 10, version 1607; Windows 10 Enterprise 2015 LTSB; Windows 8.1; Windows 7 SP1
  • Server: Windows Server 2022; Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004; Windows Server, version 1909; Windows Server, version 1809; Windows Server 2019; Windows Server 2016; Windows Server 2012 R2; Windows Server 2012; Windows Server 2008 R2 SP1; Windows Server 2008 SP2

■対処状況:
この問題は KB5006670 で解決されました。KB5006670をインストールした後も、印刷するたびにプロンプトが表示される場合は、KB5005652-Manage new Point and Print default driver installation behavior (CVE-2021-34481)の「よくある質問」のQ1を参照してください。

 

カスタム印刷のプロパティがプリントサーバーのクライアントに正しく提供されない場合がある。

■ステータス:解決済み(最終更新日:2021-10-12, 10:00 PT / 開設日:2021-10-13, 12:28 PT)

■不具合の内容:
プリントサーバーにKB5005611をインストールすると、そのサーバーで定義された印刷プロパティがクライアントに正しく提供されない場合があります。なお、この問題はプリントサーバーに特有のもので、標準的なネットワーク印刷には影響しません。この問題により印刷操作ができなくなることはありませんが、サーバーで定義されたカスタム設定(両面印刷設定など)が自動的に適用されず、クライアントはデフォルト設定のみで印刷されます。

この問題は、プリンタのプロパティを含むデータファイルの構築が不適切なために発生します。このデータファイルを受け取ったクライアントは、ファイルの内容を使用することができず、デフォルトの印刷設定で印刷を行います。KB5005611をインストールする前に設定パッケージを受け取っているクライアントには影響はありません。また、デフォルトの印刷設定を使用し、クライアントに提供するカスタム設定がないサーバーも影響を受けません。

注意:この問題で説明されている環境は、家庭用の機器では一般的ではありません。この問題が発生する印刷環境は、企業や組織でよく見られます。

■影響を受けるプラットフォーム

  • Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004; Windows 10, version 1909; Windows 10, version 1809; Windows 10, version 1607; Windows 10 Enterprise 2015 LTSB; Windows 8.1; Windows 7 SP1; Windows 11, version 21H2
  • Server: Windows Server 2022; Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004; Windows Server, version 1909; Windows Server, version 1809; Windows Server 2016; Windows Server 2012; Windows Server 2008 SP2

■回避策:
管理者権限を持つIT管理者は、パッケージ化されたドライバーを既知の正常なパッケージの場所からコピーするなど、別の方法でクライアントにプリンタードライバーをインストールすることができます。また、クライアントを手動で修正して、必要なプリンタ設定を採用することもできます。

■対処状況:
この問題は KB5006670 で解決されました。

 

一部のネットワーク接続でプリンタのインストールに失敗することがある

■ステータス:解決済み(開設日:2021-10-13, 12:26 PT / 最終更新日:2021-09-30, 14:00 PT)

■不具合の内容:
KB5005565をインストールした後、初めてネットワークプリンターに接続しようとしたデバイスが、必要なプリンタードライバーのダウンロードとインストールに失敗することがあります。KB5005565をインストールする前にプリンタに接続してインストールしていたデバイスは影響を受けず、そのプリンタに対する操作は通常通り成功します。

この問題は、プリントサーバーを経由してHTTP接続でプリンターにアクセスする機器で確認されています。クライアントがプリンターをインストールするためにサーバーに接続すると、ディレクトリの不一致が発生し、インストーラーファイルが正しく生成されないことがあります。その結果、ドライバーがダウンロードできない場合があります。

注意:この問題で説明されているプリンタの接続方法は、家庭用に設計された機器ではあまり使用されていません。この問題の影響を受ける印刷環境は、企業や組織でよく見られます。

■影響を受けるプラットフォーム

  • Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004; Windows 10, version 1909; Windows 10, version 1809; Windows 10, version 1607; Windows 10 Enterprise 2015 LTSB; Windows 8.1; Windows 7 SP1; Windows 11, version 21H2
  • Server: Windows Server 2022; Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004; Windows Server, version 1909; Windows Server, version 1809; Windows Server 2016; Windows Server 2012; Windows Server 2008 SP2

■回避策:
管理者権限を持つIT管理者は、パッケージ化されたドライバーを既知の安全なパッケージの場所からコピーするなど、別の方法でクライアントにプリンタードライバーをインストールすることができます。この問題の影響を受けるのは自動ダウンロードおよび自動インストールのプロセスのみです。

■対応状況:
この問題は KB5005611 で解決されました。

 

アプリが開かなくなったり、突然終了したり、反応しなくなることがある

■ステータス:解決済み(開設日:2021-09-24, 11:00 PT / 最終更新日:2021-10-12, 10:00 PT)

■不具合の内容:
Microsoft Exploit Protection Export Address Filtering (EAF) を使用しているデバイスに KB5005101 またはそれ以降の更新プログラムをインストールした後、一部のアプリケーションで問題が発生する場合があります。この問題は、アプリケーションが開かない、ファイルを開けない、またはログインしようとすると白いウィンドウが表示される場合に発生する可能性があります。

■影響を受けるプラットフォーム

  • Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004; Windows 10, version 1909; Windows 10, version 1809; Windows 10 Enterprise LTSC 2019
    Server: Windows Server 2022; Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004; Windows Server, version 1909; Windows Server, version 1809; Windows Server 2019

■対応状況:
この問題は、2021年10月12日にリリースされたKB5006670で解決されました。2021年10月12日にリリースされた更新プログラム ( KB5006670 ) 以降をインストールする場合は、この問題を解決するために既知の問題のロールバック (KIR) や特別なグループポリシーを使用する必要はありません。2021年10月12日以前にリリースされた更新プログラムを使用している場合は、KIRを使用してこの問題を解決することができます。Windows デバイスを再起動すると、解決策がより早くデバイスに適用される可能性があります。影響を受ける更新プログラムをインストールしてこの問題が発生した企業の管理下にあるデバイスでは、使用しているWindowsのバージョンに応じて、特別なグループポリシー(推奨)をインストールして設定するか、レジストリキーを設定することで解決できます。

重要:使用しているWindowsのバージョンに応じて、正しいグループポリシーまたはレジストリキーを使用していることを確認してください。

詳細は以下のページでご確認ください。

 

アプリが印刷しようとするたびに管理者認証が必要になる

■ステータス:解決済み(開設日:2021-09-16, 18:11 PT / 最終更新日:2021-09-16, 18:23 PT)

■不具合の内容:
KB5005033 またはそれ以降の更新プログラムをインストールすると、ポイント&プリントを使用している一部の環境で、アプリがプリントサーバーに印刷しようとしたり、プリントクライアントがプリントサーバーに接続したりするたびに、「このプリンターを信頼しますか」というプロンプトが表示され、管理者の認証情報のインストールが必要になることがあります。これは、プリントクライアントとプリントサーバーのプリントドライバが同じファイル名を使用しているにもかかわらず、サーバーの方が新しいバージョンのファイルを持っているために起こります。プリントクライアントがプリントサーバに接続すると、より新しいドライバファイルが見つかり、プリントクライアントのドライバを更新するよう促されますが、インストール用に提供されるパッケージ内のファイルには、より新しいバージョンのファイルが含まれていません。

■影響を受けるプラットフォーム

  • Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004; Windows 10, version 1909; Windows 10, version 1809; Windows 10, version 1607; Windows 10 Enterprise 2015 LTSB; Windows 8.1; Windows 7 SP1; Windows 11, version 21H2
  • Server: Windows Server 2022; Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004; Windows Server, version 1909; Windows Server, version 1809; Windows Server 2016; Windows Server 2012; Windows Server 2008 SP2

■回避策:
すべての印刷デバイスに最新のドライバを使用していることを確認し、可能であればプリントクライアントとプリントサーバで同じバージョンのプリントドライバを使用します。

■対応状況:
この問題は、お使いの環境のプリントドライバーを調整することで外部から解決されます。お使いの環境でドライバーを更新しても問題が解決しない場合は、プリンターメーカー(OEM)のサポートにお問い合わせください。詳しくは、KB5005652の「よくある質問」のQ1/A1をご覧ください。

 

スマートカード認証を使用している機器で、印刷やスキャンに失敗することがある

■ステータス:解決済み(開設日:2021-07-23, 14:36 PT / 最終更新日:2021-08-03, 10:36 PT)

■不具合の内容:
2021年7月13日にリリースされたアップデートを環境内のドメインコントローラー(DC)にインストールすると、RFC 4556仕様のセクション3.2.1に準拠していないプリンター、スキャナー、複合機が、スマートカード(PIV)認証を使用する際に印刷に失敗する場合があります。

■影響を受けるプラットフォーム

  • Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004; Windows 10, version 1909; Windows 10, version 1809; Windows 10 Enterprise LTSC 2019; Windows 10 Enterprise LTSC 2016; Windows 10, version 1607; Windows 10 Enterprise 2015 LTSB; Windows 8.1; Windows 7 SP1
  • Server: Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004; Windows Server, version 1909; Windows Server, version 1809; Windows Server 2019; Windows Server 2016; Windows Server 2012 R2; Windows Server 2012; Windows Server 2008 R2 SP1; Windows Server 2008 SP2

■対応状況:
一時的な緩和策を用意しました。詳細については、KB5005408 – スマートカード認証で印刷やスキャンに失敗することがあるを参照してください。

 

一部のプリンタで印刷ができない

■ステータス:解決済み(開設日:2021-07-08, 16:40 PT / 最終更新日:2021-07-13, 10:00 PT)

■不具合の内容:
KB5003690 またはそれ以降の更新プログラム (バンド外の更新プログラム、KB5004760 および KB5004945 を含む) をインストールした後、特定のプリンターへの印刷に問題が発生する場合があります。主にUSB接続のレシートプリンタやラベルプリンタなど、さまざまなブランドやモデルが影響を受けます。

注意:この問題は、CVE-2021-34527およびCVE-2021-1675とは関係ありません。

■影響を受けるプラットフォーム

  • Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004
  • Server: Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004

■対応状況:
この問題は、2021年7月13日にリリースされたKB5004237で解決されました。2021年7月13日以前にリリースされた更新プログラムを使用している場合は、既知の問題のロールバック(KIR)を使用してこの問題を解決できます。なお、解決策がコンシューマーデバイスや非管理対象のビジネスデバイスに自動的に伝搬するまでに、最大で24時間かかることがあります。Windows デバイスを再起動すると、解決策が早く適用される場合があります。影響を受ける更新プログラムをインストールしてこの問題が発生した企業の管理対象デバイスでは、特別なグループポリシーをインストールして構成することで解決できます。注意 特別なグループポリシーを設定した後は、デバイスを再起動する必要があります。詳細については、「グループポリシーを使用して既知の問題のロールバックを展開する方法」を参照してください。グループポリシーの使用に関する一般的な情報については、「グループポリシーの概要」を参照してください。

重要:2021年7月13日にリリースされた更新プログラム(KB5004237)以降をインストールした場合は、この問題を解決するために既知の問題のロールバック(KIR)や特別なグループポリシーを使用する必要はありません。

 

Internet Explorer 11およびWebBrowserコントロールを使用するアプリで、PDFを開けない場合がある。

■ステータス:解決済み(開設日:2021-06-25, 12:53 PT / 最終更新日:2021-06-29, 10:00 PT)

■不具合の内容:
KB5003637 またはそれ以降のアップデートをインストールすると、Internet Explorer 11 (IE11) または 64 ビット版の WebBrowser コントロールを使用するアプリで、PDF を開くことができなかったり、Adobe Acrobat プラグインを使用しても灰色の背景だけになることがあります。注: Internet Explorer は、インターネット オプションの [詳細] タブで [拡張保護モードの 64 ビット プロセスを有効にする] が有効になっている場合にのみ影響を受けます。

■影響を受けるプラットフォーム

  • Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004
  • Server: Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004

■回避策:
この問題を軽減するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • PDFファイルを、IE11や対象アプリではなく、Adobe Acrobatで直接開く。
  • IE11の場合のみ:インターネット オプションの [詳細設定] タブにある [拡張保護モードの 64 ビット プロセスを有効にする] という設定を無効にする。

■対応状況:
この問題は、帯域外の更新プログラム KB5004760 で解決されました。この更新プログラムは累積的な更新であるため、この更新プログラムをインストールする前に以前の更新プログラムを適用する必要はありません。KB5004760 は Microsoft Update Catalog で公開されており、手動でダウンロードしてインストールする必要があります。この更新プログラムは、Windows Server Update Services(WSUS)に手動でインポートすることができます。手順については、Microsoft Update Catalogを参照してください。

 

Windowsのタスクバーにある「ニュースと関心事項」ボタンの文字がぼやけることがある

■ステータス:解決済み(最終更新日:2021-06-14, 17:57 PT/開設日:2021-06-21, 14:00 PT)

■不具合の内容:
KB5001391 以降の更新プログラムをインストールすると、特定のディスプレイ構成で、Windows タスクバーの「ニュースと関心事項」ボタンの文字がぼやけることがあります。

■影響を受けるプラットフォーム
Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004; Windows 10, version 1909

■対処状況:
この問題は KB5003690 で解決されました。

 

アプリがリモートデバイスのイベントログにアクセスできない場合がある

■ステータス:解決済み(最終更新日:2021-06-08, 10:00 PT / 開設日:2021-06-07, 16:10 PT)

■不具合の内容:
KB5003637以降のアップデートをインストールすると、リモートデバイスのイベントログにアクセスするアプリが接続できなくなることがあります。この問題は、ローカルまたはリモートで、2021年6月8日以降にリリースされたアップデートをまだインストールしていない場合に発生する可能性があります。影響を受けるアプリは、特定のレガシーイベントログAPIを使用しています。接続しようとすると、たとえば次のようなエラーが発生することがあります。

  • error 5: access is denied
  • error 1764: The requested operation is not supported.
  • System.InvalidOperationException,Microsoft.PowerShell.Commands.GetEventLogCommand
  • Windows has not provided an error code.

※注意:イベントビューアーや、イベントログにアクセスするために現在の非レガシーAPIを使用している他のアプリには影響がありません。

■影響を受けるプラットフォーム

  • Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004; Windows 10, version 1909; Windows 10, version 1809; Windows 10 Enterprise LTSC 2019; Windows 10 Enterprise LTSC 2016; Windows 10 Enterprise 2015 LTSB; Windows 8.1; Windows 7 SP1
  • Server: Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004; Windows Server, version 1909; Windows Server, version 1809; Windows Server 2019; Windows Server 2016; Windows Server 2012 R2; Windows Server 2012; Windows Server 2008 R2 SP1; Windows Server 2008 SP2

■解決方法:
これは、CVE-2021-31958 に対する Event Tracing for Windows (ETW) に関連するセキュリティ強化の変更によるものと予想されます。この問題は、ローカルデバイスとリモートデバイスの両方にKB5003637がインストールされていれば解決されます。

 

特定の設定で5.1オーディオを使用した場合、高音のノイズが聞こえることがある

■ステータス:解決済み(最終更新日:2021-06-21, 14:00 PT / 開設日:2021-05-13, 19:35 PT)

■不具合の内容:
インストール後またはそれ以降のアップデートにより、特定のオーディオデバイスやWindowsの設定を使用している場合、一部のアプリで5.1ドルビーデジタルオーディオが高音のノイズやきしみ音を含んで再生されることがあります。
注意:この問題は、ステレオを使用している場合には発生しません。

■影響を受けるプラットフォーム:
Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004

■回避策:
この問題を軽減するには、以下のいずれかまたは複数をお試しください。

  • ビデオやオーディオを、この問題が発生するアプリではなく、Webブラウザーや別のアプリでストリーミングする。
  • 通知領域の音量アイコンを右クリックまたは長押しして、「空間音(オフ)」を選択し、利用可能なオプションのいずれかを選択する。

■対処状況:
この問題は KB5003690 で解決されました。

 

Microsoft日本語入力方法エディタ(IME)でふりがなの自動入力が期待どおりに機能しない場合がある

■ステータス:解決済み(最終更新日:2021-09-01, 14:00 PT / 開設日:2020-12-03, 12:29 PT)

■不具合の内容:
ふりがな入力を自動で許可しているアプリで、Microsoft日本語入力方法エディタ(IME)を使って漢字を入力すると、正しいふりがなが出てこず、手入力が必要になる場合があります。
※開発者の方への注意:影響を受けるアプリは ImmGetCompositionString 関数を使用しています。

■影響を受けるプラットフォーム:
Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004
Server: Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004

■回避策:
この問題を軽減するには、「以前のバージョンのIME(入力方式エディター)に戻す」の手順に従ってください。

■対処状況:
この問題は KB5005101 で解決されました。上記の緩和策を使用した場合は、IMEを最新のMicrosoft日本語IMEに戻す必要があります。

コメント