Apple Watch めっちゃ欲しいけど、どのモデルにするか悩む!Watch Sportは廉価版?Editionは無理!各モデルのスペックや特徴の違いをまとめてみた!

0
4481
Apple Watch
Pocket

ついに!Appleファン待望のApple Watchに関する発売日と予約開始日、そして価格の詳細が判明しました!日本では発売が遅れるかも?なんて噂もありましたが、それは杞憂に終わり、無事最初の第一次発売国に入った模様。予約開始日が4/10で発売日が4/24とのことです。

Apple Watchは、Watch、Sport、Editionの3タイプ。それぞれ特徴的ですが、価格は思ったよりも少しお高め。管理人も購入を前向きに検討しているんだけど、どのモデルにするか悩み中。

という事で、管理人が現在買おうと思っているApple Watchのモデルごとのスペックや特徴の違いを簡単にまとめて比較してみました。管理人同様、これから購入を検討している人の参考になれば幸いです。

- Advertisement -

Apple Watchは日本で4月10日予約開始、4月24日発売!

Apple Watchは日本で4月10日予約開始、4月24日発売だそうです。

事前にApple Watchの紹介ページはアップされていたのですが、今回のイベントで、より具体的な性能や価格などの詳細が判明。

Apple Watchは3モデルあり、Watch、Sport、Editionに分かれます。価格はまあこんなものかなあとは思うけど、Watch Sport の38mmが4万2800円(税別)~、Apple Watch が38mmで6万6800円(税別)~、Watch Edition にいたっては、38mmで驚愕の128万円(税別)!から!車買えるやん!

各モデル、コーティングやディスプレイが主な違いで、性能はそんなに差が無いみたい。ただ、少し残念なのがどのモデルも“完全防水ではない”という点。公式サイトに以下の記述があるのですが、少し心もとない感じです(´・ω・`)

Apple Watchは防沫性能と耐水性能を備えていますが、防水性能はありません。例えば、エクササイズ中、雨の中、手を洗う時に Apple Watchを着用および使用できますが、Apple Watchを水に浸すことは推奨しません。Apple WatchにはIEC規格 60529にもとづくIPX7等級の耐水性能があります。レザーバンドは耐水性ではありません。

バッテリーの駆動時間は“最大18時間”とあります。通常使用なら問題ないのかな?個人的にはここが一番気になるところ。1日1回は充電が必要みたいですね。

では、各モデルごとの特徴を簡単にまとめておきます。

Apple Watch Sport

Watch Sport

特長

・Digital Crown
・感圧タッチに対応したRetinaディスプレイ
・心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
・環境光センサー
・スピーカーとマイクロフォン
・Wi‑Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)
・Bluetooth 4.0
・最大18時間駆動するバッテリー
・耐水性能

サイズと重量 ※ホワイトスポーツバンドモデル

・38mmモデル:縦:38.6 mm 横:33.3 mm 厚さ:10.5 mm ケース:25 g バンド:47 g
・42mmモデル:縦:42.0 mm 横:35.9 mm 厚さ:10.5 mm ケース:30 g バンド:51 g


 

Apple Watch Sport はシルバーまたはスペースグレイの酸化皮膜処理された軽量アルミニウムで作られています。ディスプレイを守るのは、強化されたIon‑Xガラス。

今回のApple Watch シリーズの中では最も価格が安いのと、もっとも軽いのが特徴。入門用やランニングなどでの使用におすすめかと思います。

価格は38mmモデルが4万2800円、42mmモデルは4万8800円です。

Apple Watch

Apple Watch

特長

・Digital Crown
・感圧タッチに対応したRetinaディスプレイ
・心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
・環境光センサー
・スピーカーとマイクロフォン
・Wi‑Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)
・Bluetooth 4.0
・最大18時間駆動するバッテリー
・耐水性能

サイズと重量 ※ホワイトスポーツバンドモデル

・38mmモデル:縦:38.6 mm 横:33.3 mm 厚さ:10.5 mm ケース:40 g バンド:47 g
・42mmモデル:縦:42.0 mm 横:35.9 mm 厚さ:10.5 mm ケース:50 g バンド:51 g


 

Apple Watch は、鏡面仕上げを施したステンレススチールケースと、スペースブラックのステンレススチールケースが用意されています。ディスプレイを守るのは、サファイアクリスタル。バンドは、3種類のレザーバンド、リンクブレスレット、ミラネーゼループ、高性能のフルオロエラストマー製から選べます。

おそらく、一般的に最も売れるのはこのApple Watch モデルでしょう。Sport に比べ、コーティングがステンレス、そしてディスプレイがサファイアクリスタルにバージョンアップ。そのためやや重くはなりますが、見た目の重厚感などはこちらが上でしょう。また、バンドも様々なタイプが揃っており、仕事などでも問題なく使用できそう。

若干価格は高くなり、6万6800円~13万2800円(税別)となっています。

Apple Watch Edition

Apple Watch Edition

特長

・Digital Crown
・感圧タッチに対応したRetinaディスプレイ
・心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
・環境光センサー
・スピーカーとマイクロフォン
・Wi‑Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)
・Bluetooth 4.0
・最大18時間駆動するバッテリー
・耐水性能

サイズと重量 ※ホワイトスポーツバンドモデル

・38mmモデル:縦:38.6 mm 横:33.3 mm 厚さ:10.5 mm ケース:54 g バンド:48 g
・42mmモデル:縦:42.0 mm 横:35.9 mm 厚さ:10.5 mm ケース:67 g バンド:53 g


 

Editionコレクションの8モデルは、比類のない洗練によってApple Watchを表現しています。どのモデルも、冶金専門家が標準的な金よりも最大2倍硬くなるように開発した18Kで仕立てられたケースを持っています。ディスプレイを守るのは、研磨加工を施したサファイアクリスタルです。そして精巧にデザインされたベルトが、際立った美しさを加えます。

Watch Edition は、普通の人にはまず買えない高級モデル。価格帯が128万円!~218万円!となっています。持っている人を見かけたら拝みたいですな(*´ω`)

管理人が買うApple Watch はこれだ!

管理人が買うApple Watch はこれ!

と言いつつ、まだ絞り込みはできても決めきれていないのが実情。

現時点で第一候補はやっぱり一番安い“Apple Watch Sport”かな。42mmのスポーツバンドモデルで4万8800円(税込5万2704円)が妥当な所かも。

管理人が買うApple Watch はこれだ!

なんだかんだ言っても、Apple Watch としての初めてのモデルだし、今後もどんどん進化していくと思うんですよ。

かといって、時計を毎年買い替えれるか?というとそれも難しい。でも新しい物好きとしては買わずにはいられない!その辺りを勘案すると、まず最初は一番廉価モデルを購入し様子を見る。というのが妥当ではないかと思います。

それにApple Watch の機能としてはどのモデルも大差ないですからね。これはある意味嬉しい部分。ただ、バンドの色は悩みます。白は綺麗だけど、そのうち色あせとか手垢汚れとか気になりそう。

 

そして購入の第二候補は“Apple Watch”の“ブラッククラシックバックル(42mm)”と“スペースブラックリングブレスレット(42mm)”の2モデル。

管理人が買うApple Watch はこれだ!

しかし価格が高い!“ブラッククラシックバックル(42mm)”が83,800円(税込90,504円)、“スペースブラックリングブレスレット(42mm)”が132,800円(税込143,424円)となります。

これは流石に気軽に買える価格ではないですね(;´∀`)

もう何世代か後になり、Apple Watch の性能が安定してきた時に購入ならアリかと思いますが、現時点で充電が1日持つかどうかの初期モデルにこの価格はなかなか思い切りが必要な気もします。

という事で、現時点で管理人は“Apple Watch Sport”の購入を前向きに検討中。本当は実物を見て決めたいけど、愛媛では現物取り扱う店舗なんて出てくるのかなあ。まあ、予約開始日の4月10日まで、実際の使用ビデオなんかも見ながら悶々と悩んでみたいと思います!

リンク:Apple Watch 公式サイト

Pocket

- Advertisement -

NO COMMENTS

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。