マイクロソフトが緊急の更新プログラムを公開!全ウィンドウズユーザーは即適用を!

0
5006
Windows Update
Pocket

2015年7月21日、マイクロソフトが定例外のセキュリティ更新プログラムを公開しました。内容は「Microsoft フォント ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される (3079904)」というもので、深刻度はウィンドウズで最も高い“緊急”に指定されています。

とりあえず、ウィンドウズを使用中の全ユーザーは速やかにアップデートを行う事を推奨します。

- Advertisement -

以下、マイクロソフト公式サイトより転載

マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-078 – 緊急

このセキュリティ更新プログラムにより、Microsoft Windows の脆弱性が解決されます。 この脆弱性により、ユーザーが特別な細工がされた文書を開いたり、埋め込まれた OpenType フォントを含む信頼されていない web ページにアクセスすると、リモートでコードが実行される可能性があります。

このセキュリティ更新プログラムは、すべてのサポートされているリリースの Microsoft Windows について、深刻度「緊急」と評価されています。 詳細については、「影響を受けるソフトウェア」のセクションを参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは、Windows Adobe Type Manager Library が OpenType フォントを処理する方法を修正することにより、この脆弱性を解決します。 この脆弱性に関する詳細情報は、「脆弱性の情報」を参照してください。 この更新プログラムの詳細については、サポート技術情報 3079904 を参照してください。

推奨されるアクション: 自動更新を有効にしている大多数のお客様には、この更新プログラムが自動的にダウンロードおよびインストールされるため、特別な措置を講じる必要はありません。 自動更新を有効にしていない、または手動で更新プログラムをインストールしているお客様は、「影響を受けるソフトウェア」のセクションのリンクより更新プログラムをダウンロードし、インストールしていただけます。 詳細については、サポート技術情報 3079904 を参照してください。

Pocket

- Advertisement -

NO COMMENTS

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。