iPad Pro|機種変更/買い替え時のデータ移行/復元方法解説

0
5228
iPad Pro|機種変更/買い替え時のデータ移行/復元方法解説
Pocket

古い「iPad 3」から、最新の「iPad Pro 10.5インチ」に買い替えました!動作もサクサクで非常に満足しています!

という事で、本日は古いiPadを最新モデルに機種変更/買い替えした際に、事前にiTunesやiCloudでバックアップしているデータから、新しいiPadにデータを移行/復元する方法について解説しておきます。

- Advertisement -

古いiPadのデータをiTunes、もしくはiCloudでバックアップ!

古いiPadのデータをiTunes、もしくはiCloudでバックアップ!

初めに、古いiPadのデータをiTunes、もしくはiCloudでバックアップしておきましょう。今回はiTunesを使ってバックアップを取る方法をメインに解説します。

まずは古いiPadをPCにUSBケーブルで接続します。あらかじめiTunesをインストールしておくのは忘れないように。

古いiPadのデータをiTunes、もしくはiCloudでバックアップ!

 

すると、自動的にiTunesが起動します。もしも自動でiTunesが起動しない場合は、手動で起動させましょう。少し待つと、下のようにアイコンが表示されるので、これをクリック。

古いiPadのデータをiTunes、もしくはiCloudでバックアップ!

 

次に表示された画面で、以下のように設定しましょう。

古いiPadのデータをiTunes、もしくはiCloudでバックアップ!

自動的にバックアップ:【このコンピュータ】を選択し、【ローカルバックアップを暗号化】にチェックを入れる。
※【ローカルバックアップを暗号化】をオンにすることで、メールアカウントなども復元できるため、データ移行がとても楽になります。必ず“オン”にしておきましょう。

設定出来たら、【今すぐバックアップ】をクリックします。これで古いiPadのバックアップが開始されます。終了したら、古いiPadは取り外して構いません。

なお、iCloudのバックアップなどに関しては、iPhone用ですが、過去記事で解説していますので、そちらを参照してみてくださいね。

iPhone 8 への機種変更に備えろ!iPhone 6/ 6s/ 7 のデータバックアップ方法をがっつり解説するよ!
ちょっと気が早いですが、通称 iPhone 8 が9月ごろに発表される感じです。今回の iPhone 8 はかなり大掛かりなアップデートが施されると噂されており、現在 iPhone 5, 5...

 

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

iPad Pro|機種変更/買い替え時のデータ移行/復元方法解説

古いiPadのデータバックアップが完了したら、早速新しいiPad Proにデータを復元/移行していきましょう。基本的には指示に従うだけなので簡単です。

まずは新しいiPad Proの電源をオンにします。右上の電源/スリープボタンをやや長押ししましょう。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

iPad Proの画面が点いたら、付属のLightning-USBケーブルをPCに挿し込みます。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

すると、自動的にiTunesが起動して、以下の「新しいiPadへようこそ」画面が表示されます。もしも「このコンピュータを信頼しますか?」という表示が出たら、指示に従い【信頼】をタップしてください。

このバックアップから復元:~(古いiPadの名前)

が選択されていることを確認し、【続ける】をクリックします。ここで【新しいiPadとして設定】をクリックすれば、データを移行せずにまっさらな状態で使い始めることも出来ます。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

先ほど古いiPadをバックアップする際に、【ローカルバックアップを暗号化】を設定したと思います。ここではその際に入力したパスワードを入力します。入力出来たら【OK】をクリック。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

iPad Proへ古いiPadのバックアップデータが復元され始めます。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

復元中。しばらく待ちます。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

以下の画面が表示されればiPad Proへのデータ移行/復元作業は完了です。一応指示を守り、iPadのケーブルは挿したまま操作しましょう。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

ここでiPad Proを見ると、このように「アップデートが完了しました」と表示されているはず。画面が暗い場合は、ホームボタンを押してみましょう。【続ける】をタップします。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

次に位置情報サービスの設定。これはオンの方が良いでしょう。【位置情報サービスをオンにする】をタップ。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

続いて「Touch ID」の設定画面になります。ホームボタン/Touch IDを押しましょう。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

指示に従い、ホームボタンに軽く指を当てていきます。ここではボタンを押し込んではダメですよ。ボタン上に指を当てるだけです。何回か指をタッチさせると設定は完了です。指は後から追加できるので、まずは利き手の親指など、一番使いやすい指を設定すると良いでしょう。全部で5本の指を追加できます。(もちろん、削除も可能)

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

次にグリップ部分の設定。指の境界部分を認識させていきます。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

指示に従い先ほどと同じくホームボタンをタッチしていきましょう。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

このように、指の端を認識させていきます。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

続いて6桁のパスコードを作成していきます。誕生日などは避けて登録しましょう。6桁というと面倒に思うかもしれませんが、基本的にiPad ProはTouch IDで瞬時にロック解除できるため、パスコードを入力する機会は少ないです。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

確認のために、パスコードを再入力します。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

次にApple IDのパスワードを入力します。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

2ファクタ認証/2ステップ確認を設定していると、このように「Apple ID確認コード」の入力を求められます。なお、iPhoneなど、Apple製品を複数所有しているなら、セキュリティ上の観点から【2ファクタ認証】を設定しておくことは非常に重要です。ぜひ設定しておきましょう。

>Apple:「2ステップ確認」を解除して「2ファクタ認証」に切り替える方法~「2ファクタ認証」の使い方~

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

iPhoneに以下のような通知が届きます。【許可する】をタップします。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

表示された【Apple ID確認コード】をiPad Proに入力します。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

iCloud設定のアップデートが開始されます。少し時間が掛かるので待ちましょう。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

処理が完了したら、まずは「Apple Pay」の設定画面が表示されます。【次へ】をタップ。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

使用する場合はカードのセキュリティコードを入力して右上の【次へ】をタップ。後から設定したり、使用しない場合は【“設定”であとで設定】をタップします。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

次にSiriの設定になります。【続ける】をタップ。使いたくない場合は【Siriを使用しない】をタップ。ただ、せっかくの機能なので、使用する方がおすすめです。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

指示に従い、恥ずかしがらずにハッキリと“Hey Siri”と呼びかけましょう!

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

True Toneディスプレイの設定です。これは【続ける】で良いでしょう。

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

これでiPad Proの初期設定は完了です!【さあ、はじめよう!】をタップしましょう!

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

 

以下のようにホーム画面が表示されればOKです!お疲れさまでした(∩´∀`)∩

iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行する方法

なお、最初はアプリのアップデートやインストールに少々時間がかかります。それでもCPUの性能が高いので、処理は早いですね。

 

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法も簡単にご紹介しておきます。

まずは新しいiPad Proの電源をオンにします。右上の電源/スリープボタンをやや長押ししましょう。

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

 

以下の画面が表示されるので「日本語」を選択。

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

 

次に「日本」を選択。

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

 

必要なキーボードを選択し、【次へ】をタップ。

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

 

家のWi-Fiをタップ。

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

 

Wi-Fiのパスワードを入力します。

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

 

iPadのアクティベートが開始されるので少々待ちます。

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

 

【位置情報サービスをオンにする】をタップ。

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

 

指紋の認証作業を行います。後から別の指の指紋を追加も出来ます。

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

 

パスコードを入力します。

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

 

再度パスコードを入力。

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

 

「Appとデータ」画面が表示されるので、「iCloudバックアップから復元」をタップします。

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

 

Apple ID/iCloudにサインインします。

iPad Proに古いiPadのデータをiCloud経由で復元/移行する方法

後は、「バックアップを選択」を開き、iCloudで使用可能なバックアップのリストから選択します。

その後は指示に従い操作すればOKです。この辺りは上のiTunesでの解説も参考にどうぞ。

 

iPad Proデータ復元/移行時のトラブルシューティング

今回iPad Proに古いiPadのデータをiTunes経由で復元/移行した際に、いくつかのトラブルに遭遇しました。その事例の報告と、対処方法を解説しておきます。

 

iPad Pro:データ復元後、アプリが暗いままで使えない。待機状態のまま。

iPad Pro:データ復元後、アプリが暗いままで使えない。待機状態のまま。

iPad Proのデータ復元後、アプリが暗いままで使えない。待機状態のまま。という場合はあります。

これはアプリの更新、インストールが完了していない状態です。通常は順次処理が行われるので、少々待ってみるか、それでも動かない場合は、暗いアプリ(待機状態)をタップしてみてください。タップすることでインストール作業が始まる場合もあります。

それでもダメな場合は、一度電源/スリープボタンを長押しして電源オフにし、最後電源ボタンを長押しして電源オン(再起動)してみましょう。これで大体は直ると思います。

 

iPad Pro:データ復元後、アプリのアンインストールに失敗する。アプリ名が消えてもアプリが消えない。

iPad Pro:データ復元後、アプリのアンインストールに失敗する。アプリ名が消えてもアプリが消えない。

原因は不明ですが、アプリをアンインストールした際に、うまくアンインストールできない事例がありました。アプリ名は消えるのですが、アプリ自体は消えずに残っている状態に。

これはiPad Proを再起動(電源/スリープボタンを長押しして電源オフにし、最後電源ボタンを長押しして電源オン)で無事アンインストールは完了しました。参考までにご紹介しておきます。

なお、次期iOS 11では、32bitアプリが使用不可になります。時間のある間に該当するアプリが無いか確認し、使用頻度が多いアプリが該当しているなら、代替のアプリを探しておきましょう。

設定>一般>情報>App>App互換性

からチェックできますよ。

 

iPad Pro:データ復元後、「App Store」が英語表示になった!日本語環境への戻し方解説!

iPad Pro:データ復元後、「App Store」が英語表示になった!日本語環境への戻し方解説!

これもたまーにiPhoneでも遭遇する不具合ですね。

iPad Proのデータ復元後、なぜか「App Store」が英語表示になっていました。これを日本語環境へ戻す方法は簡単で、一度【設定】アプリの【iTunes Store と App Store】からサインアウトし、再度サインインすれば直るはず。

【設定】アプリ>【iTunes Store と App Store】>【Apple ID】部分をタップ

iPad Pro:データ復元後、「App Store」が英語表示になった!日本語環境への戻し方解説!

 

【サインアウト】をタップ。

iPad Pro:データ復元後、「App Store」が英語表示になった!日本語環境への戻し方解説!

 

【iTunes Store と App Store】【サインイン】をタップ。

iPad Pro:データ復元後、「App Store」が英語表示になった!日本語環境への戻し方解説!

 

パスワードを入力し、【サインイン】をタップ。

iPad Pro:データ復元後、「App Store」が英語表示になった!日本語環境への戻し方解説!

 

ホームボタンを素早く2回押し、マルチタスク画面を表示します。ここで該当する【App Store】アプリを上にスワイプします。

iPad Pro:データ復元後、「App Store」が英語表示になった!日本語環境への戻し方解説!

 

再度【App Store】アプリを起動すると、表示が英語から日本語に戻っているはず。お疲れさまでした。

iPad Pro:データ復元後、「App Store」が英語表示になった!日本語環境への戻し方解説!

 

まとめ:PCがあるなら、iTunes経由でのデータ移行/復元が簡単でおすすめ!

まとめ:PCがあるなら、iTunes経由でのデータ移行/復元が簡単でおすすめ!

という事で、今日は古い「iPad 3」から「iPad Pro 10.5インチ」にデータを移行/復元する方法を解説してみました。

個人的には、WindowsやMacなどをお持ちなら、iTunesで【ローカルバックアップを暗号化】をオンにしてデータをバックアップし、そこから復元/移行するのが簡単でおすすめです。

慣れれば簡単に機種変更/買い替えの際にデータを移行することが出来ます。ぜひ買い替え時は今回の記事を参考に、挑戦してみてくださいね!

また、普段から不測の事態に備えて、iPadのデータバックアップ(できればPCとiCloudの併用がおすすめ)をしっかり取っておくのをお忘れなく!

(Visited 1,793 times, 109 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。