SONYがノイキャンヘッドホン「WH-1000XM4」を発表!価格は44,000円(税込)ですでに予約受付開始!

SONYがノイキャンヘッドホン「WH-1000XM4」を発表!価格は44,000円(税込)ですでに予約受付開始!news

先日思わせぶりなティザーサイトを公開していたSONYですが、予想通り最新のノイキャンヘッドホン「WH-1000XM4」が本日正式に発表されました。

圧縮音源もハイレゾ級にアップスケーリングしてくれる「DSEE Extreme」やノイズキャンセリング性能の向上、声を発するだけで音楽再生を一時停止し、外音取り込みモードに切り替えることのできる新機能「スピーク・トゥ・チャット」機能、ユーザーの行動や場所に連動して事前に登録したノイズキャンセリング/外音取り込み設定やイコライザー設定に切り替わる「アダプディブサウンドコントロール」機能など、新機能も多数搭載されています。ただし、aptX, aptX HDコーデックはサポート除外となっている点は一応ご注意を。

「WH-1000XM4」の価格は40,000円(税込44,000円)と、従来モデル「WH-1000XM3」の36,000円(税抜)より若干アップしましたが、価格分だけの進化はあるのでしょう。

すでにSONY公式サイトAmazonをはじめ、各種サイトで「WH-1000XM4」の予約受付も開始中。概ね10%オフもしくは10%ポイント還元となっているので、実売価格は税込み40,000円程度でしょうか。早速管理人もSONY公式ストア(3年無料保証付き/10%オフクーポン適用)で予約購入しました。発売日は9月4日という事なので、それまで首を長くして待ちたいと思います。

スポンサーリンク

「WH-1000XM4」の特徴

ヘッドホン:WH-1000XM4 業界最高クラスノイズキャンセリングヘッドホン:1000Xシリーズ【ソニー公式】

ノイズキャンセリングと高音質技術

  • さらなる進化を遂げた業界最高クラスのノイズキャンセリング性能
  • 独自開発「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」の性能をさらに引き出し、ノイズキャンセリング性能が向上
  • 的確にノイズを捉える「デュアルノイズセンサーテクノロジー」
  • ノイズキャンセリング機能をユーザーの装着状態や環境に合わせて最適化する「NCオプティマイザー」
  • ワイヤレスでもハイレゾ級の高音質を楽しめる
  • 新たにAI技術を組み込みあらゆる音源にハイレゾ級の臨場感をもたらす「DSEE Extreme」
  • ワイヤレスでもハイレゾ音質で楽しめるLDAC対応
  • 「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」に内蔵のDACとアンプによりワイヤレスでも高品質な音を表現
  • 高音質を実現する本体設計
  • 専用設計40mmHDドライバーユニット
  • アルミニウムコートLCP振動板
  • 有線接続でハイレゾ再生に対応

 

最適なリスニング環境をつくるスマート性能

  • ヘッドホンをつけたまま、周囲の音も聞ける外音取り込み機能
  • 音楽を聴きながら、周囲の音も聞ける「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」
  • ヘッドホンをつけたまま、会話ができる新機能「スピーク・トゥ・チャット」を搭載
  • ヘッドホンをつけたまま瞬時に周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」
  • リスニング環境を自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」
  • よく行く場所に合わせた自動切り替えに新たに対応
  • 行動シーンに合わせた自動切り替え
  • ヘッドホンを外すだけで音楽を停止する装着検出機能を新搭載

 

快適な装着感とロングバッテリーライフ

  • 長時間の音楽リスニングでも快適な装着性を実現
  • 低反撥ウレタン素材を採用した立体縫製イヤーパッド
  • 人間工学に基づくこだわりの設計
  • 一度の充電でたっぷり使えるロングバッテリーライフ
  • クイック充電に対応

 

多様な使い方と操作方法

  • さらに高音質なハンズフリー通話を実現
  • 耳元でスマートフォンなどのプレーヤーをかんたん操作
  • 音声アシスタント機能に対応
  • 便利なBluetooth機能
  • 2台の機器に同時接続できる新マルチポイント機能
  • マルチペアリング
  • Android端末との接続時に便利なGoogle Fast Pair対応
  • ワンタッチ接続(NFC)機能搭載
  • 外出先での利用も快適
  • 持ち運びに便利なスイーベル&折りたたみ構造
  • 充実した付属品
  • 専用アプリ「Headphones Connect」に対応。さまざまな機能をアプリ上でカスタマイズ可能
  • ヘッドホンの状態を確認
  • ノイズキャンセリングや外音の取り込み方のレベルを調整できる「外音コントロール」
  • お好みの音質にカスタマイズする事ができる「イコライザー」
  • ソフトウェアのアップデート設定

詳細はSONY公式ページでご確認ください。

 

「WH-1000XM4」の仕様

「WH-1000XM4」の仕様

「WH-1000XM4」の仕様は以下の通り。

ヘッドホン部

  • 型式:密閉, ダイナミック
  • ドライバーユニット:40mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)
  • 感度:105dB/mW(有線接続、POWER ON時 1kHzにて)、101dB/mW(有線接続、POWER OFF時 1kHzにて)
  • マグネット:ネオジウム
  • 再生周波数帯域:4 Hz – 40,000 Hz (JEITA)
  • インピーダンス:40Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、16Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
  • コード長:約1.2m、OFC線、金メッキステレオミニプラグ(ヘッドホンケーブル)
  • コードタイプ:片出し(着脱式)
  • 入力プラグ:金メッキL型ステレオミニプラグ
  • 質量:約 254g

 

ヘッドホン部(その他)

  • 電源:DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
  • 充電時間:約3時間(フル充電) (1.5AのACアダプター使用時)
  • 充電方法:USB充電
  • 電池持続時間(連続音声再生時間):最大30時間(NC ON時)、最大38時間(NC OFF時)
  • 電池持続時間(連続通話時間):最大24時間(NC ON時)、最大30時間(NC OFF時)
  • 電池持続時間(待受時間):最大30時間(NC ON時)、最大200時間(NC OFF時)
  • 周波数特性:4Hz-40,000Hz
  • 対応インピーダンス:40 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、16Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
  • 音声入力端子:ステレオミニジャック

 

マイクロホン部

  • 型式:MEMS
  • 指向特性:全指向性
  • 有効周波数帯域:50Hz-8,000Hz

 

付属品

  • 充電用USB(Type-C)ケーブル(A-C):●
  • 保証書:●
  • キャリングケース:●
  • 航空機用プラグアダプター:●
  • 接続ケーブル:●
  • 取扱説明書:●

 

Bluetooth

  • 通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.5.0
  • 出力:Bluetooth標準規格 Power Class1
  • 最大通信距離:見通し距離 約10m
  • 使用周波数帯域:2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
  • 対応Bluetoothプロファイル:A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)、 AVRCP(Audio Video Remote
  • Control Profile)、 HFP(Hands-free Profile)、 HSP(Headset Profile)
  • 対応コーデック:SBC, AAC, LDAC
  • 対応コンテンツ保護:SCMS-T方式
  • 伝送帯域(A2DP):20Hz – 20,000Hz(44.1kHzサンプリング時) / 20Hz – 40,000Hz(LDAC 96kHzサンプリング、990kbps 時)

詳細はSONY公式ページでご確認ください。

 

「WH-1000XM4」の発売日は9月4日!レビューは改めて行います!

「WH-1000XM4」の発売日は9月4日!レビューは改めて行います!

個人的に非常に楽しみにしていたSONYのノイキャンヘッドホン「WH-1000XM4」ですが、ついに正式に発表となりました!

すでに予約受付も開始されており、概ね現時点では各サイト10%引き、もしくは10%分のポイント還元という形をとっているサイトが多い様子。定価44,000円(税込み)ですが、実売40,000円(税込み)が一般的な感じです。発売日は9月4日です。

管理人も色々悩んだ挙句、今回はSONYの公式ストアで予約しました。現時点でSONY公式ストアでも10%引きクーポンが配布されており、かつ無料で3年の長期保証が付いてくるのが魅力的に感じたからです。また、2,000円アップで「長期保証<ワイド>」を選択することも可能。故障だけでなく、破損/水ぬれ/火災/水害/落雷からも保障されるので、外出時に利用する機会が多い方は選択しても良いかもしれませんね。金額アップで5年保証も選択できますよ。

「WH-1000XM4」発売後は様々なサイトで値引き競争も激しくなるでしょうが、発売当初にすぐ入手したければ、意外とSONY公式ストアでの購入が長期保証付きでお得かもしれません。公式ストア以外なら、例えばAmazon Primeユーザーなら、Amazonでサクッと予約購入して発売日に入手するのもおすすめです。

まだ発売日まで時間がありますが、「WH-1000XM4」が届くのを楽しみに待ちたいと思います。実際の音質や使用感などのレビューは、改めて後日じっくり行いたいと思います。

ソニーストア

news SONY
スポンサーリンク
スポンサーリンク
enjoypclifeをフォローする
enjoypclife.net

コメント