5分で分かる!Appleイベントまとめ!5G対応iPhone SE 3、M1搭載iPad Air、M1 Ultra搭載MacStudio、27インチ5KのStudioDisplay、新色グリーンのiPhone13など一挙発表!

スポンサーリンク
5分で分かる!Appleイベントまとめ!5G対応iPhone SE 3、M1搭載iPad Air、M1 Ultra搭載MacStudio、27インチ5KのStudioDisplay、新色グリーンのiPhone13など一挙発表!Apple Tips

Appleが本日様々な新製品を一挙に発表しました。

既に多数のサイトが報じていますので、当サイトではサクッと5分で読めるよう、個人的に気になるポイントをまとめておきます。

5G対応 iPhone SE 第3世代、M1搭載 iPad Air 第5世代、M1 Ultra搭載 Mac Studio、A13チップ内蔵の27インチ5Kの Studio Display、新色グリーンのiPhone13など、盛り沢山の内容でしたよ。

スポンサーリンク

iPhone SE 第3世代

iPhone SE 第3世代

iPhone SE 第3世代の主な特徴と価格、発売日等をまとめておきます。

iPhone SE 第3世代の主な特徴/価格/発売日

  • 外観はiPhone SE 第2世代とほぼ変わらず。4.7インチIPS液晶ディスプレイ/解像度750×1334ピクセル/ホームボタン・Touch IDが引き続き搭載
  • 本体サイズは67.3(幅)×138.4(高さ)×7.3(奥行き)mmで第2世代と全く同じだが、重さは第2世代の148gから4g軽い144gに
  • カラーはミッドナイト、スターライト、 (PRODUCT) REDの3色
  • 5Gに対応。SIMはnanoSIMとeSIMのデュアルSIM。ただしミリ波には非対応
  • ボディーは前面と裏面がガラス、側面がアルミニウム。背面にはiPhone 13/13 Proと同じ強度のガラスを採用し、第2世代よりも耐久性が向上
  • A15 Bionicプロセッサ(iPhone 13と同じプロセッサ)搭載
  • バッテリー駆動時間が向上。動画再生はiPhone 8やiPhone SE(第2世代)よりも2時間長い、最大13時間可能に。音楽再生時間はiPhone SE(第2世代)より10時間長い最大50時間。
  • 無線充電Qi対応(MagSafeは非対応)
  • カメラは12MP広角、f/1.8のシングルレンズ。引き続きカメラは広角1つのみだが、A15搭載で撮影性能は大幅に向上。ただし「ナイトモード」には引き続き非対応
  • Lightningコネクタ採用
  • 価格:
    64GB:5万7800円(税込)
    128GB:6万3800円(税込)
    256GB:7万6800円(税込)
  • 予約開始日:2022年3月11日午後10時から
  • 発売日:2022年3月18日

総評:多少価格アップも5G対応を考えると無難な価格か。外観は変わらず。ホームボタンが欲しい人は即決で。チップは最新のA15が採用されており長く使えそう。

 

iPad Air 第5世代

iPad Air 第5世代

iPad Air 第5世代の主な特徴と価格、発売日等をまとめておきます。

iPad Air 第5世代の主な特徴/価格/発売日

  • M1チップ搭載でパフォーマンスが飛躍的に向上。前世代のiPad Airと比べ、8コアCPUによってパフォーマンスが最大60パーセント高速化、8コアGPUによってグラフィックスのパフォーマンスが最大2倍高速化。
  • 自動的に被写体を追うセンターフレームに対応した12MPの超広角フロントカメラ搭載。ビデオ会議などがより便利に。
  • トップボタンにTouch IDが内蔵、Face IDには非対応
  • カラーはスターライト、スペースグレイ、ピンク、パープル、ブルーの5色
  • USB-Cコネクタ採用、転送速度は最大10Gbpsに
  • iPadOS 15.4およびmacOS 12.3のリリースに伴い、「ユニバーサルコントロール」によってユーザーが1つのマウスとキーボードでMacとiPadを行き来するシームレスな体験が可能になる予定
  • 価格:Wi-Fi
    64GB:7万4800円(税込)
    256GB:9万2800円(税込)
  • 価格:Wi-Fi+Cellular(5G対応)
    64GB:9万2800円(税込)
    256GB:11万800円(税込)
  • 予約開始日:2022年3月11日午後10時から
  • 発売日:2022年3月18日

総評:チップにはまさかのM1が搭載。Face IDこそ非搭載なものの、外観と性能は上位のProモデルにも見劣りしない印象。むしろタブレットとして考えれば十二分な性能。やっとセンターフレームにも対応し、iPadを長く便利に使いたいならかなりおすすめ。

 

M1 Max/M1 Ultra搭載「Mac Studio」とA13搭載27インチ5K「Studio Display」

M1 Max/M1 Ultra搭載「Mac Studio」とA13搭載27インチ5K「Studio Display」

M1 Max/M1 Ultraを搭載する「Mac Studio」とA13搭載27インチ5K「Studio Display」の主な特徴と価格、発売日等をまとめておきます。

M1 Max/M1 Ultra搭載「Mac Studio」の主な特徴/価格/発売日

  • M1 Max搭載Mac Studioによって実現されること:
    ■10コアプロセッサ搭載の最速27インチiMacよりも最大2.5倍高速なCPUパフォーマンス。
    16コアXeonプロセッサ搭載のMac Proよりも最大50パーセント高速なCPUパフォーマンス。
    ■27インチiMacよりも最大3.4倍高速で、最も人気の高いグラフィックカードを搭載したMac Proよりも3倍以上高速なグラフィックパフォーマンス。
    ■27インチiMacよりも最大7.5倍高速で、16コアMac Proよりも最大3.7倍高速なビデオのトランスコード。
  • M1 Ultra搭載Mac Studioによって実現されること:
    ■10コアプロセッサ搭載の最速27インチiMacよりも最大3.8倍高速なCPUパフォーマンス。
    ■16コアXeonプロセッサ搭載のMac Proよりも最大90パーセント高速なCPUパフォーマンス。
    ■28コアMac Proよりも最大60パーセント高速なCPUパフォーマンス。
    ■27インチiMacよりも最大4.5倍高速で、現在利用可能な最速のMacグラフィックカードよりも最大80パーセント高速なグラフィックパフォーマンス。
    ■27インチiMacよりも最大12倍高速で、28コアMac Proよりも最大5.6倍高速なビデオのトランスコード。
  • 背面にはディスプレイや高性能デバイスを接続するための4つのThunderbolt 4ポート、10Gb Ethernetポート、2つのUSB-Aポート、HDMIポート、ハイインピーダンスヘッドフォンや外部のアンプ内蔵スピーカー用のプロ向けオーディオジャックを搭載。Wi-Fi 6とBluetooth 5.0も内蔵。
  • 前面には2つのUSB-CポートとSDカードスロット搭載。
  • 価格:M1 Max搭載Mac Studio
    249,800円(税込)から
  • 価格:M1 Ultra搭載Mac Studio
    499,800円(税込)から
  • 予約開始日:既に受付開始
  • 発売日:2022年3月18日

総評:事前に発売は噂されていたが、M1 Ultraの発表はなかなかの衝撃。まさに「最高峰を解禁。(Peek performance.)」の名にふさわしい印象。ただし価格も高めなので、一般ユーザーは今後発表されるであろう新型MacBookを待つのが良いかも。

 

A13チップ搭載27インチ5K「Studio Display」の主な特徴/価格/発売日

  • 1,470万ピクセル以上、600ニトの輝度、P3の広色域、10億色以上に対応の27インチ5K Retinaディスプレイ
  • A13 Bionicチップを搭載し、高度に進化したカメラとオーディオシステムによるすばらしい体験を提供。究極のビデオ会議ディスプレイであり、センターフレームに対応した12MPの超広角カメラを備える。センターフレームは動き回るユーザーを自動的にフレーム内に収める機能で、ビデオ通話で一段とつながりを感じられるようになる。
  • ノイズフロアの低いスタジオ品質の3マイクアレイを搭載しており、透き通るほどクリアな通話と音声録音が可能。また、Mac史上最高の、原音に忠実な6スピーカーサウンドシステムも備え、信じられないようなリスニング体験を実現。
  • Appleとしては久しぶりの純正外部モニター
  • 高速な周辺機器、ストレージ、ネットワークを最大10Gb/sの速度でディスプレイに直接接続する3つのUSB-CポートとThunderboltポートを搭載
  • 価格:標準ガラス
    199,800円(税込)
  • 価格:標準ガラス
    242,800円(税込)
  • 別途オプションで「傾きと高さを調整できるスタンド」と「VESAマウントアダプタ」もあり
  • 予約開始日:既に受付開始
  • 発売日:2022年3月18日

総評:久しぶりのApple純正モニター。27インチ5K Retinaディスプレイ搭載で20万円を切る価格は、比較的買いやすい価格かもしれない。とは言え、一般ユーザーにとってはやや敷居の高い価格であることも事実。A13チップ搭載/センターフレーム対応なので、用途と価格を考慮して検討を。

 

iPhone 13/iPhone 13 Proに新色「グリーン」が追加

iPhone 13/iPhone 13 Proに新色「グリーン」が追加

iPhone 13/iPhone 13 Proに新色「グリーン」が追加されました。iPhone 13は通常の「グリーン」、iPhone 13 Proは「アルパイングリーン」となっています。

予約注文は3月11日午後10時から開始、3月18日に発売となっています。

 

iOS 15.4およびmacOSMonterey 12.3は来週リリース予定

iOS 15.4およびmacOSMonterey 12.3は来週リリース予定

マスクを装着した状態でFace IDが使えるようになるアップデートなどが含まれるiOS 15.4やMac向けのmacOSMonterey 12.3は、来週リリース予定となっています。

MacとiPadの間で、ひとつのワイヤレスマウスとワイヤレスキーボードを共用できるようになる機能「ユニバーサルコントロール」もついに解禁予定。

既にiPhoneやiPad、Macを所有しているユーザーにとっても気になる大型アップデートになるでしょう。

 

その他のニュース

  • AppleとMajor League Baseballが「Friday Night Baseball」を発表。レギュラーシーズン中、ファンはApple TV+限定で、金曜日の夜に2つの試合を視聴可能に。
  • Appleが27インチiMacを廃止
  • AppleがTouchID、Magic Trackpad、MagicMouseを搭載したブラックとシルバーのMagicKeyboardをリリース
  • AppleがiPhoneケースとAppleWatchバンドに春の新色を発表

コメント