Appleが「Apple Watch Series 6 (40mm) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理サービスプログラム」を開始。不具合に遭遇した場合は修理依頼を

スポンサーリンク
Appleが「Apple Watch Series 6 (40mm) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理サービスプログラム」を開始。不具合に遭遇した場合は修理依頼をapple watch

2022年4月22日、Appleが「Apple Watch Series 6 の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理サービスプログラム」を発表しました。

これは、ごく一部の Apple Watch Series 6 (40mm) の画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる不具合が発覚した為との事。なお、この問題が確認されているのは、2021年4月から2021年9月までの間に製造されたデバイスだそうです。

もしも現在利用中の Apple Watch Series 6 (40mm) でこの問題が見られる場合は、Apple Watch のシリアル番号をリンク先のボックスに入力して、今回の無償修理プログラムの対象となるかどうか確認しましょう。該当する場合は、Apple または Apple 正規サービスプロバイダにて無償修理してくれます。

なお、シリアル番号が該当しても不具合が生じていない場合は修理されずにそのまま返ってくる場合もあります。気になる方は事前にAppleのサポートに相談された方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

Apple Watch:シリアル番号または IMEI の調べ方

Apple Watch:シリアル番号または IMEI の調べ方

Apple Watchでシリアル番号または IMEI を調べる方法は以下の通り。

  1. Apple Watch で「設定」アプリを開きます。
  2. 「一般」>「情報」の順にタップし、下にスクロールします。
  3. 「シリアル番号」または「IMEI」を確認します。

 

Apple Watch が手元にない場合は、代わりに iPhone を使えます。

  1. iPhone で「Apple Watch」アプリを開きます。
  2. 「マイウォッチ」タブをタップして、「一般」>「情報」の順にタップします。
  3. 「シリアル番号」または「IMEI」を確認します。

※IMEI は Apple Watch Series GPS + Cellular モデルにのみ付いています。

コメント