【2022年】最近ハマっているおすすめ洋楽ハードロック・ヘビメタバンド/アルバムをご紹介!【名盤】

スポンサーリンク
【2022年】最近ハマっているおすすめ洋楽ハードロック・ヘビメタバンド/アルバムをご紹介!【名盤】Amazon

2022年度、管理人がApple Musicで聴きまくっている洋楽ハードロックやヘビメタのおすすめバンドやアルバム/名盤をご紹介したいと思います。

ジャンル的にやや(かなり?)マニアックなのは重々承知しているのですが、邦楽しか聴かないという人も、メロディアスなハードロックやかっこいいギターリフ満載のヘビメタなら何かしら感じるものはあるかと思います。

ということで、音楽好きな方、特にApple MusicやSpotify、Amazon Prime Music、Youtube Musicなどのストリーミングサービスを契約している方は、ぜひ検索して視聴してみてくださいね。

※2022年度中は随時追記していきます。

スポンサーリンク

Treat:The Endgame

ここ最近かなり気に入っている洋楽ハードロックバンドが、この「Treat」です。バンドとしては古株ですが、今でも第一線級の元気でメロディアスなハードロックアルバムを毎回提供してくれており、今回も期待に応える素晴らしい仕上がり。ノリの良いロックナンバーから美しいバラードまで、非常に充実した名盤に仕上がっていると思います。個人的には7曲目の「Wake Me When It’s Over」が大のお気に入り。このアルバムは本当におすすめですよ!

なお、Treatは過去のアルバムも非常に素晴らしいです。今作を聞いて気に入ったなら、ぜひ過去のアルバムも聴いてみてくださいね。

 

degreed:Are You Ready

degreedも以前から上質なハードロックアルバムを提供してくれていたのですが、今作は一皮むけた素晴らしい仕上がり。

正直言って前作は曲は良かったものの個人的にはそこまで惹かれるものがなく、今作もなんとなく期待せず聴いてみたというのが本音。そしかしながら、いざ聴いてみると良い意味で期待を裏切る素晴らしい楽曲が並んでいました。ほぼ捨て曲無し。メロディ溢れるなかなかの名盤だと思いますよ。

 

Steve Vai:Inviolate

天才変態ギタリスト「Steve Vai」のニューアルバム。インストアルバムなのでやや人は選ぶかと思いますが、相変わらず非常に心地よくカッコよいロックを聴かせてくれます。

ギターはもちろん、ベース、ドラム、キーボードの音の一つ一つが織りなす極上の音楽が楽しめるので、時間のある時にちょっと良いヘッドホンでじっくり聴くと至高の時間が過ごせますよ。
自分は【iPhone+SONY WH-1000XM4】環境で主に音楽を聴いているのですが、このアルバムは時間を忘れて聞き入ってしまいます。やっぱりSteve Vaiは最高ですね。
※蛇足ですが、最新の「WH-1000XM5」が発表、予約受付開始中です。気になる方はどうぞ。

ちなみに、Steve Vaiをあまり知らない方は、ぜひ以下のアルバムも聴いてみてください。「Psssion & Warfare」は必聴の名盤、そしてバンド名義で出している「VAI:SEX & RELIGION」もかなりの名盤だと思います。

 

Praying Mantis:A CRY FOR THE NEW WORLD

久々にPraying Mantisのニューアルバム「カタルシス」が発売に。BURRN!での評価が高かったので期待して聴いてみたけど、内容は悪くないものの自分的にはヘビロテするほどの魅力は感じませんでした。あまりにも1993年リリースの「A CRY FOR THE NEW WORLD」が名盤すぎるせいもあるのかもしれません。

ということで、現在は久しぶりに「A CRY FOR THE NEW WORLD」をヘビロテ中。コテコテのメロディーを伸びやかなボーカルがしっかり歌い上げるのは今聴いても素晴らしい。やっぱPraying Mantisと言えばコレですわ!

 

RONNIE ATKINS:MAKE IT COUNT

Pretty Maidsのメインボーカル、ロニー・アトキンスのソロアルバム。

前作「One Shot」も名盤でしたが、この「MAKE IT COUNT」も負けず劣らずのなかなかの名盤。ロニーの伸びやかなボーカルは円熟の極み。そして魅力的なメロディ満載の楽曲が次々に披露されます。個人的にはPretty Maidsのニューアルバムと言われてもおかしくない出来映え。
少し憂いのあるヨーロピアンハードロックのお手本のようなアルバムです。ぜひ皆さん聴いてみてくださいね。

Pretty Maidsには名盤が多数ありますが、自分は「SIN-DECADE」が大のお気に入り。こちらもぜひご一聴あれ。

ちなみにロニーは肺癌が再発し、現在ステージ4の状態にあることを公言しています。大変な状況の中、こうやって精力的に素晴らしい音楽を提供し続けてくれることには本当に感謝してもしきれません。病状が好転することを陰ながら祈っております。

 

Trivium:In The Court Of The Dragon

骨太なかっこいいメタルを提供してくれるTriviumのニューアルバム「In The Court Of The Dragon」ですが、一聴した段階では前作の「What the Dead Men Say」に比べて劣るかな?と感じたものの、聴きこんでいくうちに「お?このアルバムも意外といいじゃん!」と感じてきました。

初見では前作の方が分かりやすいメロディやリフが多く、まずは前作から聴くことをおすすめしますが、今作はスルメのような味わいのこれまた名盤。ドライブ中に聴くとこの手の音楽はテンション上がっていい感じです!

 

Hidden Intent:Dead End Destiny

続いて骨太なスラッシュメタルバンドのご紹介。

自分は80年代のスラッシュメタルが大好物なのですが、このHidden Intentは良い意味で昔を思い出すストレートなスラッシュメタルを提供してくれています。ザクザクしたギターリフが最高!トリオ編成というのも面白い!ただしジャケ写がダサいのはなんとか改善してあげてほしい…

日本で未発売のこういったマニアックなアルバムも、Apple Musicなら簡単に聴けるのは本当に最高です。

 

今後も随時追記予定!

とりあえず、現在ヘビロテしている洋楽ハードロック/ヘビメタバンドのおすすめアルバムをいくつかご紹介してみました。

昔(学生時代)なら、なけなしのお小遣い(5,000円/月)でドキドキしながら毎月2枚ほど洋楽HR/HMアルバムを購入していた管理人ですが、今では日本未発売のアルバムも含めて月々1,000円程度で聴き放題になるとは夢にも思いませんでした。

Apple Musicをはじめ、様々なストリーミングサービスを契約しているなら、せっかくなのでいろいろな音楽をぜひ聴いてみてください。普段と異なるジャンルの音楽を聴くのも、また新しい発見があって面白いものですよ。

今後も2022年度中のお気に入りアルバムをこのページに追記していきますので、気になる方はぜひブックマークしておいてくださいね。

コメント