Surface Pro 8:バッテリーの過充電防止機能をオンにしてバッテリーを長持ちさせる方法

スポンサーリンク
Surface Pro 8:バッテリーの過充電防止機能をオンにしてバッテリーを長持ちさせる方法surface

先日購入したマイクロソフト謹製のWindows 11搭載PC「Surface Pro 8」、なかなかいい感じに使えており、満足度は高め。

普段はタブレットスタイルや「Surface Pro スリム ペン2付き Signature キーボード」を装着してノートパソコンスタイルで使っていますが、自宅ではたまに27インチ4Kモニターに接続し、デスクトップPCのような使い方もしています。

そしてMacBookのクラムシェルモードのような感じで「Surface Pro 8」をモニターにHDMIやUSB-Cなどで出力して使う場合、一般的には充電しながら使う方も多いでしょう。

そんな時に気になるのがバッテリーの過充電。ずっとバッテリーが100%の状態で充電し続けるのは、バッテリー寿命を縮めそうで気になるところ。実際にSurface所有者の方の記事を読むと、バッテリーが膨張してきたという報告もちらほらありました。

そんな充電しながらSurface Pro 8を使う機会が多い方におすすめなのが【バッテリー制限】機能。実はSurfaceシリーズにはバッテリーの過充電を抑制する【バッテリー制限】機能が搭載されており、この機能をUEFIからオンにする事で、バッテリーが50%を超えて充電されなくなるのです。

普段電源に繋いだまま「Surface Pro 8」を使う機会が多い方は、ぜひ【バッテリー制限】機能をオンオフする方法を覚えておきましょう。

Microsoftもデバイスが継続的に電源に接続されている場合は、【バッテリー制限】を利用することを推奨しています。

スポンサーリンク

Surface:バッテリー制限のしくみ

デバイスに「バッテリー制限」を設定すると、デバイスのバッテリーを充電するプロトコルが変更されます。

「バッテリー制限」を有効にすると、バッテリーの充電量が最大容量の50%に制限されます。Windowsで表示される充電レベルには、この制限が反映されます。したがって、バッテリーが50%まで充電されていることが表示され、この制限を超えて充電されることはありません。

デバイスの充電量が50%を超えているときに「バッテリー制限」を有効にすると、「バッテリー」アイコンが表示され、デバイスが電源に接続されていても、最大充電容量の50%に達するまで放電していることがわかります。

 

Surface Pro 8:バッテリーの過充電防止機能【バッテリー制限】をオンにする方法

Surface Pro 8で、バッテリーの過充電防止機能である【バッテリー制限】をオンにする方法は以下の通り。

まずは「Surface Pro 8」のUEFI画面を開きます。あらかじめ「Surface Pro 8」の電源はオフ(シャットダウン)にしておいてください。

電源がオフの状態で、左サイドの【①Volume Upボタン】を押しながら右サイドにある【②電源ボタン】を押します。

Surface Pro 8:バッテリーの過充電防止機能【バッテリー制限】をオンにする方法

 

すると「Surface UEFI」の画面が開きます。ここで左メニューから【Boot configuration】を選び、「Advanced options」にある【Enabled Battery Limit】をオンにします。

Surface Pro 8:バッテリーの過充電防止機能【バッテリー制限】をオンにする方法

 

変更出来たら左メニューの【Exit】を選び、【Restart now】を押せばSurface Pro 8が再起動します。

Surface Pro 8:バッテリーの過充電防止機能【バッテリー制限】をオンにする方法

 

これで以後は電源に接続したままでもバッテリーが50%以上充電されなくなります。デスクトップスタイルでSurface Pro 8を充電しながら使う機会が多い場合は、ぜひ試してみてくださいね。

ただし、外出時にはやはり50%の充電状態では心もとないでしょう。そんな時は上記と逆の手順で【バッテリー制限】をオフにし、しっかり充電してから使ってくださいね。

 

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

コメント