Windows 10にオプションパッチ「KB5014023」が配信開始。ファイルのコピー速度が遅くなる問題やIMEの不具合、既知の不具合などが修正。必要に応じてインストールを

スポンサーリンク
Windows 10にオプションパッチ「KB5014023」が配信開始。ファイルのコピー速度が遅くなる問題やIMEの不具合、既知の不具合などが修正。必要に応じてインストールをWindows 10

Microsoftは、Windows 10 バージョン21H2、21H1、20H2を実行しているPC向けに、追加のオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB5014023」の配信を開始しました。

今回のオプションパッチ「KB5014023」では、ファイルのコピー速度が遅くなる問題、日本語の半角カタカナの並び替えに影響する問題、Microsoft ExcelまたはMicrosoft Outlookを開くことができない稀な問題、24時間稼働しているWindowsシステムで発生するメモリーリークの問題、IEモードのウィンドウフレームに影響を与える問題、インターネットショートカットが更新されない不具合、IMEが前のテキストを変換している間に文字を入力するとその文字が破棄される問題、ファイルコピーに時間がかかる問題などが修正されています。

他にも、コントロールパネルの「バックアップと復元(Windows 7)」アプリケーションを使用してリカバリディスク(CDまたはDVD)を作成すると起動しなくなることがある既知の問題への対処、特定のGPUに影響を与え、アプリが予期せず終了したり、Direct3D 9を使用する一部のアプリに影響を与える断続的な問題を引き起こす可能性のある既知の問題への対処も行われています。

あくまでも「KB5014023」はセキュリティ修正を含まない定例外のオプションパッチであり、特に問題が発生していない場合は無理にインストールする必要はありません。必要に応じてインストール作業を行ってください。

スポンサーリンク

「KB5014023」のアップデート内容

「KB5014023」の更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

Windows 10、バージョン20H2

  • New! 新しいソートバージョン 6.4.3 を導入し、日本語の半角カタカナに影響するソートの問題を解決しました。
  • Azure Active Directory (AAD) にサインインする際に、インターネットから切断して強制登録を回避することを防止します。
  • AnyCPU アプリケーションを 32 ビットプロセスとして実行する可能性がある問題に対処します。
  • 複数の部分的な構成を持つ Azure Desired State Configuration (DSC) シナリオが期待どおりに動作しない問題に対処します。
  • Win32_User または Win32_Group WMI クラスへのリモート プロシージャ コール (RPC) に影響する問題に対処します。RPCを実行するドメインメンバーは、プライマリドメインコントローラー(PDC)に連絡します。多くのドメインメンバーで複数のRPCが同時に発生すると、PDCに負担がかかる可能性があります。
  • 一方的な信頼が設定されている信頼済みユーザー、グループ、またはコンピュータを追加するときに発生する問題に対処しました。選択したオブジェクトが宛先ソースの種類と一致しません」というエラーメッセージが表示されます。
  • パフォーマンスモニターツールのパフォーマンスレポートで、アプリケーションカウンターのセクションが表示されないという問題に対処しています。
  • Microsoft ExcelまたはMicrosoft Outlookを開くことができない稀な問題に対処しています。
  • 24時間稼働しているWindowsシステムで発生するメモリーリークの問題に対処しています。
  • IEモードのウィンドウフレームに影響を与える問題に対処しています。
  • インターネットショートカットが更新されない不具合に対応しました。
  • 入力メソッドエディター(IME)が前のテキストを変換している間に文字を入力すると、その文字が破棄される問題に対処しています。
  • LowIL(Low Integrity Level)アプリケーションがNULLポートに印刷するときに印刷に失敗する問題に対処しています。
  • サイレント暗号化オプションを使用するとBitLockerが暗号化されない問題に対処しています。
  • 複数の WDAC ポリシーを適用したときに発生する問題に対処しました。複数の WDAC ポリシーを適用すると、ポリシーでスクリプトの実行が許可されている場合に、スクリプトが実行されない場合があります。
  • Microsoft Defender Application Guard (MDAG)、Microsoft Office、およびMicrosoft Edgeのマウスカーソルの動作と形状の向きに影響を与える問題に対応しました。この問題は、仮想グラフィック処理ユニット(GPU)をオンにしたときに発生します。
  • セッションを終了するときにRemote Desktopクライアントアプリケーションが動作しなくなることがある問題に対処しています。
  • Terminal Services Gateway (TS Gateway) サービスで、クライアントがランダムに切断される信頼性の問題に対処します。
  • ドメイン結合されているデバイスに検索ハイライトを配備します。この機能の詳細については、グループ構成:Windowsの検索ハイライトを参照してください。Search.admxファイルおよびポリシーCSP – 検索で定義されたグループポリシー設定を使用して、企業規模で検索ハイライトを構成できます。
  • フォント緩和ポリシーをオンにすると、Input Method Editor (IME) モードインジケーターアイコンに誤った画像が表示される問題に対処しました。詳しくは、企業で信頼できないフォントをブロックするを参照してください。
  • デバイスマネージャに黄色の感嘆符が表示される問題に対処しました。これは、Bluetooth リモート デバイスが Advanced Audio Distribution Profile (A2DP) ソース (SRC) をアドバタイズしているときに発生します。
  • Cluster Windows Management Instrumentation (WMI) プロバイダ (ClustWMI.dll) が WMIPRVSE.EXE で高い CPU 使用率を発生させる問題に対処しています。
  • Microsoftの重複排除ドライバが非ページドプールメモリを大量に消費する問題に対処しました。その結果、マシン上のすべての物理メモリが枯渇し、サーバーが応答しなくなります。
  • キャッシュマネージャー内の書き込みバッファーの計算が正しくないため、ファイルコピーに時間がかかるという問題に対処します。
  • Microsoft OneDriveが使用中の場合、ユーザーがサインアウトするとシステムが応答しなくなる可能性がある問題に対処しています。
  • コントロールパネルの[バックアップと復元(Windows 7)]アプリケーションを使用してリカバリディスク(CDまたはDVD)を作成すると、起動しなくなることがある既知の問題に対処しています。この問題は、2022年1月11日以降にリリースされたWindowsの更新プログラムをインストールした後に発生します。
  • 特定のGPUに影響を与え、アプリが予期せず終了したり、Direct3D 9を使用する一部のアプリに影響を与える断続的な問題を引き起こす可能性のある既知の問題に対処しています。また、Windowsログ/アプリケーションのイベントログにエラーが表示され、障害モジュールがd3d9on12.dll、例外コードが0xc0000094になる場合があります。
  • ファイルシステム制御コード (FSCTL_SET_INTEGRITY_INFORMATION_EX) の入力パラメーターが正しく処理されないという問題に対処します。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しいアップデートのみがデバイスにダウンロードされ、インストールされます。

 

Windows 10、バージョン21H1

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10, バージョン 20H2 からのすべての改善が含まれています。
  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

 

Windows 10、バージョン21H2

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10, バージョン 20H2 からのすべての改善が含まれています。
  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

 

「KB5014023」の既知の不具合

「KB5014023」には以下の既知の不具合があります。

カスタムオフラインメディア等でインストールされたデバイスでは新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合がある

■症状:
カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージから作成されたWindowsデバイスでは、このアップデートによってMicrosoft Edge Legacyが削除されても、新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合があります。この問題は、カスタムオフラインメディアまたはISOイメージが、2021年3月29日以降にリリースされたスタンドアロンのサービススタック更新プログラム(SSU)を最初にインストールせずに、この更新プログラムをイメージにスリップストリームして作成された場合にのみ発生します。

※注意:Windows Updateに直接接続して更新プログラムを受信するデバイスは影響を受けません。これには、Windows Update for Businessを使用しているデバイスも含まれます。Windows Updateに接続しているデバイスは、追加の手順を踏まなくても常に最新版のSSUおよび最新の累積的な更新プログラム(LCU)を受け取ることができます。

■回避策:
この問題を回避するには、まず2021年3月29日以降にリリースされたSSUをカスタムオフラインメディアまたはISOイメージにスリップストリームしてから、LCUをスリップストリームするようにしてください。現在、Windows 10, version 20H2およびWindows 10, version 2004で使用されているSSUとLCUの統合パッケージでこれを行うには、統合パッケージからSSUを抽出する必要があります。以下の手順でSSUを抽出してください。

  1. Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <保存先パス>を展開します。
  2. 次のコマンドラインを使用して、先に抽出したcabからSSUを抽出します:expand Windows10.0-KB5000842-x64.cab /f:* <destination path>
  3. この例では、SSU-19041.903-x64.cabという名前のSSU cabが作成されます。このファイルを最初にオフラインイメージに入れ、次にLCUに入れてください。

影響を受けたカスタムメディアを使用してOSをインストールした際に既にこの問題が発生している場合は、新しいMicrosoft Edgeを直接インストールすることで、この問題を軽減することができます。新しいMicrosoft Edge for businessを広範囲に展開する必要がある場合は、「Microsoft Edge for businessのダウンロードと展開」を参照してください。

 

KB5003690インストール後、2021年7月6日以降のアップデートをインストールできないデバイスがある

■症状:
2021年6月21日(KB5003690)のアップデートをインストールした後、2021年7月6日(KB5004945)以降のアップデートなど、新しいアップデートをインストールできないデバイスがあります。その場合、「PSFX_E_MATCHING_BINARY_MISSING」というエラーメッセージが表示されます。

回避策:
詳細および回避策については、KB5005322を参照してください。

 

「切り取り&スケッチ」アプリがスクリーンショットのキャプチャに失敗する

■不具合の概要:
「切り取り&スケッチ」アプリがスクリーンショットのキャプチャに失敗し、キーボードショートカット (Windows キー + Shift + S) を使用して開くことができない場合があるという報告を受け取っています。この問題は、KB5010342 (2022年2月8日) およびそれ以降の更新プログラムをインストールした後に発生します。

■対応状況:
マイクロソフトが現在調査中。詳細が判明次第、更新情報をお知らせするとの事。

 

Windows 10 20H2 / 21H1 / 21H2:「KB5014023」のインストール方法

Windows 10 20H2 / 21H1 / 21H2向けのオプションパッチ「KB5014023」のインストール方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き「更新とセキュリティ」を開きます。

その後「Windows Update」を開き、【オプションの品質更新プログラムがあります】の項目にある「2022-05×64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H2(※バージョンにより異なる) の累積更新プログラム (KB5014023)」の下部にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 10 20H2 / 21H1 / 21H2:「KB5014023」のインストール方法

コメント