Windows 11 22H2にオプションパッチ「KB5020044」が配信開始。OneDriveの改善やIME/ファイルエクスプローラー/ゲームパフォーマンスの不具合修正など。必要に応じてインストールを

Windows 11 22H2にオプションパッチ「KB5020044」が配信開始。OneDriveの改善やIME/ファイルエクスプローラー/ゲームパフォーマンスの不具合修正など。必要に応じてインストールをWindows 11

Microsoftは、Windows 11 バージョン22H2を実行しているPC向けに、追加のオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB5020044」の配信を開始しました。

今回のオプションパッチ「KB5020044」では、「OneDrive」ユーザー向けにストレージ容量が確認しすくなったり上限に近づくとアラートが表示されるなどの改善に加え、一部アプリが正常に開けない不具合や「エクスプローラー」が動作しなくなる不具合、キーボードからIMEの入力モードを変更すると一部アプリが応答しなくなる不具合、ゲームパフォーマンスが低下する不具合などへの対処が行われています。

あくまでも「KB5020044」はセキュリティ修正を含まない定例外のオプションパッチであり、特に問題が発生していない場合は無理にインストールする必要はありません。必要に応じてインストール作業を行ってください。

なお、「KB5020044」の内容と共にキュリティ更新を含む次回の月例パッチは12月14日(水)に配信予定です。

スポンサーリンク

「KB5020044」のアップデート内容

「KB5020044」の更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • New! Microsoft OneDriveの契約者に、「設定」アプリの「システム」ページでストレージのアラートを表示するようにしました。ストレージの上限に近づくと、アラートが表示されます。また、ストレージを管理し、必要に応じて追加のストレージを購入することができます。
  • New! 「設定」アプリの「アカウント」ページに、「OneDrive」サブスクリプションのストレージ容量の合計が表示されます。
  • New! 「個人設定」ページで、Windows Spotlightとテーマを組み合わせることができます。これにより、Windows Spotlight機能を発見してオンにすることが容易になります。
  • New! 組織メッセージのための新しいモバイルデバイス管理 (MDM) ポリシーが追加されました。これにより、テナントデバイスを登録し、テナントデバイスがあなたからのカスタムメッセージを受け取れるようにするオプションが提供されます。例えば、Intune を使用してメッセージを記述することができます。メッセージはWindows上でレンダリングされます。
  • 一部の最新アプリケーションに影響を与える問題に対処します。アプリケーションを開くことができなくなります。
  • 企業によって管理されている一部のデバイスに影響を与える問題に対処します。これらのデバイスのアプリインストールの信頼性を向上させます。
  • フィジー共和国における今年のサマータイム停止に対応します。
  • Distributed Component Object Model (DCOM) の認証強化に影響する問題に対応します。DCOMクライアントからのすべての非匿名アクティブ化要求の認証レベルをRPC_C_AUTHN_LEVEL_PKT_INTEGRITYに自動的に引き上げることになりました。これは、認証レベルがパケットの整合性を下回っている場合に発生します。
  • Unified Update Platform (UUP)のオンプレミス顧客に影響する問題に対処します。オフライン言語パックの取得を妨げるブロックが削除されました。
  • プロセス作成に影響する問題が解決されます。プロセスの作成およびその他の関連する監査イベントに対するセキュリティ監査が失敗します。
  • クラスタ名オブジェクト(CNO)または仮想コンピュータオブジェクト(VCO)に影響する問題が解決されます。パスワードリセットに失敗します。エラーメッセージは、「ADパスワードのリセットにエラーが発生しました…. // 0x80070005」です。
  • レイヤーウィンドウの透明度に影響する問題に対処しています。この問題は、High Definition remote applications integrated locally (RAIL)モードのときに発生します。
  • Input Method Editor (IME)に影響する既知の問題に対処しています。特定のアプリケーションが応答を停止することがあります。これは、キーボード ショートカットを使用して IME の入力モードを変更した場合に発生します。
  • Listen To機能を使用してスピーカーエンドポイントにルーティングするマイクストリームに影響を与える問題に対処しています。デバイスを再起動すると、マイクが動作しなくなります。
  • Windowsロックダウンポリシー(WLDP)上で実行されるアプリケーションに影響する可能性のある問題に対処しています。動作しなくなる可能性があります。
  • Microsoft Defenderがプライマリーアンチウイルスでない場合に影響を与える問題に対処しています。Microsoft Defenderがパッシブモードをオフにできません。この問題は、Smart App Control (SAC)をオフにしたときに発生します。 
  • 一部のアプリ制御ポリシーで許可されない危険な拡張子のリストに.wcxが追加されます。
  • Microsoft Defender for Endpointに影響する問題に対処しています。自動化された調査がライブレスポンス調査をブロックします。
  • Microsoft Edgeの横向きモードでの印刷に影響する問題が解決されます。印刷出力が正しくありません。この問題は、Microsoft Defender Application Guardを使用しているときに発生します。
  • ファイルエクスプローラーが動作しなくなる問題が解決されます。この問題は、コンテキストメニューやメニュー項目を閉じたときに発生します。
  • 特定のアプリが応答しなくなることがある問題に対応しています。[ファイルを開く]ダイアログを使用したときに発生します。
  • ファイルを開くときに、File Explorerに影響を与えることがある問題に対応しました。CPUの使用率が高くなります。
  • 「設定」アプリのプロトコル アクティベーションに影響する不具合に対応しました。アプリが、アカウント カテゴリの下のページを開くことができません。
  • コンピュータのアカウントに影響する問題に対処しています。非標準文字の使用により、Out of Box Experience (OOBE) アカウントのクリーンアップが停止する可能性があります。
  • CopyFile関数に影響する問題に対処しています。エラー 317: ERROR_MR_MID_NOT_FOUND が返されることがあります。
  • Windowsファイアウォールサービスに影響する問題に対処しています。 [ブロック ルールの上書き] オプションをオンにすると、開始されません。
  • 一部のゲームやアプリケーションに影響する問題が解決されます。この問題は、GPUパフォーマンスのデバッグ機能に関連しています。これにより、期待されるゲームパフォーマンスが低下します。
  • 累積的な更新プログラムのインストールに影響する問題が解決されます。インストールに失敗しった際のエラーコードは0x800f0806です。

 

「KB5020044」の既知の不具合

「KB5020044」には以下の既知の不具合があります。

プロビジョニングパッケージが期待通りに動作しない場合がある

■不具合の概要:
Windows 11, バージョン 22H2 (Windows 11 2022 Update) でプロビジョニングパッケージを使用すると、期待どおりに動作しないことがあります。Windows が部分的にしか構成されず、初期セットアップ(Out Of Box Experience)が終了しないか、予期せず再起動する可能性があります。プロビジョニングパッケージは、企業や学校のネットワークで使用する新しいデバイスを設定するために使用される.PPKGファイルです。この問題は、初期セットアップ時に適用されるプロビジョニングパッケージに発生する可能性があります。プロビジョニングパッケージについて詳しくは、Windowsのプロビジョニングパッケージを参照してください。

  • Windows Autopilotを使用するWindowsデバイスのプロビジョニングは、この問題の影響を受けません。
  • 家庭や小規模オフィスで消費者が使用する Windows デバイスは、この問題の影響を受ける可能性はほとんどありません。

■回避方法:
Windows 11, Version 22H2へのアップグレード前にWindowsデバイスのプロビジョニングを行うことができれば、この問題を防ぐことができます。

■対処状況:
マイクロソフトは原因を調査中であり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

大容量ファイルの転送速度が遅くなりコピーに時間がかかる

■概要:
Windows 11 バージョン 22H2 では、大きな数ギガバイト (GB) のファイルをコピーすると、完了までに予想以上に時間がかかる場合があります。この問題は、サーバー メッセージ ブロック (SMB) を介してネットワーク共有から Windows 11 バージョン 22H2 にファイルをコピーする際に発生する可能性が高くなりますが、ローカル ファイル コピーも影響を受ける可能性があります。

■回避方法:
この問題を軽減するために、キャッシュ マネージャー (バッファー I/O) を使用しないファイル コピー ツールを使用できます。これは、以下にリストされている組み込みのコマンドライン ツールを使用して行うことができます。

  • robocopy \\someserver\someshare c:\somefolder somefile.img /J
  • xcopy \\someserver\someshare c:\somefolder /J

■対処状況:
マイクロソフトは解決に向けて取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

Windows 11 22H2:「KB5020044」のダウンロード&インストール方法

Windows 11 22H2向けのオプションパッチ「KB5020044」のダウンロード&インストール方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き、最下段の「Windows Update」を開きます。

表示されている「2022-11 x64 ベース システム用 Windows 11 Version 22H2 の累積更新プログラム (KB5020044)が利用可能です。」の下にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 11 22H2:「KB5020044」のダウンロード&インストール方法

コメント

  1. jan より:

    問題があるような、ないような、状態なので、ちょっと気になることがあるんです。不具合というほどのことではないんですが。一応インストールしました。これで、「問題はない」になれば いいのですが。

    • よっしー より:

      お疲れ様です!
      その後は問題ないでしょうか?
      こちらは今回のアップデートが原因かは不明ですが、Wi-Fi接続が途切れる場合があります。
      とりあえず様子を見てみます。

      • jan より:

        2つ気になることがありました。2つとも解決しました。1つは、前に書きました「スリープ」のことです。スリープにしてそのあとで元に戻そうとすると、電源スイッチを押しても黒い画面のままで、なかなか元に戻りません。「KB5020044」を入れてみたら、そういうことは起こらず、すぐ元に戻るようになりました。2つ目のことは、画像処理ソフトを入れているのですが、画像を保存するとき、ファイルの名前を日本語(全角)にしようとして日本語入力のキーを押すと、なぜか終了になってしまいます。ちょうどESCキーを押したように。半角だとそのまま保存できるのですが。それが「KB5020044」を入れてからは、画像の名前を日本語にしようとして全角のキーを押しても終了にならず、保存できます。そういうわけで、気になっていた2つのことが解決しました。「Wi-Fi接続が途切れる」というのは、私の場合は起こっていません。

        • よっしー より:

          お疲れ様です!
          不具合が改善したようで何よりです!
          Wi-Fi不具合は色々な原因が考えられるので、更新プログラムはあまり関係ないかもしれません。
          ご報告ありがとうございました。