OneDriveユーザーは今すぐポチッとしてこう!今後も15GBの無料ストレージ容量が使用継続可能になるよ!

0
21519
Pocket

先日Microsoftが、OneDriveの容量プランについて見直しを発表しましたが、大幅なプランの改悪に、ユーザーからかなりの反発があったようです。

改悪内容をまとめてみると、まずOffice 365に付随するOneDriveの容量は当初無制限だったのですが、これに1TBの制限が付くことに。ただし、日本では元から1TBだったので、変更は無し。申請すると容量が増やせるなどの情報もあったようですが、詳細は不明です。
「Office 365」ユーザ向けのOnedrive無制限化について|togetter

そして最も重要なのが無料プランを使っている場合。当初は15GBのストレージ容量があったのですが、これが5GBと、なんと1/3に減ってしまうんです!Google Driveはここ最近ずっと15GBのままなので、競合他社のサービスより改悪するというのは、個人的には微妙な印象です。また、キャンペーンのカメラロール15GBボーナスも無くなってしまうとのこと。つまり、30GB→5GBと人によっては1/6になってしまうんですね。

しかし!あまりの反響にMicrosoftも方針を転換し、事前に特設ページから申し込んだ人のみ、当初の15GB+カメラロールボーナス15GB=30GBを今後も無料で利用可能にすると発表しました!なんだか迷走している感もありますが、知っている人のみ得をする情報です。とりあえず特設サイトのボタンをポチッとするだけなので、ぜひOneDriveを使っている人や、今は使っていないけどWindows 10ユーザーである方なども、今すぐ忘れないうちにポチッと申請しておきましょう!期限は2016年1月31日(米現地時間)までです!

- Advertisement -

OneDriveユーザーは2016年1月31日までにストレージ容量維持を申請しておこう!

2016年1月31日までに申請しておけば、なんとOneDriveの無料ストレージ容量が、従来の15GBのまま維持できるそうです。また、カメラロールボーナスの15GBもそのまま利用可能との事!うーん、太っ腹なのかなんなのか、良く分からなくなってきましたね。

個人的には、知っている人だけが得をするというのは微妙な気もしますが、この記事を読んでいるアナタは少なくとも、今後もOneDriveの無料容量を15GB、もしくは30GBで維持できるという事になるはず!ぜひ忘れないうちに、以下の申請ページからポチッとしておいてくださいね(∩´∀`)∩

Office365ユーザーも、念のためにポチッておいた方が無難かも。

OneDrive ストレージ容量維持申請ページへ

OneDriveの無料容量を15GBで維持

申請ページの「Keep your free storage」ボタンをポチッとしておきましょう。

次に、「このアプリがあなたの情報にアクセスすることを許可しますか?」のページが表示されたら、「はい」をクリックします。

最後に 「Success」の画面が表示されたら容量維持申請は完了です。

OneDrive ストレージ 無料プラン 期間限定キャンペーンについて|Office Blogs

OneDriveの無料ストレージ容量維持申請が出来たか確認する方法

無事にOneDriveの無料ストレージ容量維持申請ができたかどうか気になる方は、再度上のページへ飛び、ボタンをポチッとしてみてください。以下の画面が出たら、おそらく無事申請できていると思います。

OneDriveの無料容量を15GBで維持

OneDriveのカメラロールボーナス15GBとは?

OneDriveの「カメラロールボーナス:15GB増量キャンペーン」がまだ利用可能かどうかは検証できていないので不明ですが、一応過去のキャンペーン内容を載せておきます。

このカメラロールボーナスとは、Windows、 Windows Phone、 iOS、 Android のいずれかの「OneDrive」アプリで「カメラバックアップを有効にする」を選択すると、カメラロールボーナスとして15GBの容量が追加されるというキャンペーンでした。人によっては初期状態でこの設定が“オン”になっていると、自動的に容量が追加されていたようですね。

これは2014年9月30日までの期間限定キャンペーンでしたが、「クラウドサービスの無料ストレージ容量を最大限に増やす方法|lifehacker」さんの記事中で、OneDriveアプリでカメラロールへのバックアップ機能をオンにすると、3GBの無料ストレージ容量が追加されるとありました。15GB→3GBと減っていますが、ひょっとするとまだこのキャンペーンは利用可能なのかもしれません。とりあえず気になる方は試してみると良いのではないでしょうか。

現時点のOneDriveで使用可能なストレージ容量の確認方法

現時点のOneDriveで使用可能なストレージ容量や、実際に使用しているストレージ容量の確認は、以下のページから確認できます。

ストレージの管理ページ|OneDrive

OneDriveの無料ストレージ容量を増やす方法

なんとか無料でOneDriveのストレージ容量を増やしたい場合は、まだOneDriveを利用していないユーザーを招待することで、招待した人、された人、それぞれ0.5GB(最大5GB)を増やすことが可能です。

【新規ユーザーとして OneDrive にサインインした友だち 1 人につき、あなたと友だちの両方に、0.5 GB の無料ストレージ (最大 5 GB) が追加されます。】

まずは上記のストレージの管理ページへ行き、【ディスク容量>無料ストレージを取得】をクリック。

OneDriveの無料ストレージ容量を増やす方法

 

以下のページが開くので、【メールの招待:宛先】に招待したい相手のメアドを入力し、招待するか、【ソーシャルネットワークに投稿】をクリックして、表示されたアドレスをSNSなどに投稿すればOKです。

OneDriveの無料ストレージ容量を増やす方法

なお、まだOneDriveを利用していない人は、管理人の招待コードを載せておくので、良かったらクリックしてみてくださいね。

OneDrive招待状へのリンク

OneDriveの無料ストレージ容量維持申請はお早めに!

昨今、スマホのカメラ機能はどんどん進化しており、それに伴って写真や動画のデータ量も増えてきています。正直言ってApple:iCloudの無料ストレージ容量5GBは少ないなあ。と感じていたのですが、GoogleとMicrosoftは15GBと無料容量が多く、自分も便利に使っていました。それだけに、今回のMicrosoftの方針転換はやや残念に思います。

今回の「OneDrive」無料ストレージ容量維持申請は、2016年1月31日(米現地時間)までと期間限定です。後でいいや。と思うと意外と忘れてしまうことも多いと思うので、ぜひ早めに申請しておきましょう。

なお、詳しいOneDriveのプラン変更点や、容量をオーバーしている方への対処などについては、Microsoftの公式ページを参照してみてくださいね。

OneDrive の変更に関してよく寄せられる質問(FAQ)|Office Blogs

(Visited 322 times, 7 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。