iOS 12.4.1が配信開始。脱獄可能な脆弱性を再修正、速やかに適用を。不具合報告は特になし。

iOS 12.4.1が配信開始。脱獄可能な脆弱性を再修正、速やかに適用を。不具合報告は特になし。 Apple Tips

本日Appleが、iPhoneやiPadなど、iOS端末向けに「iOS 12.4.1」の配信を開始しました。

今回の「iOS 12.4.1」では、5月リリースの「iOS 12.3」で修正されていた脆弱性「CVE-2019-8605」が誤って修正前の状態に戻されており、これに気付いたGoogleのセキュリティチーム「Project Zero」の指摘に基づいて再度修正されたというものです。また、アメリカの解説ページでは、セキュリティ研究者「@Pwn20wnd」氏への謝意も述べられています。

この脆弱性を放置すると悪意のあるアプリケーションにシステム権限を取得され、任意のコードを実行される可能性があります。一般的には「脱獄(jailbreak)」などに利用されますが、悪意のあるアプリに利用される可能性もあります。出来るだけ早急にiPhoneやiPadユーザーはアップデートを適用しておきましょう。

- Advertisement -

iOS 12.4.1のアップデート内容一覧

iOS 12.4.1には重要なセキュリティおよび安定性のアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:https://support.apple.com/kb/HT201222

 

セキュリティ情報の詳細は、英語ですが以下のページで確認できます。

About the security content of iOS 12.4.1|Apple

 

iOS 12.4.1アップデート前にはバックアップをお忘れなく!

「iOS 12.4.1」へアップデートする場合は、必ず事前にデータのバックアップを取っておきましょう。現時点では大きな不具合報告はありませんが、最悪文鎮化してしまうとデータの復旧が困難になる可能性もあります。アプリなどのデータは勿論ですが、写真や動画などのデータもしっかりパソコンやiCloudなどに保存しておきましょう。

 

iOS 12.4.1へのアップデート方法

「iOS 12.4.1」配信開始後すぐに手動でアップデートしたい場合は、iTunesを介してアップデートする方法と、iPhone単体でOTAアップデートする方法があります。
個人的にはiTunesを介してのアップデートの方が安全性が高くおすすめです。

iPhone単体でのOTAアップデート:設定>一般>ソフトウェア・アップデート

コメント

タイトルとURLをコピーしました