Windows 11 22H2/23H2にオプションパッチ「KB5032288」が配信開始!Windows Copilot関連の機能追加や日本語入力の不具合改善など。必要に応じてインストールを

Windows 11 22H2/23H2にオプションパッチ「KB5032288」が配信開始!Windows Copilot関連の機能追加や日本語入力の不具合改善など。必要に応じてインストールを Windows 11
スポンサーリンク

Microsoftは、Windows 11 バージョン22H2/23H2を実行しているPC向けに、追加のオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB5032288」の配信を開始しました。

今回のオプションパッチ「KB5032288」では、複数ディスプレイでWindows Copilotが使用できるようになりました。ただし、マルチモニター環境でWindows Copilotを使用するとアイコンの位置がずれる不具合が存在しており、該当環境へのWindows Copilotの配信は停止されているとの事です。ちなみにローカルアカウントを利用している場合は、Windows Copilotの使用回数は10回に制限されます。

他にも、今後数週間でWindows Spotlightがデフォルトの背景に設定できる新機能が追加されます。「設定」のホームにMicrosoftアカウントのアカウント関連の通知の展開も開始されます。

不具合の改善としては、IEモードが応答しなくなる問題の修正や、日本語入力時のカーソルが予期せず移動する不具合への対処、ファイル エクスプローラが予期せずウィンドウ前面に表示される不具合への対処、Microsoft Store からダウンロードしたアプリが応答しなくなり、更新されなくなる不具合への対処、RARファイルが空のように表示される不具合への対処などが行われています。

なお、「KB5032288」はセキュリティ修正を含まない定例外のオプションパッチであり、特に問題が発生していない場合は無理にインストールする必要はありません。必要に応じてインストール作業を行ってください。

「KB5032288」の内容と共にキュリティ更新を含む次回の月例パッチは12月13日(水)に配信予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「KB5032288」のアップデート内容

「KB5032288」に関連するアップデート内容は以下の通りです。

  • New! 複数のディスプレイで(プレビュー版)Windows Copilotを使用できます。Windows Copilotを表示させたいディスプレイのタスクバーでWindows Copilotタスクバーボタンを押します。最後に表示したディスプレイにWindows Copilotを表示するには、Win+Cを押します。キーボードを使用している場合は、Win+Tを押してキーボードのフォーカスをタスクバーに合わせます。その後、Windows Copilotボタンを押すと、どのディスプレイでもWindows Copilotが開きます。この機能は、当初は一部のユーザーに提供され、その後数カ月でより広範に展開されます。
  • New! Alt+TabでWindows Copilotを使用できます。Alt+Tabを押すと、開いているウィンドウの他のサムネイルプレビューの中に、WindowsでのCopilotのサムネイルプレビューが表示されます。Tabキー操作で切り替えることができます。この機能は、当初は一部のユーザーに提供され、その後数カ月でより広範に展開されます。
  • New! 今後数週間で、Windows Spotlightがデフォルトの背景に設定される可能性があります。これは、背景が受信トレイのWindows画像に設定されている場合に発生する可能性があります。
  • New! ローカルアカウントを使ってWindowsにサインインした場合、Windows Copilot(プレビュー版)に10回ヘルプを求めることができます。それ以降は、認証済みアカウントを使用してサインインする必要があります。これには、Microsoftアカウント(MSA)とAzure Active Directory(Azure AD)が含まれます。なお、Azure ADの名称はMicrosoft Entra IDに変更されることに注意してください。
  • New! このアップデートにより、[設定] > [ホーム] の Microsoft アカウントに関するアカウント関連通知の展開が開始されます。Microsoft アカウントは、Windows を Microsoft アプリケーションに接続します。アカウントはすべてのデータをバックアップし、サブスクリプションの管理に役立ちます。また、アカウントからロックアウトされないように、追加のセキュリティ手順を追加することもできます。この機能は、スタートメニューと設定全体に通知を表示します。設定の通知は、[設定] > [プライバシーとセキュリティ] > [一般]で管理できます。
  • この更新プログラムにより、Windows Copilot(プレビュー版)がタスクバーから開く速度が向上します。
  • この更新プログラムでは、タスクバーの [Windows Copilot(プレビュー版)] アイコンに影響する問題が解決されます。Windows Copilotを開いているときに、このアイコンはアクティブとして表示されません。
  • この更新プログラムでは、IE モードが応答しなくなる問題が解決されます。この問題は、空のテキスト ボックスにフォーカスがあり、キャレット(カーソル)ブラウズがオンの状態で左矢印キーを押すと発生します。
  • この更新プログラムにより、IE モードが応答しなくなる問題が解決されます。この問題は、IE モードのタブを複数開いている場合に発生します。
  • この更新プログラムはダイナミックライティングに影響します。これにより、デバイスで使用される電力が削減されます。
  • この更新プログラムは、日本語入力時のカーソルに影響する可能性のある問題に対処しています。カーソルが予期せず移動することがあります。
  • この更新プログラムにより、カーソルに影響する問題が解決されます。一部の画面キャプチャのシナリオでカーソルの移動が遅くなることがあります。
  • この更新プログラムでは、ウィジェットの通知バッジに影響する問題が解決されました。タスクバー上の間違った位置にあります。
  • この更新プログラムでは、ファイル エクスプローラに影響する問題が解決されました。Shift + F10 キーを押しても、ショートカット(コンテキスト)メニューが開きません。
  • この更新プログラムでは、ファイル エクスプローラのウィンドウに影響する問題が解決されました。予期しないウィンドウが前面に表示されることがありました。
  • この更新プログラムでは、ファイル エクスプローラに影響する問題が解決されました。左ペインのオプションが間違った状態で表示されます。
  • この更新プログラムでは、Microsoft Store からダウンロードしたアプリケーションに影響する問題が解決されます。アプリが応答しなくなり、更新されなくなります。
  • この更新プログラムは、ショートカット(コンテキスト)メニューに影響します。デスクトップおよびファイル エクスプローラで開いたときのパフォーマンスが向上しました。
  • この更新プログラムは、ナレーターに影響する問題に対処します。Windows のインストール時にセットアップ画面を開くことができません。
  • この更新プログラムにより、.RAR ファイルに影響する問題が解決されます。ファイルエクスプローラでは、.RAR ファイルが空のように表示されます。
  • この更新プログラムは、オランダのタイムゾーンに影響します。これにより、ロッテルダム郊外の最近の人工地形がシェイプ ファイルに追加されます。
  • この更新プログラムでは、[信頼済みサイトゾーン] ログオン ポリシーに影響する問題が解決されます。モバイル デバイス管理 (MDM) を使用して管理することはできません。
  • この更新プログラムでは、IE モードに影響する問題が解決されます。開いているモーダルダイアログがある場合に、Web ページが正常に動作しなくなります。
  • この更新プログラムでは、アプリのカーソルの問題が解決されます。カーソルが手からカーソルに変化したり、カーソルが消えたりします。これらの問題は、アプリが WebView2Standalone XAML コントロールを使用している場合に発生します。
  • この更新プログラムは、リモート ダイレクト メモリ アクセス (RDMA) パフォーマンス カウンターに影響する問題に対処します。 VM 上のネットワーク データを正しい方法で返しませんでした。
  • この更新により、32 ビット GDI ベースのアプリケーションに影響する問題が解決されました。それらが応答を停止します。この問題は、2GB以上のメモリを使用する64ビット Windows OS 上で実行すると発生します。
  • この更新プログラムは、Microsoft OneNote に影響を与える可能性のある問題に対処します。ペンで右クリックして開くと、失敗することがあります。
  • この更新プログラムは、Advanced Audio Coding (AAC) デコーダーに影響する問題に対処します。誤った入力サンプリングレートを設定している一部のWebサイトでは、正常に動作しません。
  • この更新プログラムは、PresentAt 機能を使用するハードウェアに影響する問題に対処しています。ビデオをフルスクリーンで再生すると、消費電力が増加します。
  • この更新プログラムは、システム設定アプリケーションに影響する問題を解決します。デバイス暗号化をオフにすると応答しなくなります。
  • この更新プログラムは Microsoft Defender for Endpoint (MDE) に影響します。条件付きアクセス (CA) シナリオが有効になります。
  • この更新プログラムでは、既存のリモート デスクトップ セッションに再接続できなくなる問題が解決されます。代わりに、新しいセッションが作成されます。
  • この更新プログラムでは、Windows LAPS に影響する問題が解決されます。PasswordExpirationProtectionEnabled ポリシーが設定をオンにできないという問題がありました。
  • この更新プログラムは、不安定な通知の漏洩に対処します。これにより、マシンにサインインできなくなる場合があります。
  • この更新プログラムは、Windows サンドボックスに影響する問題に対処します。ご使用のマシンのロケールが米国英語以外の場合、ファイル エクスプローラが応答しなくなることがあります。
  • この更新プログラムは、Remote Desktop Web 認証に影響する問題を解決します。この問題により、主権クラウドのエンドポイントに接続できなくなることがあります。
  • この更新プログラムは、特定の PC に影響する問題に対処します。この問題により、音声認識パッケージがダウンロードされなくなります。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しいアップデートのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

「KB5032288」の既知の不具合

「KB5032288」には以下の既知の不具合があります。今後も不具合情報が入り次第追記いたします。

BitLockerがMDM(モバイルデバイス管理)環境で誤って65000エラーを受信する可能性がある

■不具合の概要:
モバイルデバイス管理 (MDM) アプリの BitLocker 構成サービスプロバイダ (CSP) ノードで FixedDrivesEncryptionType または SystemDrivesEncryptionType ポリシー設定を使用すると、環境の一部のデバイスで「デバイス暗号化を要求する」設定に 65000 エラーが誤って表示されることがありました。

影響を受ける環境は、「オペレーティングシステムドライブにドライブ暗号化の種類を適用する」または「固定ドライブにドライブ暗号化を適用する」ポリシーが有効に設定され、「完全暗号化」または「使用領域のみ」のいずれかが選択されている環境です。Microsoft Intuneはこの問題の影響を受けますが、サードパーティ製MDMも影響を受ける可能性があります。

重要:この問題は表示上のみの問題であり、ドライブの暗号化や、他の BitLocker の問題を含むデバイス上の他の問題には影響しません。

■回避策:
Microsoft Intune でこの問題を軽減するには、「オペレーティング システム ドライブでドライブ暗号化の種類を強制する」または「固定ドライブでドライブ暗号化を強制する」ポリシーを未構成に設定します。

■対処状況:
Microsoftは解決策に取り組んでおり、今後のリリースで更新を提供します。

Windows Copilotを使用するとアイコンが意図せず移動することがある

■不具合の概要:
複数のモニターを使用している Windows デバイスでは、Windows Copilot(プレビュー版)を使用しようとすると、デスクトップ アイコンがモニター間で予期せず移動する問題や、その他のアイコンの配置の問題が発生する可能性があります。

■回避策:
ユーザーがこの問題に遭遇しないようにするために、Windows Copilot(プレビュー版)は、マルチモニター構成で使用されているデバイスで使用できない場合があります。

■対処状況:
現在解決策に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

COLRv1 のカラー フォント形式が正しくレンダリングされない

■不具合の概要:
COLRv1 のカラー フォント形式は正しくレンダリングされません。この形式を使用すると、Windows で絵文字を 3D のような外観で表示できます。

■対処状況:
現在解決策に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

Windows 11 23H2をクリーンインストールする際にナレーターが起動しない場合がある

■不具合の概要:
物理メディアまたはディスクイメージ(ISO)を使用してWindows 11, バージョン23H2(Windows 11 2023 Updateとも呼ばれる)をデバイスにインストールすると、Microsoft Narratorが起動しないことがあります。

Narratorは通常、Ctrl + Windowsキー + Enterなどのキーボードコマンドで初期化されます。インストールプロセスが開始されるとNarratorはWindowsに存在しますが、どのような方法でも初期化されると応答しない状態で開くことがあります。

この問題は、すでにWindows 10またはWindows 11が動作しているデバイスに、Windows Updateを使用してWindows 11 23H2をインストールした場合は発生しません。この問題は、インストールに物理メディアまたはISOを使用した場合にのみ発生し、Narratorはインストール処理中にのみ影響を受けます。インストールが完了すると、期待通りに動作するはずです。

■対処状況
Microsoftは現在、この問題を解決したWindows 11 バージョン 23H2をインストールできるメディアの更新に取り組んでいます。今後のリリースで最新情報を提供する予定です。

今回のアップデート内容に「ナレーターの不具合改善」があるので、ひょっとすると修正済みな問題かもしれません。

 

Windows 11 23H2:「KB5032288」のダウンロード&インストール方法

Windows 11 23H2向けのオプションパッチ「KB5032288」のダウンロード&インストール方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き、最下段の「Windows Update」を開きます。

表示されている「2023-11 x64 ベース システム用 Windows 11 Version 23H2 の累積更新プログラム (KB5032288)が利用可能です。」の下にある【ダウンロードとインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 11 23H2:「KB5032288」のダウンロード&インストール方法

その他のオプションにある「利用可能になったらすぐに最新の更新プログラムを入手する」をオンにしておくと、迅速に最新のデータが入手可能です。興味のある方はオンにしておきましょう。なお、不具合が気になる方にはオフが推奨です。

 

ステップアップ方式:Windows 11のおすすめ初期設定/使い方解説

※続きも鋭意執筆中です!

併せて読みたいWindows 11のおすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windows 11
シェアする
enjoypclifeをフォローする
enjoypclife.net

コメント