Windows 11 にオプションパッチ「KB5034204」が配信開始!Bluetoothオーディオや7-ZIP、検索の不具合改善など。必要に応じてインストールを

Windows 11 にオプションパッチ「KB5034204」が配信開始!Bluetoothオーディオや7-ZIP、検索の不具合改善など。必要に応じてインストールを Windows 11
スポンサーリンク

Microsoftは、Windows 11 バージョン22H2/23H2を実行しているPC向けに、追加のオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB5034204」の配信を開始しました。

今回のオプションパッチ「KB5034204」では、 [スタート] メニューで検索が機能しなくなる問題への対処、Bluetooth関連の不具合の改善、7-Zipファイル解凍後、空のファイルが生成される不具合の改善、印刷サポートアプリをインストール後、デバイスが応答を停止する不具合の改善、リモートシステムでの認証にスマート カードを使用すると、60秒後にデバイスがシャットダウンする問題の改善などが行われています。また、やっとCOLRv1のカラー フォント形式が正しくレンダリングされない既知の問題が修正されました。

また、ヨーロッパユーザー向けにEU DMAへの準拠をすすめ、Windows のすべてのアプリをアンインストールできるようにするなどの機能改善も行われています。

なお、「KB5034204」はセキュリティ修正を含まない定例外のオプションパッチであり、特に問題が発生していない場合は無理にインストールする必要はありません。必要に応じてインストール作業を行ってください。

「KB5034204」の内容と共にキュリティ更新を含む次回の月例パッチは2月14日(水)に配信予定です。

Windows 11 バージョン22H2向けのオプションパッチは2月以降配信されなくなります。定例のセキュリティパッチは配信継続されますが、新機能を利用したい場合は23H2にアップデートしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「KB5034204」のアップデート内容

「KB5034204」に関連するアップデート内容は以下の通りです。

  • この更新プログラムは、一部のユーザーの [スタート] メニューで検索が機能しなくなる問題を解決します。この問題はデッドロックが原因で発生します。
  • この更新プログラムでは、ビデオ通話の信頼性を高めるための問題が解決されています。
  • この更新プログラムでは、デバイスが応答を停止する原因となる問題が解決されます。これは断続的に発生し、印刷サポート アプリをインストールした後に発生します。
  • この更新プログラムにより、トラブルシューティング プロセスが失敗する問題が解決されます。これは、「問い合わせ」アプリを使用するときに発生します。
  • この更新プログラムでは、ファイル エクスプローラー ギャラリーに影響する問題が解決されます。ツールチップを閉じることができなくなります。
  • この更新プログラムでは、Bluetooth Low Energy (LE) オーディオ イヤフォンに影響する問題に対処します。音楽をストリーミングすると音が聞こえなくなります。
  • この更新プログラムでは、Bluetooth 通話に影響する問題が解決されます。PC で通話に応答するときに、PC を介した音声のルーティングが停止されます。
  • この更新プログラムでは、特定の種類の 7-Zip ファイルに影響する問題が解決されます。ファイル エクスプローラーで空として表示されます。
  • この更新プログラムは、グループ ポリシー エディターの Wi-Fi Protected Access 3 (WPA3) に影響する問題を解決します。HTML プレビューのレンダリングが失敗します。
  • この更新プログラムは、Windows Management Instrumentation (WMI) に影響する問題に対処します。キャッシュの問題が発生します。 この問題により、CurrentTimeZone が間違った値に変更されます。
  • この更新プログラムにより、電源移行時の Windows の信頼性が向上します。これにより、停止エラーのリスクが軽減されます。
  • この更新プログラムにより、OpenType フォント ドライバーに影響する問題が解決されます。特定のアーキテクチャでは、この問題がサードパーティ アプリケーションのテキストのレンダリング方法に影響を与える可能性があります。
  • この更新プログラムでは、COLRv1 のカラー フォント形式に影響する既知の問題が解決されます。正しくレンダリングされるようになりました。 Windows はこの形式を使用して、絵文字を 3D のような外観で表示します。
  • この更新プログラムは、WMI の動作を停止する問題に対処します。これは、Microsoft Intune などのモバイル デバイス管理 (MDM) プロバイダーを使用する特定のシナリオで発生します。
  • この更新プログラムは、BitLocker データのみの暗号化に影響する既知の問題に対処します。Microsoft Intune などのモバイル デバイス管理 (MDM) サービスは、適切なデータを取得できない可能性があります。これは、BitLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) ノードでFixedDrivesEncryptionType または SystemDrivesEncryptionType ポリシー設定を使用するときに発生します。
  • この更新プログラムでは、アクセス ポイント名 (APN) プロファイルに影響する問題に対処します。これにより、セルラー対応デバイス用の APN プロファイルが自動的に構成されなくなります。この問題は、「netsh mbn show readyinfo *」コマンドを実行すると発生します。
  • この更新プログラムでは、Trusted Platform Module (TPM) に影響する問題に対処します。特定のデバイスでは、正しく初期化されませんでした。 このため、TPM ベースのシナリオが機能しなくなりました。
  • この更新プログラムには、Windows カーネル脆弱性ドライバー ブロックリスト ファイル DriverSiPolicy.p7b に対する四半期ごとの変更が含まれています。これにより、BYOVD(Bring Your Own Vulnerable Driver)攻撃の危険性があるドライバのリストが追加されます。
  • この更新プログラムは、Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) セキュア ブート システムに影響します。更新された署名証明書がセキュア ブート DB 変数に追加されます。この変更を選択できるようになりました。
  • この更新プログラムは、RemoteApp ウィンドウに影響する問題が解決されます。特定の場合、ウィンドウを閉じてもクライアント デバイス上にウィンドウが残ります。
  • この更新プログラムは、リモート デスクトップ クライアントに影響する問題に対処します。ユーザーのセッションが間違ったインスタンスに接続される可能性があります。これは、ユーザーがホスト上で複数のセッションを持っている場合に発生します。
  • この更新プログラムは、キーボード言語を変更するときに発生する問題を解決します。一部のシナリオでは、変更を RemoteApp に適用できません。
  • この更新プログラムは、Windows ローカル管理者パスワード ソリューション (LAPS) 認証後のアクション (PAA) に影響する問題を解決します。アクションは、猶予期間の終了時ではなく、再起動時に発生します。
  • この更新プログラムは、Active Directory に影響する問題に対処します。IPv6 アドレスへのバインド要求は失敗します。これは、リクエスタがドメインに参加していない場合に発生します。
  • この更新プログラムは、LocalUsersAndGroups CSP に影響する問題に対処します。グループが見つからない場合、グループ メンバーシップの処理が停止します。
  • この更新プログラムは、マルチフォレスト展開におけるグループ ポリシー フォルダー リダイレクトに影響する問題に対処します。この問題により、ターゲット ドメインからグループ アカウントを選択できなくなります。このため、そのドメインに詳細なフォルダー リダイレクト設定を適用することはできません。この問題は、ターゲット ドメインが管理者ユーザーのドメインと一方向の信頼を持っている場合に発生します。この問題は、すべての拡張セキュリティ管理環境 (ESAE)、強化されたフォレスト (HF)、または特権アクセス管理 (PAM) の展開に影響します。
  • この更新プログラムにより、Active Directory ユーザーとコンピュータの設定が変更されます。デフォルトでは、スナップインは X509IssuerSerialNumber の強力な証明書マッピングを使用するようになりました。x509IssuerSubject の弱いマッピングは使用しません。
  • この更新プログラムでは、スマート カード アイコンの表示に影響する問題が解決されます。サインイン時にアイコンが表示されません。これは、スマート カードに複数の証明書がある場合に発生します。
  • この更新プログラムでは、60秒後にデバイスがシャットダウンする問題が解決されます。これは、リモート システムでの認証にスマート カードを使用するときに発生します。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しいアップデートのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

「KB5034204」の既知の不具合

「KB5034204」には以下の既知の不具合があります。今後も不具合情報が入り次第追記いたします。

Windows Copilotを使用するとアイコンが意図せず移動することがある

■不具合の概要:
複数のモニターを使用している Windows デバイスでは、Windows Copilot(プレビュー版)を使用しようとすると、デスクトップ アイコンがモニター間で予期せず移動する問題や、その他のアイコンの配置の問題が発生する可能性があります。

■回避策:
ユーザーがこの問題に遭遇しないようにするために、Windows Copilot(プレビュー版)は、マルチモニター構成で使用されているデバイスで使用できない場合があります。

■対処状況:
現在解決策に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

Windows 11 23H2:「KB5034204」のダウンロード&インストール方法

Windows 11 23H2向けのオプションパッチ「KB5034204」のダウンロード&インストール方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き、最下段の「Windows Update」を開きます。

表示されている「2024-01 x64 ベース システム用 Windows 11 Version 23H2 の累積更新プログラム (KB5034204)が利用可能です。」の下にある【ダウンロードとインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 11 23H2:「KB5034204」のダウンロード&インストール方法

その他のオプションにある「利用可能になったらすぐに最新の更新プログラムを入手する」をオンにしておくと、迅速に最新のデータが入手可能です。興味のある方はオンにしておきましょう。なお、不具合が気になる方にはオフが推奨です。

 

ステップアップ方式:Windows 11のおすすめ初期設定/使い方解説

※続きも鋭意執筆中です!

併せて読みたいWindows 11のおすすめ記事

コメント