watchOS 8.4 / iOS 15.3にアップデート後、一部でiPhoneからApple Watchにウォレットを追加/同期できないとの不具合報告あり

スポンサーリンク
watchOS 8.4 / iOS 15.3にアップデート後、一部でiPhoneからApple Watchにウォレットを追加/同期できないとの不具合報告ありApple Tips

先日配信開始されたiOS 15.3 / watchOS 8.4ですが、ゼロデイ脆弱性も修正されるなど、セキュリティ上重要なアップデートなっています。

現状大きな不具合は発生しておりませんが、一部のApple Watchユーザーから、watchOS 8.4 / iOS 15.3にアップデート後、iPhoneからApple Watchにウォレットを追加できない/Apple Payが利用できない(同期できない)との不具合報告が入ってきています。

redditのフォーラムでは、以下のような情報が掲載されています。(一部抜粋)

私の国チリでは、WalletにCOVID-19 QRを表示する公式の予防接種アプリがないので、サードパーティのアプリを使って更新していました。このパスはiPhoneでは正常に表示されているのですが、Apple WatchのWalletでは表示されないのです。以前から多くの方がおっしゃっているようにiOS15.3かwatchOS8.4からのバグだと思います。私はiPhone 13 ProとApple Watch Series 6を持っています。

8.4と15.3にアップデートしてから、iPhoneで追加したクーポン/会員カードがApple Watchに正常に同期されたことはありません。面白いことに、iPhoneからカードを削除してもWatchにも同期されないようですが、Watchで両方のデバイスに存在するカードを削除すると、iPhoneへの同期に成功します。つまり、Watch→iPhoneでは正常に変更が伝搬され、その逆では効果がないようです。

iPhone and apple watch don’t sync ticket on wallet from AppleWatch

 

他にも、iPhoneとApple Watchのウォレットアプリが同期できなくなったことで、Apple WatchでApple Payが利用できなくなったとの報告もあります。

現時点での情報をまとめると、今回の問題はiPhoneのアイテムがApple Watchのウォレットと同期する場合にのみ発生し、Apple Watchのウォレットからカードを削除する場合は、正常にiPhoneのウォレットからも削除されるようです。

現状不具合報告の件数は少なく、影響は広範囲に及んでいないようですが、皆さん一応ご注意くださいませ。

 

参考サイト:appleinsiderGigazine

コメント