AppleがiPhone 12 / iPhone 12 Proの音の問題に対する修理サービスプログラムを開始。miniとPro Maxは適応外。電話時にレシーバーから音が出ない場合はチェックを

スポンサーリンク
AppleがiPhone 12 / iPhone 12 Proの音の問題に対する修理サービスプログラムを開始。miniとPro Maxは適応外。電話時にレシーバーから音が出ない場合はチェックをApple Tips

Appleが8月27日、「iPhone 12 や iPhone 12 Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」の提供を開始しました。これは電話をかけたり電話がかかってきた時にレシーバーから音が出ない不具合に対応するもので、この問題が確認されているのは、2020年10月から2021年4月までの間に製造されたデバイスとの事。

もしも電話時にレシーバーから音が出ない場合はApple正規サービスプロバイダやApple Store 直営店に連絡を取り、修理を申込みましょう。

なお、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxは本プログラムの対象外となっています。

スポンサーリンク

iPhone 12 / iPhone 12 Proの音の問題に対する修理サービスプログラムへの修理サービス手続き申し込みについて

iPhone 12 / iPhone 12 Proの音の問題に対する修理サービスプログラムへの修理サービス手続き申し込みは以下のいずれかの方法で行ってください。

  • Apple 正規サービスプロバイダ:こちらからお近くの正規サービスプロバイダ探してください。
  • Apple Store 直営店:あらかじめこちらから予約を。

不明点がある場合やサポートが必要な場合は、Apple サポートへ相談してください。

※修理に出す前に、iCloud またはコンピュータに iPhone をバックアップしておいてください。iPhone を修理に出す前の準備について詳しくはこちらを参照してください。

※画面のひび割れなど、修理に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があります。場合によっては別途修理料金がかかることがありますのでご注意を。

コメント