Windows 11 22H2にオプションパッチ「KB5023778」が配信開始。新機能追加や不具合の修正など。必要に応じてインストールを

Windows 11 22H2にオプションパッチ「KB5023778」が配信開始。新機能追加や不具合の修正など。必要に応じてインストールをWindows 11
スポンサーリンク

Microsoftは、Windows 11 バージョン22H2を実行しているPC向けに、追加のオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB5023778」の配信を開始しました。

今回のオプションパッチ「KB5023778」では、利用可能なすべてのオプションが表示されないメモ帳コンボボックスに影響する問題の修正や、USBプリンタがマルチメディアデバイスでないにもかかわらずマルチメディアデバイスとして分類される既知の不具合の修正、一部ユーザーで困っている方も多かったキオスクモード環境において自動ログイン/ログオンができない不具合の修正も行われています。

また、新機能としてスタートメニューにMicrosoftアカウントの通知が導入されたり、Windowsをカスタムカラーモードに設定した際にタスクバーの検索ボックスが明るくなるように調整が入るなどしています。ただしMicrosoftアカウントの通知は、一部で「Microsoft関連サービスの広告ではないか?」との報道もあり、今後波紋を呼びそうな気もします。

なお、あくまでも「KB5023778」はセキュリティ修正を含まない定例外のオプションパッチであり、特に問題が発生していない場合は無理にインストールする必要はありません。必要に応じてインストール作業を行ってください。

なお、「KB5023778」の内容と共にキュリティ更新を含む次回の月例パッチは4月12日(水)に配信予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「KB5023778」のアップデート内容

「KB5023778」の更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • New! この更新プログラムでは、スタートメニューにMicrosoftアカウントの通知が導入されます。これは、現在、一部のユーザーに対してのみ提供されています。今後数ヶ月のうちに、より広範囲に展開される予定です。フィードバックを収集するため、一部のデバイスでは異なる視覚的な処理が行われる可能性があります。
  • New! Windowsをカスタムカラーモードに設定すると、タスクバーの検索ボックスが明るくなります。これは、[設定] > [個人用設定] > [色] で Windows モードをダークに、アプリモードをライトに設定したときに発生します。
  • この更新プログラムは、設定のメモ帳コンボボックスに影響する問題が解決されます。利用可能なすべてのオプションが表示されないことがあります。
  • この更新プログラムは、Microsoft PowerPointに影響する問題を解決します。アクセシビリティツールを使用した場合に、応答が停止することがあります。
  • この更新プログラムは、Microsoft Narrator に影響する問題を解決します。Microsoft Excel のドロップダウンリストの項目を読み取ることができません。
  • この更新プログラムは、USB プリンタに影響する問題を解決します。マルチメディアデバイスでないにもかかわらず、マルチメディアデバイスとして分類されます。
  • New! この更新プログラムでは、Microsoft Defender for Endpointに多くの新機能と改善点が追加されます。詳細については、「Microsoft Defender for Endpoint」を参照してください。
  • この更新プログラムは、PINの複雑さポリシー設定に影響する問題を解決します。これらの設定は無視されます。
  • この更新プログラムは、Fast Identity Online 2.0(FIDO2)PIN資格情報アイコンに影響する問題を解決します。これは、そのモニターが閉じられたラップトップに接続されている場合に、外部モニターの資格情報画面に表示されない場合があります。
  • この更新プログラムは、クラスタ共有ボリューム(CSV)に影響する問題を解決します。CSVがオンラインにならなくなる場合があります。これは、BitLockerとローカルCSV管理プロテクタを有効にし、システムが最近BitLockerキーを回転させた場合に発生します。
  • この更新プログラムは、Active Directory Users&Computersに影響する問題を解決します。アプリが応答を停止する場合があります。これは、TaskPadビューを使用して同時に多数のオブジェクトを有効または無効にする場合に発生します。
  • この更新プログラムは、リモート プロシージャ コール サービス (rpcss.exe) に影響する問題を解決します。この問題により、DCOM (Distributed Component Object Model) と Microsoft Remote Procedure Call (RPC) のエンドポイントマッパーの間で競合状態が発生する可能性があります。
  • この更新プログラムは、Azure Virtual Desktop上のMicrosoft PowerPointに影響する問題を解決します。Think-Cell機能を使用している場合に応答が停止することがあります。
  • この更新プログラムは、Windows検索に影響する問題を解決します。Windows検索がWindowsコンテナーイメージ内で失敗することがあります。
  • この更新プログラムは、グループ ポリシー エディタに影響します。設定できるプロトコルのリストに TLS (Transport Layer Security) 1.3 が追加されます。
  • この更新プログラムは、エジプト・アラブ共和国に影響します。この更新は、政府の2023年のサマータイム変更命令をサポートします。
  • この更新プログラムは、jscript9Legacy.dllに影響を与えます。ITrackerとITrackingServiceを追加して、MHTMLの応答がなくなるのを防止します。
  • この更新プログラムは、Microsoft HTMLアプリケーションホスト(HTA)に影響を与えます。この問題により、Microsoft HTAを使用するコードの実行がブロックされます。これは、Windows Defenderアプリケーションコントロール(WDAC)ユーザーモードコード整合性(UMCI)強制モードをオンにした場合に発生します。
  • この更新プログラムは、グループポリシー管理コンソールに影響します。グループポリシー設定ウィンドウでスクリプトエラーが発生する問題を修正します。
  • この更新プログラムは、Windowsリモート管理(WinRM)クライアントに影響を与えます。クライアントがHTTPサーバーエラー状態(500)を返す問題を修正します。このエラーは、ストレージ移行サービスで転送ジョブを実行する場合に発生します。
  • この更新プログラムでは、Desired State Configurationに影響する問題が解決されます。以前に設定されたオプションが失われます。この問題は、metaconfig.mof がない場合に発生します。
  • この更新プログラムにより、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)オプション 119 – Domain Search Option に影響する問題が解決されます。この問題により、接続固有の DNS サフィックス検索リストを使用できなくなります。
  • この更新プログラムにより、入力先が NULL になる可能性がある稀な問題が解決されます。この問題は、ヒットテスト中に物理ポイントを論理ポイントに変換しようとすると発生する可能性があります。これにより、コンピューターが停止エラーを発生させます。
  • この更新プログラムは、SCEP(Simple Certificate Enrollment Protocol)証明書に影響する問題を解決します。一部の SCEP 証明書のインストールが失敗したと報告されることがあります。代わりに、システムは保留中として報告する必要があります。
  • この更新プログラムは、新しい Windows ランタイム (WinRT) API に影響する問題を解決します。この問題は、MBIM2.0+ を使用してアプリケーションから位置情報を照会することを停止します。
  • この更新プログラムは、キオスクデバイスのプロファイルに影響を与える既知の問題に対処します。自動ログオンを有効にしている場合、動作しないことがあります。Autopilotのプロビジョニングが完了すると、これらのデバイスは資格情報の画面に留まります。この問題は、2023年1月10日以降に日付付きの更新プログラムをインストールした後に発生します。

 

「KB5023778」の既知の不具合

「KB5023778」には、現時点で以下の既知の不具合があります。ご注意ください。今後も不具合情報が入り次第追記します。

プロビジョニング パッケージが期待通りに動作しない場合がある

■不具合の概要:
Windows 11 バージョン 22H2 (Windows 11 2022 Update) において、プロビジョニングパッケージの使用に問題が発生する可能性があります。Windowsが部分的に設定され、Out Of Box Experienceが完了しないか、予期せず再起動する可能性があります。プロビジョニングパッケージは、ビジネスや学校のネットワークで新しいデバイスの構成を支援するために使用される.PPKGファイルです。初期設定時に適用されるプロビジョニングパッケージがこの問題の影響を受けやすいです。プロビジョニングパッケージの詳細については、「Windows用のプロビジョニングパッケージ」を参照してください。

注意:Windows Autopilot を使用した Windows デバイスのプロビジョニングは、この問題の影響を受けません。

家庭や小規模オフィスで消費者が使用する Windows デバイスは、この問題の影響を受ける可能性はほとんどありません。

■回避方法:
Windows 11の22H2バージョンにアップグレードする前に、Windowsデバイスをプロビジョニングできる場合は、この問題を回避できます。

■対処状況:
マイクロソフトは現在調査中であり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

大容量ファイルの転送速度が遅くなりコピーに時間がかかる

■不具合の概要:
Windows 11 バージョン 22H2 では、大きな数ギガバイト (GB) のファイルをコピーすると、完了までに予想以上に時間がかかる場合があります。この問題は、サーバー メッセージ ブロック (SMB) を介してネットワーク共有から Windows 11 バージョン 22H2 にファイルをコピーする際に発生する可能性が高くなりますが、ローカル ファイル コピーも影響を受ける可能性があります。一般消費者が自宅や小規模オフィスで使用するWindowsデバイスには、この問題が影響する可能性は低いです。

■回避方法:
この問題を軽減するために、キャッシュ マネージャー (バッファー I/O) を使用しないファイル コピー ツールを使用できます。これは、以下にリストされている組み込みのコマンドライン ツールを使用して行うことができます。

  • robocopy \\someserver\someshare c:\somefolder somefile.img /J
  • xcopy \\someserver\someshare c:\somefolder /J

■対処状況:
マイクロソフトは解決に向けて取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

一部のWSUSサーバーが更新プログラムを受け取れない可能性がある

■不具合の概要:
2023年2月14日以降にリリースされた更新プログラムは、一部のWindows Server Update Services (WSUS) サーバーからWindows 11, バージョン22H2に対して提供されない可能性があります。更新プログラムはWSUSサーバーにダウンロードされますが、それ以上クライアントデバイスに伝搬されない可能性があります。影響を受けるWSUSサーバーは、Windows Server 2016またはWindows Server 2019からアップグレードされたWindows Server 2022が稼働するサーバーのみです。

この問題は、以前のバージョンの Windows Server から Windows Server 2022 へのアップグレード中に、必要な Unified Update Platform (UUP) の MIME タイプが誤って削除されることによって発生します。

この問題は、Windows 11、バージョン 22H2 のセキュリティ更新プログラムまたは機能更新プログラムに影響を与える可能性があります。ただし、Microsoft Configuration Managerには影響しません。

■回避方法:
この問題を軽減するには、オンプレミスの統合更新プラットフォームのファイル タイプの追加を参照してください。

■対処状況:
マイクロソフトは解決に向けて取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

一部サードパーティ製アプリの併用でPCが起動しない場合がある

■不具合の概要:
この更新プログラムまたはそれ以降の更新プログラムをインストールした後、一部のサードパーティのUIカスタマイズアプリがインストールされたWindowsデバイスが起動しない場合があります。これらのサードパーティのアプリは、explorer.exeでエラーを引き起こし、ループで複数回繰り返される場合があります。既知の影響を受けるサードパーティのUIカスタマイズアプリは、ExplorerPatcherとStartAllBackです。この種のアプリは、カスタマイズを実現するためにサポートされていない方法を使用することがあり、Windowsデバイスに意図しない結果をもたらす可能性があります。

■対処状況:
ExplorerPatcherおよびStartAllBackは、この問題が解決されたとされるバージョンをリリースしました。各自該当サイトから最新版を入手して適用して下さい。

注意:もし、サードパーティ製UIカスタマイズアプリを使用している場合、この問題やその他の問題に遭遇した場合は、使用しているアプリの開発者のカスタマーサポートに連絡する必要があります。

 

Windows 11 22H2:「KB5023778」のダウンロード&インストール方法

Windows 11 22H2向けのオプションパッチ「KB5023778」のダウンロード&インストール方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き、最下段の「Windows Update」を開きます。

表示されている「2023-03 x64 ベース システム用 Windows 11 Version 22H2 の累積更新プログラム (KB5023778)が利用可能です。」の下にある【ダウンロードとインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 11:オプションパッチのインストール方法

※画像は過去データを引用しています。

 

ステップアップ方式:Windows 11のおすすめ初期設定/使い方解説

※続きも鋭意執筆中です!

併せて読みたいWindows 11のおすすめ記事

コメント