iPhone14 / iPhone14 Plus:スペック・特徴・価格・発売日まとめ

iPhone14 / iPhone14 Plus:スペック・特徴・価格・発売日まとめiphone

Appleが日本時間9月8日に開催したスペシャルイベント「Far out.」にて、多数の新製品が発表されました。

この中からまずは、iPhone14 / iPhone14 Plusのスペック・特徴・価格・発売日情報をまとめておきます。購入を検討されている方は参考にしてみてくださいね。Proモデルについてはこちらの記事をご参照ください。

また、iPhone14を買うべきか、安価になったiPhone13を買うべきかの考察や、iPhone14 / iPhone14 Plusを買うにあたってどちらがおすすめか、ストレージ容量の選び方、Proとの違いも簡単にご紹介しておきます。

スポンサーリンク

iPhone14 / iPhone14 Plus の主な特徴

iPhone14 / iPhone14 Plus の主な特徴

  • iPhone14は従来と同等サイズとなる6.1インチディスプレイを採用。価格とスペックのバランスが良く、iPhoneの一般的なベースモデルとなります。
  • 新たにラインナップされたiPhone14 Plusは6.7インチと大画面ディスプレイを採用。大画面のiPhoneを使いたい場合、従来はProモデルを買うしかありませんでしたが、安価に大画面iPhoneが使いたい方には朗報でしょう。これは売れそうです。
  • iPhone14はiPhone13 Proに搭載されていた5コアGPUのA15チップが搭載されています。最新のA16チップはiPhone14 Pro向けとなり、iPhone14には型落ちのA15が採用された形です。これは昨今のチップ不足と価格を抑えるためと噂されています。これによりサポート期間がiPhone14とiPhone14 Proで異なってくる可能性があるので、一応ご注意を。
  • カメラ機能が大きく進化。より大きいセンサーとより大きいピクセルを備えた新しい12MPメインカメラ、新しいTrueDepthフロントカメラ、シーンをより広くとらえる超広角カメラ、明るさが足りない場所での性能を飛躍的に向上させるPhotonic Engineを搭載し、写真とビデオ撮影がさらに進化しています。
  • 新しいTrueDepthカメラフロントカメラは、iPhone13のF値2.2から1.9に向上。また、iPhoneとしては初めてフロントカメラにオートフォーカスが搭載されたのは大きなポイントです。自撮りやZOOMなどのオンライン会議の際に便利でしょう。
  • 動画撮影ではアクションモードを使えば手ブレが抑えられるように。
  • iPhoneファミリーで最長のバッテリー駆動時間。iPhone14は最大20時間のビデオ再生、Plusは最大26時間のビデオ再生に対応。
  • 以前から噂はありましたが、ついにiPhone14は衛星通信を活用した緊急通報機能に対応。ユーザーは携帯電話通信やWi-Fi接続の圏外であっても、衛星を介して手動で自分の位置を「探す」で共有できるので、通信圏外でハイキングやキャンプをしている時も安心です。衛星通信機能は2年間無料で提供予定となっており、11月よりカナダと米国で利用可能。日本での利用開始も待ち遠しいものです。
  • 衝突事故検出検知機能を新たに搭載。自動車での重大な衝突事故を検出し、ユーザーの意識がない場合やiPhoneが手の届かない場所にある場合には自動的に緊急通報サービスに発信できるように。
  • すべてのiPhoneユーザーがApple Fitness+を利用可能に。今秋から、Apple Fitness+が提供されている21の国のすべてのiPhoneユーザーが、Apple Watchを持っていなくても、Apple Fitness+のサブスクリプションに登録して楽しめるようになります。
  • iPhone14は5Gミリ波とWi-Fi 6Eには非対応
  • 引き続きLightningコネクタを採用、USB Type-Cは採用されず。
  • ディスプレイ下指紋認証機能(Touch ID)の搭載はなし。

iPhone14 / iPhone14 Plus の主要スペック

iPhone14 / iPhone14 Plus の主要スペックは以下の通り。

 iPhone 14iPhone 14 Plus
容量128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB
サイズ高さ:146.7 mm
厚さ:7.80 mm
幅:71.5 mm
高さ:160.8 mm
厚さ:7.80 mm
幅:78.1 mm
重量172 g203 g
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi
Super Retina XDRディスプレイ
6.7インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,778 x 1,284ピクセル解像度、458ppi
防水防塵性能IP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)IP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)
チップA15 Bionicチップ
2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engin
A15 Bionicチップ
2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engin
カメラ12MPメイン:26mm、ƒ/1.5絞り値、センサーシフト光学式手ぶれ補正、7枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
12MP超広角:13mm、ƒ/2.4絞り値と120°視野角、5枚構成のレンズ
2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム
12MPメイン:26mm、ƒ/1.5絞り値、センサーシフト光学式手ぶれ補正、7枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
12MP超広角:13mm、ƒ/2.4絞り値と120°視野角、5枚構成のレンズ
2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム
ビデオ撮影4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
など
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
など
TrueDepthカメラ12MPカメラ
ƒ/1.9絞り値
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
6枚構成のレンズ
12MPカメラ
ƒ/1.9絞り値
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
6枚構成のレンズ
安全のための機能緊急SOS
衝突事故検出
緊急SOS
衝突事故検出
携帯電話/ワイヤレス通信方式4x4 MIMO対応5G(sub-6 GHz)
4x4 MIMOとLAA対応ギガビットLTE
2x2 MIMO対応Wi‑Fi 6(802.11ax)
Bluetooth 5.3
空間認識のための超広帯域チップ
リーダーモード対応NFC
予備電力機能付きエクスプレスカード
FeliCa
4x4 MIMO対応5G(sub-6 GHz)
4x4 MIMOとLAA対応ギガビットLTE
2x2 MIMO対応Wi‑Fi 6(802.11ax)
Bluetooth 5.3
空間認識のための超広帯域チップ
リーダーモード対応NFC
予備電力機能付きエクスプレスカード
FeliCa
コネクタ/ポートLightningコネクタLightningコネクタ
電源とバッテリー/ワイヤレス充電ビデオ再生:最大20時間
高速充電に対応:約30分で最大50%充電(別売りの20W以上のアダプタを使用)
最大15WのMagSafeワイヤレス充電
最大7.5WのQiワイヤレス充電
ビデオ再生:最大26時間
高速充電に対応:約30分で最大50%充電(別売りの20W以上のアダプタを使用)
最大15WのMagSafeワイヤレス充電
最大7.5WのQiワイヤレス充電
SIMカードデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
デュアルeSIMに対応
デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
デュアルeSIMに対応
同梱物iOS 16を搭載したiPhone
USB-C - Lightningケーブル
マニュアル
iOS 16を搭載したiPhone
USB-C - Lightningケーブル
マニュアル

 

iPhone14 / iPhone14 Plus のカラーバリエーション

iPhone14 / iPhone14 Plus のカラーバリエーション

iPhone14 / iPhone14 Plus のカラーバリエーションは以下の5色展開となっています。

  • ブルー
  • パープル
  • ミッドナイト
  • スターライト
  • (PRODUCT)RED

 

iPhone14 / iPhone14 Plus の価格

日本での iPhone14 / iPhone14 Plus の価格は以下の通り。いずれも税込み価格です。円安の影響でまるでProモデルのような価格になっているのが悲しいですね。

iPhone14 の価格

  • 128GB:11万9800円
  • 256GB:13万4800円
  • 512GB:16万4800円

iPhone14 Plus の価格

  • 128GB:13万4800円
  • 256GB:14万9800円
  • 512GB:17万9800円

 

iPhone14 / iPhone14 Plus の発売日

iPhone14 / iPhone14 Plus の発売日は、iPhone14とiPhone14 Plusで異なる点にご注意ください。予約受付は同時に開始となっています。

  • 予約注文開始日:iPhone14 / iPhone14 Plus共に2022年9月9日(金)午後9時(日本時間)
  • 発売日
    ■iPhone14:2022年9月16日(金)
    ■iPhone14 Plus:2022年10月7日(金)

 

iPhone14 / iPhone14 Plusのどちらがおすすめ?ストレージ容量の選び方、Proとの違いも解説!

iPhone14 / iPhone14 Plusのどちらがおすすめ?ストレージ容量の選び方、Proとの違いも解説!

iPhone14 / iPhone14 Plusのどちらがおすすめかという点ですが、これはずばり用途次第でしょう。

コンパクトに持ち運びたい、手の小さい方/女性ならiPhone14の方が使いやすいでしょう。一方、iPhone14 Plusは大画面ディスプレイとなるので、ゲームを大画面で楽しみたい方におすすめですし、文字の読みやすさ、動画の見やすさでは優位です。また、年配の方で文字サイズを大きくして読みたい場合にもおすすめです。最近のiPhoneは6.7インチサイズが欲しければ上位のProモデルを買うしかなかったので、個人的にPlusはかなり売れそうに思います。

次にストレージ容量の選び方ですが、128GBあれば写真や動画、ゲームなどもそれなりに利用できます。ただし、写真を多く撮影したり動画を撮る機会が多いなら256GBもしくは512GBモデルがおすすめ。特に4Kビデオ撮影を行うとかなりのデータ量となるので注意してください。

ライトユーザーで写真や動画はたまに撮る程度なら128GB、長くiPhoneを使いたい人でゲーム好き/写真や動画を撮る機会も多いなら256GB、お金に余裕があるなら512GBがおすすめ。自分は256GBモデルを最近は購入しています。なお、写真や動画がiPhoneのストレージを圧迫した場合は、パソコンにバックアップした後、iPhone内の写真や動画データを消去すれば空き容量を確保することができます。PCをお持ちなら覚えておきましょう。

 

そしてiPhone14を買うにあたって上位のProモデルとの違いですが、以下のような主な違いがあります。

  • iPhone14はリアカメラが12MP、Proは48MPと大きな性能差がある。また、Proには望遠レンズが加わる。マクロ写真撮影もProのみ対応
    ■iPhone14:デュアル12MPカメラシステム(メイン、超広角)
    ■iPhone14 Pro:48MPメイン、12MP超広角、12MP望遠
  • iPhone14は型落ちのA15チップ搭載、iPhone14 Proは最新のA16チップが搭載される。処理性能や省電力性能はA16の方が上。
  • 防水防塵性能は変わらずIP68
  • iPhone14 Proでは常時表示ディスプレイが利用可能
  • iPhone14 Proはノッチレスに進化。Dynamic IslandというiPhoneを操作するための新しい方法を実現しているのは大きな差別化ポイント。
  • カラーバリエーションが異なる。

一番の違いは、なんといってもカメラ性能でしょう。望遠レンズが搭載され、メインカメラは48MPとかなりの高精細。写真や動画撮影にこだわるならProがおすすめです。とはいえ、本当に写真にこだわる方なら一眼レフカメラなどをお持ちだと思うので、特に望遠に関しては過信しすぎないようにしましょう。一度店頭などで実機を触ってみるのがおすすめです。

それ以外では搭載されるチップが異なります。iPhone14は昨年のiPhone13 Proに採用されていたA15チップが搭載されており、型落ちとなる点は気を付けましょう。性能自体はA15でも十分ですし、日常使用ならほぼ差は感じにくいとは思いますが、サポート期間が異なる可能性があるのは個人的に気を付けたいポイントです。

また、iPhone14 Proは常時表示ディスプレイや新しい「Dynamic Island」という機能が利用可能です。ただ、このために高価なProモデルを買うか?と言われると微妙な感じなので、カメラ性能や少しでも高性能なiPhoneを楽しみたいかどうかが判断の分かれ目になるかと思います。

iPhone14を買うべきか、安価になったiPhone13を買うべきか

iPhone14を買うべきか、安価になったiPhone13を買うべきか

iPhone14を買うべきか、安価になったiPhone13を買うべきかで悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

簡単に違いをまとめると、まずiPhone14にはiPhone13 Proと同じ5コアGPUのA15チップが採用されています。若干iPhone13に搭載されているA15チップに比べるとスペックアップしますが、よほどヘビーなゲームユーザーなど以外は違いを感じにくいでしょう。RAMについてはまだ詳細が判明していませんが、もともとiPhoneは最適化がうまいので、AndroidほどRAMの違いは感じにくいはずです。

ディスプレイも進化していますが、iPhone13自体よくできているので、よほど見比べない限り違いは分かりにくいかと思います。バッテリーに関しても所詮毎日充電しますし、ヘビーに使うならモバイルバッテリーを一つ持っておけば済むはず。

カメラ機能に関しては大きくスペックアップしていますので、写真や動画にこだわりたいならiPhone14がおすすめですが、iPhone13のカメラ自体はiPhone12と比べると優秀。特に屋外の明るい場所での撮影にはいい感じです。ただし、iPhone14だとTrueDepthフロントカメラにオートフォーカス機能が搭載されています。自撮りやZOOMなどの会議利用が多いなら、iPhone14の方が良いかもしれません。

iPhone14の新機能としては、衝突事故検出や業界初となる衛星経由の緊急SOSが利用可能となったのはiPhone13との差別化ポイントですが、日本では衛星機能がいつから使えるか現時点では不明です。いざという時の安心感を求めるなら、iPhone14を選ぶと良いでしょう。

一方、iPhoneSEは嫌だけど、そこそこの性能で十分というライトユーザーなら、安価になったiPhone13でも満足できるのではないでしょうか。

個人的にはカメラ性能以外は大きな違いが感じられないので、ぶっちゃけ安く変えるならiPhone13でも良いのではと感じています。特にA15チップがiPhone14に採用されたというのは、当初から噂があったものの、悪い意味で驚きましたね。

■iPhone 13/13 mini:A15 Bionic / 4コアGPU
■iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Max/iPhone 14/iPhone 14 Plus:A15 Bionic / 5コアGPU
■iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max:A16 Bionic / 5コアGPU

いずれにしても、とにかく高い買い物です。iPhone14/iPhone14 Plus/iPhone14 Pro/iPhone14 Pro Maxだけでなく、安価になったiPhone13シリーズも含め、じっくり検討してみてくださいね。

画像引用元:Apple

 

併せて読みたいおすすめ記事

コメント