iPhone12は買わずにiPhone13を待つべき?iPhone 12の欠点とiPhone 13の予想スペック/機能/発売日/価格まとめ!

スポンサーリンク
iPhone 13 2021年モデル コンセプト画像iphone

先日発売されたばかりのiPhone12ですが、早速2021年に発売予定の新型iPhone13(仮)に関するスペックや新機能予想に関する情報が入ってきています。

管理人が去年購入した「iPhone 12 Pro Max」にはかなり満足していますが、それでも事前に搭載されると噂されていた一部の機能が未搭載だったり、5Gがミリ波非対応の“なんちゃって5G対応”だったり、指紋認証機能が未搭載でコロナ禍の中マスクを付けていると使いにくいなど、欠点もいくつかあります。

となると、果たしてiPhone 12を買うべきなのか、2021年9月頃発売予定の新型iPhone 13を待つべきなのか、迷う方も出てくることでしょう。

そこで本日は、iPhone 12 Pro Maxを使っていて個人的に気になる欠点と、現時点のiPhone 13に関する予想スペック/機能/発売日/予想価格についてまとめておきます。勿論あくまでも“予想”や“噂”の段階なので外れることも大いにあり得ますが、購入時の参考の一つとして考慮していただければと思います。

なお、iPhone 13に関する予想スペックなどは情報が入り次第、今後も随時このページを更新して追記していく予定です。このページを再訪問した際には、ブラウザの【更新】ボタンを押してみてくださいね。

最終更新日:2021年2月3日

スポンサーリンク

iPhone 12 Pro Max:使っていて気になる欠点まとめ

iPhone 12 Pro Max:使っていて気になる欠点まとめ

現在「iPhone 12 Pro Max」を使用中の管理人ですが、ここ最近のモデルの中ではデザインが刷新されて非常に持ちやすくなり、ベゼル幅も狭まってディスプレイも大型化、バッテリー持ちもそこそこ良く(1日使って夜に残り2/5ぐらい)、カメラもスマホとしては十分な機能で結構満足しています。

そのため、現在使用中のiPhoneやAndroidスマホが寿命が近く、早急に買い替えを検討しているなら、個人的には十分“買い”なモデルだと思います。

ただし、使っていて欠点がないわけではありません。以下の点が使用していて気になるポイントです。

iPhone 12 Pro Maxの欠点:
■Face ID(顔認証)がコロナ禍のマスク利用が多い中では非常に使いにくい。出来れば指紋認証機能を搭載して欲しかった。
■相変わらずノッチが大きい。
■ライトニング端子はいい加減USB-Cに切り替えてほしい。
■5Gには一応対応しているが“sub6”のみで、本命とされる“ミリ波”には非対応
■リフレッシュレート120Hzの“ProMotion”には非対応

特に指紋認証機能が非搭載だったのは非常にガッカリでしたし、まだまだ整備が進んでいないとはいえ5Gが“sub6”のみ対応で“ミリ波”に非対応なのも残念でした。ちなみにアメリカ版では“ミリ波”にも対応しています。これはアメリカでは5Gが“ミリ波”中心に整備が進んでいるためだそうです。

とりあえず現時点では日本において5Gの整備はまだまだ進んでおらず、“sub6”にさえ対応していれば数年は問題ないかもしれません。ただ、5G本来の高速大容量通信を体感したいなら、いずれ利用可能となるであろう“ミリ波”に非対応なのは残念なポイントだと思います。

そしてコロナ禍の中でマスクを付ける機会が多いため、Face IDのみというのは正直使い勝手が悪いと思います。なんとかサイドボタンに指紋認証機能が搭載されていると良かったのですが、この点が個人的には一番残念に感じるポイントですね。

それ以外は非常に良く出来た素晴らしいスマホだと思います。動作はサクサクですし、角ばったデザインに戻ったので随分持ちやすくなったのは好印象。カメラも綺麗に撮れますし、ディスプレイも美麗です。

上記の欠点と以下で紹介する次期iPhone 13の予想スペックや機能等を考慮し、購入するかどうか検討してみてくださいね。

 

【2021年】iPhone 13 の予想スペック/噂の新機能/発売日/価格/ラインナップまとめ

【2021年】iPhone 13 の予想スペック/噂の新機能/発売日/価格/ラインナップまとめ

現時点で噂されているiPhone 13の新機能や予想スペック、発売日、価格、ラインアップ等をまとめておきます。

iPhone 13はiPhone 12から大きな設計変更は予想されておらず、2021年のiPhoneは2020年のiPhoneと同等の機能を備えると予想されています。ただし、カメラ機能の改善、より高速なAシリーズプロセッサ(A15チップ)搭載、クアルコムの新しい5Gチップ搭載などはほぼ確実に行われるでしょう。

大幅な設計の見直しは期待できませんが、いくつかの調整が行われる可能性はあります。噂によると、2021年に少なくとも1台のiPhoneが、Lightningポートではなく完全ワイヤレス充電を実現したポートレス設計を備えているとの情報がありますが、これが実際に採用されるかどうかは明らかではありません。また、Appleは2021年にノッチを縮小する可能性もあり、幅を狭くするのではなく高さを低くした浅いノッチがiPhoneのラインナップに追加されるという噂もあります。

改良されたカメラ技術に関しては、iPhone 12 Pro Maxのより大きなセンサーが他のモデルにも拡張される可能性があるという噂があります。さらに、iPhone 13 Proモデルの超広角レンズも改良される可能性があります。ディスプレイ技術に関しては、2021年にAppleはiPhoneラインナップに“120Hz ProMotionディスプレイ”を採用する可能性が高いようです。これは、低電力LTPO OLED技術への移行によって可能となる見込みとなっています。

スポンサーリンク

iPhone 13:ラインナップはiPhone 12と同じく4モデル展開か

iPhone 13:ラインナップはiPhone 12と同じく4モデル展開か

現時点ではiPhone 13のラインナップは、2020年のiPhone 12と同じく5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの4モデル展開と噂されています。内訳は、2台のiPhoneはハイエンドの「Pro」モデルで、2台は低コストで手頃な価格の普及モデルとなりそう。

  • iPhone 13 mini(5.4インチ)
  • iPhone 13(6.1インチ)
  • iPhone 13 Pro(6.1インチ)
  • iPhone 13 Pro Max(6.7インチ)

また、もしも小幅なアップデートの場合には、「iPhone 12s」と命名される可能性もあるかもしれません。

 

iPhone 13:発表日/発売日予想

AppleのアナリストMing-Chi Kuo氏によれば、iPhone 13は通常の発売スケジュールに戻るだろうと予想しています。A15チップを搭載したiPhone13シリーズの量産は、大きな問題が無い限り来年初夏には始まるだろうとの事。

これはつまり、iPhone 13が例年通り9月にリリースされることを意味します。また、iPhone 13のリリース日が以前のAppleの発売パターンに従っている場合、iPhone 13は2021年9月の第4金曜日の可能性が高くなります。

という事で、現時点の予想としては2021年9月24日(金)というのが、まずは一つのiPhone 13発売日の予想日となります。

 

iPhone 13(mini/Pro/Max):予想価格~Proモデルには1TBモデルも登場の噂~

iPhone 13は、現時点でiPhone 12と似た価格構成になるのではないかと予想されています。また、iPhone 13 Proシリーズには新たに1TBモデルが登場するとの噂も入ってきています。
※予想価格はiPhone 12をベースに計算
※今後続報が入り次第予想価格はアップデート予定

容量iPhone 13 Pro MaxiPhone 13 ProiPhone 13iPhone 13 mini
64GB85,800円74,800円
128GB117,800円106,800円90,800円79,800円
256GB128,800円117,800円101,800円90,800円
512GB150,800円139,800円
1TB172,800円(iPad Pro参考価格)
193,800円(現在の予想価格)
161,800円(iPad Pro参考価格)
182,800円(現在の予想価格)

※いずれも税別

 

iPhone 13:ノッチ小型化の噂。横幅ではなく浅いノッチが採用?

ノッチ小型化の噂。横幅ではなく浅いノッチが採用?

あるリーカーは、Appleが2021年のiPhoneラインナップに小さなノッチを導入すると主張しています。ノッチの小型化は幅を短くするのではなく、高さを低くして目立たなくし、iPhoneの上部に溶け込ませることで実現するかもしれません。

ただし、ノッチ小型化はここ数年常に噂に上がるもののなかなか実現されていません。iPhone 13でも従来と同様のノッチサイズとなる可能性もあるので、一つの“噂”として考慮しておくと良いでしょう。

 

iPhone 13:ディスプレイ下指紋認証機能(Touch ID)がProモデルに採用?

AppleのアナリストMing-ChiKuoは、Appleが2021年の発売に向けてFace IDとディスプレイ下指紋センサーの両方を備えたiPhoneに取り組んでいると予想しています。これは、2021年のiPhone 13の少なくとも1つのモデルがFaceIDとTouchIDの両方を備えている可能性があることを示唆しています。

ブルームバーグはまた、将来のiPhoneにはFace IDとTouch ID(ディスプレイ下指紋センサー)の両方が搭載され、この技術はおそらく2021年に準備が整うだろうと述べています。

現時点の情報では、上位の“Pro”モデル限定かもしれませんが、ディスプレイ下の指紋センサーが搭載される可能性は比較的高そうです。他にも現在iPad Airのサイドボタンに“Touch ID”が採用されているので、場合によっては「iPhone 13」のいずれかのモデルのサイドボタンにも“Touch ID”が採用される可能性もあります。

Appleもコロナ禍においての指紋認証機能の重要性は認識しているようなので、なんとかぜひiPhone 13では実現して欲しいものです。

 

iPhone 13:エネルギー効率の高い「LTPOディスプレイ」採用でついに「120Hz ProMotionディスプレイ」が実現か

AppleはApple Watchに「LTPOディスプレイ」を採用し、画面の常時表示を実現していますが、iPhone 13にもこのエネルギー効率の高い「LTPOディスプレイ」技術を採用するという噂が出てきています。これにより、iPhoneの消費電力がより少なくなり、バッテリー寿命が最大15%延びるとも言われています。

当初iPhone 12でもリフレッシュレート120Hzの実装が予想されていましたが、技術的には可能なものの、バッテリー問題とのトレードオフで見送られたとも報じられていました。

2021年のiPhone 13が「LTPOディスプレイ」を採用し、バッテリー問題が解決すれば、念願の「120Hz ProMotionディスプレイ」が実現するかもしれません。より滑らかな表現が可能となるので、これは個人的にも大いに期待しています。場合によってはApple Pencilに対応する可能性も高まります。

なお、LTPOを搭載しProMotionテクノロジーを採用すると噂されているiPhone 13は、上位の“Pro”モデル2機種と予想されています。Apple Watchと同様、ディスプレイの常時表示機能が実現すれば、また違ったiPhoneの魅力が感じられるかもしれません。

ちなみに管理人が所有している「Pixel 3 XL」では時間と情報を常に表示する機能が搭載されています。多少バッテリーの減りは早くなりますが案外便利なので、ぜひiPhoneでも実現して欲しいものです。

スポンサーリンク

iPhone 13:より高性能なA15 Bionicチップ搭載

Appleが2021年のiPhone 13に、TSMCの5nmプロセスで製造される「A15 Bionicチップ」を採用してくると予想されています。例年通りパフォーマンスアップとさらなる省電力化が期待できそうです。

 

iPhone 13:真の5G対応~Sub6とミリ波両対応の噂~

クアルコムは2020年2月に、2021年のiPhoneで使用される新しいSnapdragon X60 第3世代5Gモデムを発表しました。将来(2022年以降)のiPhoneもX65およびX70 Qualcommモデムチップが採用される予定です。

Snapdragon X60はSub6とミリ波の両方に対応しているので、2021年のiPhone 13はおそらくsub6とミリ波の両対応が実現すると思われます。

伝えられるところによると2021年のAppleは、5Gチップテクノロジーの費用に対応するためにiPhoneのコストを削減し続け、iPhone 12のボード価格と比較して30〜40%のコストを削減するバッテリーソフト基板の設計を採用するとの事。これらによってモデムチップの性能や価格が上がっても、最終的なiPhoneの価格は現状と大きく変わらない程度になるでしょう。

ちなみにAppleは2019年7月にIntelのモデム事業を10億ドルで買収しました。現在自社設計モデムの開発に取り組んでいると思われますが、Apple製モデムは2022年、もしくは2023年頃に採用されるのではないかとの予想があります。

 

iPhone 13:最新のWi-Fi 6Eに対応

iPhone 13は最新の“Wi-Fi 6E”をサポートすると予想されています。「Wi-Fi 6E」は2.4GHz帯と5GHz帯に加えて6GHz帯での利用も可能な「Wi-Fi 6」の拡張版規格となり、データ転送速度の高速化や接続の安定化が期待できます。

 

iPhone 13:バッテリーソフト基板採用に伴うバッテリー容量の増加やiPhoneの薄型化に期待

iPhone 13では、上記でも説明したようにバッテリーソフト基板が採用されると予想されています。これによってよりバッテリー容量の増加が容易になり、省電力性に優れたA15 Bionicチップとの相乗効果により、更なるバッテリー持ちの改善が期待できそうです。場合によっては従来と同様のバッテリー持ちを実現しつつ、iPhoneの更なる薄型化に利用される可能性もあるかもしれません。

 

iPhone 13:カメラ機能の更なる改善。全モデルにLiDARスキャナ搭載、カメラユニットがフラット化されるとの噂も。

iPhone 13:カメラ機能の更なる改善。全モデルにLiDARスキャナ搭載、カメラユニットがフラット化されるとの噂も。

ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏からの情報によると、2021年のiPhone 13のラインナップ全体がiPhone 12 Pro Maxと同じカメラセンサーを搭載し、ローエンドモデルに改良が加えられるとのこと。

これはiPhone12 Proシリーズの人気を受けての判断もあるようで、iPhone13シリーズ全モデルのリアカメラハウジング部にLiDARを搭載するとの情報や、センサーシフト手ぶれ補正も2021年のiPhoneラインナップ全体に拡大され、手ぶれを減らすことで低照度性能と手ぶれ補正が改善されるとの情報もあります。

AppleのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、2021年のiPhoneラインナップではカメラ技術にいくつかの注目すべき変更があるとの事。Proモデルはf/1.8の絞りとオートフォーカス機能を備え、6枚構成のアップグレードされた超広角レンズを備えることが期待されています。

そしてカメラユニット全体の出っ張りは約0.9mm増となるとの情報がある一方、カメラユニット全体をサファイヤガラスでカバーするデザインに変わることでカメラユニット自体はフラット化されるとの情報も。

なお、2022年のiPhone 14?には、「ペリスコープ(潜望鏡)望遠レンズ」が搭載されるとの噂があります。

 

iPhone 13:iPhoneへの悲願のUSB-Cポート採用は無理っぽい

今年こそは!と固唾をのんで見守ったiPhone 12のオンライン発表イベントでしたが、結局今年もライトニングポートが継続され、USB-Cポートの採用には至りませんでした。

すでにiPadではUSB-Cポートを採用しているApple、なぜここまでiPhoneにだけライトニングの採用を固執し続けるのか本当に謎です。単に独自規格採用に伴う売り上げの問題なのでしょうかね。

という事で、現状iPhone 13にもUSB-Cポート採用の噂は殆どなく、皆悲観的な印象です。もしもiPhone 13にUSB-Cポートが採用されれば最高なんですけどね。AirPods Maxもライトニングポート採用なのにはガッカリした人も多いのでは。

 

iPhone 13:外部ポートの無いポートレスモデルが存在?

Appleの長年の目標は、クリーンで合理化された外部ポートやボタンのないiPhoneを実現する事です。AppleのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleが2021年にLightningポートを排除した「完全なワイヤレス体験」を提供するハイエンドiPhoneをリリースすると予想しました。

このようなiPhoneは、おそらくQiベースのワイヤレス充電のみを使用して充電しますが、現状のワイヤレス充電速度では不十分であり、大幅に性能を向上させる必要があります。ある噂では、Appleが2021年のiPhoneにSmart Connectorを採用する可能性が示唆されています。これにより、Lightningポートなしで充電、データ転送、同期が可能となります。

現時点でSmart Connectorの採用はiPadモデルに限定されており、スマートキーボードなどのアクセサリへの電力供給に限定されています。

確かにQiベースのワイヤレス充電よりはデータ転送も含めて現実的な気もしますが、そうなるとまたApple独自の規格が氾濫することにも繋がります。そうするとEUなどでは大きな反発を買うでしょう。いずれはUSB-Cのワイヤレス版のような統一規格が実現すると嬉しいのですけどね。

ただ、現実的に完全ポートレスモデルが2021年のiPhone 13に採用されるかどうかについては、個人的にはやや懐疑的な見方をしています。技術的にやや早計な印象です。

 

折りたたみ式iPhoneは2022年発売?

折りたたみ式iPhoneは2022年発売?

2021年の発売は難しそうですが、将来的にAppleは、自己修復素材の層を備えた折りたたみ式iPhone(iPhone Flip)を導入する可能性があります。様々な特許を取得していることも判明しているので、開発が進んでいるのは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

まとめ:iPhone 12は買わずにiPhone 13を待つべきか?

まとめ:iPhone 12は買わずにiPhone 13を待つべきか?

まだまだ2021年のiPhone 13に関する情報は少ない段階ですが、ディスプレイ下指紋認証機能(Touch ID)の搭載の噂、A15 Bionicチップ搭載での処理性能アップ、カメラ機能の強化、120Hzディスプレイの搭載などなど、様々な噂も舞い込んできています。

ただし、ディスプレイ下指紋認証機能(Touch ID)についてはiPhone 12の際にも話題に上っており、実際に搭載されるかどうかはまだなんとも言えない状況。それでもAppleが開発を進めているのは間違いないようなので、個人的にはiPhone 13に対して一番期待している機能です。

勿論、現行のiPhone 12もなかなか良く出来たスマホに仕上がっていますし、実際に売れ行きはかなり好調な様子。個人的にも「iPhone 12 Pro Max」は購入して満足しています。

しかしながら、もしも購入したiPhoneを長くを使うつもりなら、2021年のiPhone 13は“真の5G対応機種”となると予想されるので、2020年のiPhone 12は買わずに2021年のiPhone 13まで待った方が良いでしょう。アメリカ旅行の際などには「ミリ波」非対応だと不便な状況が発生するかもしれません。

まとめるとこんな感じ。

iPhone 12シリーズを買うべきなユーザー
■現在使っているスマホの寿命が近い。容量も足りずバッテリー持ちも悪く限界!
■Face ID(顔認証機能)だけで問題ない。
■スマホは1~2年程度で買い替えている(5Gはまだまだ使えるエリアが狭いので、1~2年後に買い替えるならiPhone 12でも問題ないでしょう)
■おすすめは「iPhone 12」、容量は128GB/256GBあたりが無難。カメラ機能にこだわるなら上位の“Pro”モデルを検討を。
iPhone 13シリーズを待つべきなユーザー
※現時点では不確定な要素も多いのでその点はご注意を。
■現在使っているスマホが来年までは使えそう!→焦って買う必要はありません。iPhone 13を待ちましょう。
■真の“5G”対応スマホが欲しい!一度買ったら長く使い続けたい!→iPhone 13は「Sub6」と「ミリ波」の両方に対応すると予想されます。ぜひ待ちましょう。
■iPhoneにも指紋認証機能が欲しい!→ディスプレイ下指紋認証機能やサイドボタンへの指紋認証機能搭載の可能性あり。
■より高性能なiPhoneが欲しい!→毎年アップデートされるので買い時が難しいですが、確実に性能はアップします。
■少しでも良いカメラが使いたい!→確実にアップデートされるので待ちましょう。
■ノッチが小さくなって欲しい!→現状ノッチが小型化されるかどうかは不確かな情報ですが、待つ価値はあるかもしれません。
■「120Hz ProMotionディスプレイ」搭載を熱望している!→ややマニアックな部分ですが、興味があるならiPhone 13を待つべきでしょう。

個人的にiPhone 12で一番気になるのは、5Gが「Sub6」のみ対応という点。将来的なことを考えると、「Sub6」と「ミリ波」の両方に対応している方が無難なのは間違いありません。

現在使っている「iPhone 12 Pro Max」は非常に良く出来たスマホで満足していますが、2021年の9月頃までスマホの購入を待てるのであれば、iPhone 13まで待つことを個人的にはおすすめしたいです。勿論、現時点ではあくまでも“噂”や“予想”の段階なので搭載されない機能も多いかもしれませんが、5Gに関してはまず間違いないと思います。

皆さんの利用しているスマホの状態次第ですが、現在iPhone 12を買うかどうか迷っている方は、良く考えてみてくださいね。

画像引用元:Ben GeskinConceptsiPhoneMacお宝鑑定団Blog[羅針盤]
参考記事:MacRumorsTom’s GuideMacお宝鑑定団Blog[羅針盤]

 

併せて読みたいおすすめ記事

コメント