AppleがiPhone 11,11 Pro,11 Pro Max、Apple Watch Series 5、iPad 10.2インチなどを発表!気になるポイントまとめ!

スポンサーリンク
AppleがiPhone 11,11 Pro,11 Pro Max、Apple Watch Series 5、iPad 10.2インチなどを発表!気になるポイントまとめ!Apple Tips

ついに開催されたAppleのスペシャルイベントですが、事前の予想通り、新型「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」が発表となりました!“Pro”の名称がiPhoneに付くのは初めてなので、ちょっと感慨深いものがありますね。

その他、こちらも噂のあった新型「Apple Watch Series 5」や新しい廉価モデルの「iPad 10.2インチ」も発表となっています。なお、ベゼルレスデザインで大きさは変わらずに16インチディスプレイが採用されると噂のあった「MacBook Pro 16インチ」は発表されませんでした。

基本的にほぼ事前のリーク通りで驚くような新情報はありませんでしたし、「iPhone 11」も噂通りマイナーアップデートなのはやや残念ですが、細かな改良は多数施されているようです。個人的に「iPhone 11 Pro Max」を購入予定ですが、本日はサクッと気になるAppleスペシャルイベントの内容をまとめておきますね。

スポンサーリンク

iPhone 11,11 Pro,11 Pro Max:順当進化で円熟の極みか。

iPhone 11,11 Pro,11 Pro Max:順当進化で円熟の極みか。

まずはみんなが気になる最新のiPhoneに関する話題から。事前の予想通り、名称は「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」となりました。

まず「iPhone 11」は去年の廉価モデル「iPhone XR」のアップデートで、引き続きディスプレイには液晶を採用。カメラも上位モデルに比べるとやや劣りますが、おそらく一番の売れ筋モデルになるでしょう。

「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」は、去年の「iPhone Xs」のアップデートバージョンで、ディスプレイには有機ELを採用し、事前のリーク通り望遠レンズを備えた3眼カメラが特徴的。デザイン的にはちょっと微妙ですけどね。

そしていずれも最新のA13チップを内蔵し、より動作は高速化しつつ消費電力を抑え、バッテリーが増えたこともあり、使用時間は大幅に伸びました。これは地味に有難いと思います。Appleによれば、CPUの2つの高性能コアは最大20%速く、消費電力は最大40%少なく。4つの高効率コアは最大20%速く、消費電力は最大25%少なくなっているとの事です。

その他、個人的に気になるのがFace IDの進化。Face IDは30パーセント速くなり、今までよりも遠くから使えるようになるとのこと。認識できる角度も広がるようです。「iPhone X」では、机の上に置いても上手くFace IDが反応せず、自分は面倒になってFace IDをオフにして使用していましたが、果たして改善されているのでしょうか。総じてカメラ機能を大々的に押し出している地味な印象のiPhone 11ですが、このFace IDの進歩が実感できれば、個人的にはかなり評価しても良いかなと期待しています。

そして、ポートは引き続きライトニングポートでした。ただし、iPhone 11 Pro限定ではありますが、充電器がついにアップデートされ、高速充電可能な【18W USB-C電源アダプタ】が付属。ケーブルも【USB-C – Lightningケーブル】に進化しています。どうせならライトニングポートもUSB-Cに変更してくれれば文句無しだったんですけどね。なお、iPhone 11には引き続き5Wの電源アダプタが付属する模様です。当初噂のあった“逆充電”には未対応のようですね。

 

iPhone 11 と iPhone 11 Pro の違いを簡単チェック

iPhone 11 と iPhone 11 Pro の違いを簡単にチェックしておきます。

 iPhone 11iPhone 11 Pro
カメラ超広角
広角
超広角
広角
望遠
バッテリー最大17時間のビデオ再生。Pro:
最大18時間のビデオ再生。

Pro Max:
最大20時間のビデオ再生。
ディスプレイLiquid Retina HD
6.1インチLCDディスプレイ
Super Retina XDR
5.8インチまたは6.5インチOLEDディスプレイ
耐水性能最大水深2メートルで
30分間
最大水深4メートルで
30分間
素材と仕上げアルミニウムとガラスのボディステンレススチールとガラスのボディ
カラーパープル/イエロー/グリーン/ブラック/
ホワイト/(PRODUCT)RED
ミッドナイトグリーン/シルバー/スペースグレイ/ゴールド
容量64GB
128GB
256GB
64GB
256GB
512GB

 

iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max の価格まとめ(10%の暫定計算もあり)

iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max の価格をまとめておきます。基本的にApple製品は税別計算なので、簡易的に8%と10%の税込み価格も計算して載せておきますね。

 容量税別8%税込み10%税込み
iPhone 1164GB74,800円80,784円82,280円
iPhone 11128GB79,800円86,184円87,780円
iPhone 11256GB90,800円98,064円99,880円
iPhone 11 Pro64GB106,800円115,344円117,480円
iPhone 11 Pro256GB122,800円132,624円135,080円
iPhone 11 Pro512GB144,800円156,384円159,280円
iPhone 11 Pro Max64GB119,800円129,384円131,780円
iPhone 11 Pro Max256GB135,800円146,664円149,380円
iPhone 11 Pro Max512GB157,800円170,424円173,580円

 

iPhone 11/11 Proの予約開始は9月13日午後9時から

例年と少し違うのが、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の予約開始時間。例年だと午後4時1分から受け付け開始でしたが、今回は9月13日(金)午後9時から予約開始からとなっています。まだdocomoやauなどから正式発表はありませんが、一応ご注意を。

 

iPhone 11/11 Proの発売日は9月20日!

発売日は従来の予想通り、9月20日(金)となっています。また朝から並ぶ人が出てくるんでしょうね。

 

Apple Watch Series 5:コンパス機能内蔵&常時表示Retinaディスプレイが地味に凄い!

Apple Watch Series 5:コンパス機能内蔵&常時表示Retinaディスプレイが地味に凄い!

Apple Watchの新モデル「Series 5」も発表されました!去年大きなアップデートが入ったので、今年は細かな改良の施されたマイナーアップデートの印象ですね。事前に「血圧測定機能が付くかも!」なんて噂もありましたが、今回は発表されませんでした。

ただし、外観の変更はほぼ無いものの、常時ディスプレイが表示される【常時表示Retinaディスプレイ】は地味に凄い進歩だと思いますし、コンパス機能が内蔵されたこともユーザーによっては大きな喜びではないでしょうか。

個人的にも興味の出てきた「Apple Watch Series 5」ですが、来年発売予定の「Apple Watch Series 6?」では、ディスプレイが有機ELからマイクロLEDに切り替わるとの噂があります。元々Apple製品の中で最も早く有機EL(OLED)ディスプレイが採用されたのはApple Watchであり、この情報はある程度信ぴょう性があると思います。そのため、来年大きなアップデートが入る可能性を考えると、自分は来年まで待ちかな、、と感じています。

 

Apple Watch Series 5 の特徴

その腕時計のディスプレイは、眠ることを知らない。
新しい常時表示Retinaディスプレイ。文字盤がいつも見えているので、時間も大切なことも見逃しません。

自由自在にカスタマイズできます。
Apple Watch Studioで、好きなケースと好きなバンドを組み合わせられます。

素材もお好きにどうぞ。
アルミニウム、ステンレススチール、チタニウム、あるいはセラミック。どれにします?

その腕時計は、3つのリングで1日の動きを教えてくれる。
ムーブ、エクササイズ、スタンドの3つのアクティビティリングが、一日を通じたあなたの体のあらゆる動きを理解して測定。リングを毎日完成させることが目標です。

フィットネスの頼もしい友になります。
あなたに合ったワークアウトが見つかります。それがどんなレベルのトレーニングでも詳細な測定値を確認できます。

ストリーミングで5,000万曲を聴き放題。
Apple Musicにあるすべての曲を楽しめます。もちろん、Podcastやオーディオブックも。

方向感覚だって優れています。
コンパスで方角を確認する。高度をチェックする。曲がりくねった道でも、山や谷でも活躍します。

その腕時計は、アプリを使ってあなたの心臓を見守っている。
あなたの心拍数をすばやくチェックできます。通常より高すぎたり、低すぎたりしたら通知を届けます。

騒音が大きすぎたら知らせます。
騒音が聴覚に影響を与えかねないレベルに達したら、新しいノイズアプリがそれを知らせます。

女性の周期記録もタップ一つ。
新しい周期記録アプリを使えば、あなたの月経周期に関する情報を簡単に記録できます。

アプリのダウンロードは手首の上から。
これからはApp Storeで最新のアプリを見つけるのも、それをダウンロードするのもすばやくどうぞ。

iPhoneを置いたまま出かけられます。
山道で電話する。海でメッセージを送る。ゲレンデでストリーミング。そのすべてを、携帯電話通信機能を内蔵したApple Watchだけで。

支払いも瞬時にキャッシュレス。
朝のコーヒーを買う時も、Suicaで電車に乗る時も、Apple Payなら瞬時に安全に支払えます。

わからない時はSiriに聞いてね。
ウェブで検索する時も、Shazamで曲名を調べる時も、ワークアウトを始める時も、あなたは声をかけるだけ。

そういえば、その腕時計、時間もわかるって言いましたっけ?
文字盤の種類は100以上。カスタマイズの方法は無限。これまで見たこともない腕時計の登場です。

 

10.2インチ iPad(第7世代):廉価モデルがアップデート!Smart Keyboard&Apple Pencil対応!

10.2インチ iPad(第7世代):廉価モデルがアップデート!Smart Keyboard&Apple Pencil対応!

新しい10.2インチ iPad(第7世代)も発表されました!

9.7インチ廉価iPadの後継モデルで、ディスプレイが10.2インチに拡大されたほか、従来通り「Apple Pencil」にも対応し、そして今モデルからは「Smart Keyboard」にも対応しました。

これによって、よりノートパソコンライクな使用が可能となり、価格が安価なこともあって学生さんなどには良さげな印象。ビジネスユーザーも簡易のセカンドパソコンとしても有用かもしれません。ただし、廉価モデルなのでチップは型落ちのA10 Fusionチップが採用となっている点はご注意を。普段使いなら問題ないでしょうけどね。また、近日リリース予定のiPad OSによって、さらに使いやすく進化する点にも要注目です。

10.2インチ iPad(第7世代)の発売日は9月30日。iPad OSのリリースは、Apple公式サイトによれば10月1日のようですね。

 

iPad Pro, iPad Air, iPad, iPad mini のモデル比較

 iPad Pro(第5世代)iPad Air(第5世代)iPad(第9世代)iPad mini
ディスプレイ12.9インチLiquid Retina XDRディスプレイ
11インチLiquid Retinaディスプレイ
10.9インチLiquid Retinaディスプレイ10.2インチRetinaディスプレイ8.3インチRetinaディスプレイ
チップM1チップM1チップA13 BionicチップA15 Bionicチップ
認証方式Face IDTouch IDTouch IDTouch ID
ストレージ容量最大2TBのストレージ最大256GBのストレージ最大256GBのストレージ最大256GBのストレージ
コネクタThunderbolt / USB 4対応のUSB-CコネクタUSB-CコネクタLightningコネクタUSB-Cコネクタ
Wi-FiWi‑Fi 6(802.11a/b/g/n/​​ac/ax)、2.4GHz/5GHz、同時デュアルバンド、最大1.2Gbpsの速度Wi‑Fi 6(802.11a/b/g/​​n/ac/ax)、2.4GHz/5GHz、同時デュアルバンド、最大1.2Gbpsの速度Wi‑Fi(802.11a/b/g/n/ac)、2.4GHz/5GHz、最大866Mbpsの速度Wi‑Fi 6(802.11a/b/g/n/ac/ax)、2.4GHz/5GHz、同時デュアルバンド、最大1.2Gbpsの速度
対応Apple Pencil(第2世代)
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Apple Pencil(第2世代)
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Apple Pencil(第1世代)
Smart Keyboard
Apple Pencil(第2世代)

 

定額映像配信サービス「Apple TV+」は月額600円!新しいiPhone、iPad、iPod touch、MacまたはApple TVを購入で1年間無料!

定額映像配信サービス「Apple TV+」は月額600円!新しいiPhone、iPad、iPod touch、MacまたはApple TVを購入で1年間無料!

そして定額の映像は新サービス「Apple TV+」ですが、月額は600円と低めに抑えられることが判明しました。また、新しいiPhone、iPad、iPod touch、MacまたはApple TVを購入すると、Apple TV+を無料で1年間楽しる特典もあるようです。さらに、1人が「Apple TV+」を契約しておけば、家族が6人までアクセス可能とのこと。

あとはどれだけ魅力的な動画サービスが用意されるかですが、日本向けの映画やドラマ、アニメなどが潤沢に用意されていれば、一躍人気の動画配信サービスになるかもしれませんね。

 

まとめ:「iPhone 11 Pro Max」の購入は決定!「Apple Watch Series 5」は迷う。。。

まとめ:「iPhone 11 Pro Max」の購入は決定!「Apple Watch Series 5」は迷う。。。

という事で、ほぼ事前のリーク通りではあったAppleのスペシャルイベントですが、とりあえず管理人は「iPhone 11 Pro Max」を購入予定。すでにケースは事前に注文済み!上手くフィットすることを期待しています。それとFace IDの進化具合にも大いに期待。机の上で顔認証できるようになっていると最高だなあ。

 

それ以外では、iPadについてはすでにiPad Proを持っているので今回は見送り。個人的にはFace IDを搭載した“iPad Pro mini”とか発売されたら即買いしちゃうんですけどね。無理かな。

そして意外と興味が出てきたのが「Apple Watch Series 5」。常時ディスプレイオンとか、やっとスマートウォッチが時計になった!という感じがして感慨深いです。時刻を確認したい時に腕を上げても、スマートウォッチのディスプレイが反応しておらず、画面が真っ暗なままだとテンション下がりますからね。これは地味に大きな進歩だと思います。ただ、来年大きくバージョンアップする可能性もあるので、我が家の大蔵大臣と要相談です。

という事で、とりあえず「iPhone 11 Pro Max」の購入は決定しております!また届いたら改めてレビューしますね!

併せて読みたいおすすめ記事

コメント